全体表示

[ リスト ]

トップページ

未確認大型類人猿「ビッグフット」、真剣に研究

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20120124-651479-1-N.jpg
長さが平均約40センチあるビッグフットの足跡の標本(米アイダホ州立大、ジェフリー・メルドラム准教授所蔵)=山田哲朗撮影
 
 【ワシントン=山田哲朗】北米にいるとされる未知の大型類人猿ビッグフットを科学的に研究しようと、米アイダホ州立大が今月、世界初の専門の電子版学術誌を開設した。
 ビッグフットは、ゴリラを大きくしたような体格で二足歩行し、北米の太平洋側を中心に目撃や足跡の報告が絶えない。しかし、いたずらや見間違いも多く、科学界では長く、未確認飛行物体(UFO)や幽霊などと同様の
たわごととして無視されてきた。
 ただ、足跡の中には、地面をけって滑った跡、足紋が全面に残るもの、骨格の発育不全、切り傷が治ったような跡などが見つかっている。一部の研究者は、ビッグフットは身長2メートル以上で夜行性で、約10万年前に絶滅した身長3メートルの巨大類人猿ギガントピテクスの生き残りが、当時陸続きだったベーリング海峡をわたって北米に分布を広げたのではないかなどと真剣に議論している。アジアの「雪男」(イエティ)などは近縁種とみられる。
 サイトは「残存ヒト上科の調査」と題され、一般的な学術誌と同じく専門家が投稿を審査する。第1号の論文は、カリフォルニア州のアメリカ先住民の「毛むくじゃらの男」に関する伝承や絵について報告した。
 
 

 
研究結果が楽しみですね〜。「パターソン・ギムリン・フィルムは実はホンモノだった!!」とか。
 
しかし、言うに事欠いて、「たわごと」とはあんまりだ。
 
せめて「与太話」くらいにして欲しい…。
 

閉じる コメント(2)

ナニもさぞかしビッグフットなのでしょうねぇ。。。ぇ?(笑

しかし、もし実在していて捕獲されたりしたら・・・ちょっと可哀想な気がします。
確認されればやはり、絶滅危惧種に認定されるのでしょうか??

2012/1/25(水) 午後 7:45 ☆かっちゃん☆

顔アイコン

かっちゃんさん、デビュー即レッドデータブック入りは間違いないでしょう。このままそっとしておく方が良いような気がします。

2012/1/25(水) 午後 9:17 TO7002


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事