全体表示

[ リスト ]

超有名な「捕まった宇宙人」の写真。
 
イメージ 1
私も随分昔の記事で「合成だ、こりゃ」と
 
書きましたが、このほど全ての謎が解き明かされ
 
ました。
 
 
2012年4月22日、ドイツの超常現象検証サイト
 
forgetomori」が、綿密な調査の結果、
 
この写真は、ドイツの雑誌がエイプリル・フール
 
記事用に作った合成写真だった!! 
 
と言う事を突き止め、公表したのです。
 
 
 
 
 
 
大スクープですね〜、これは!!
 


 
この写真を掲載したのは、ケルンの週刊誌「Neue Illustrierte」の1950年3月29日号でした。この号の
 
「火星からの人々!」という記事に、空飛ぶ円盤の写真などと共に、「捕まった宇宙人」の写真が掲載された
 
のです。
イメージ 2
 
記事には、アリゾナの砂漠でロケット弾によって空飛ぶ円盤が撃墜され、火星人が捕獲された…
 
と言うようなことが書かれております。
 
 
しかし、この記事を真に受ける人は殆どいなかったようです。
 
何故なら、この号の表紙(↓)には「4月1日版」とでかでかと書かれていたからです。
 
イメージ 3
記事中にも、冗談記事を示すヒントがちりばめられ
 
ております。
 
例えば、「D.Ussel軍曹」という人が記事に出てきま
 
すが、「Dussel」とはドイツ語で「赤ちゃん」
 
の意味だそうです。(私がエキサイト翻訳で調べた
 
ら「おっぱい」と出ましたが。)
 
 
(↓)Dussel。
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、記事には、「火星人の文字」なるものも載っておりますが…
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
これを、鏡像反転させると…
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
「Die Erde gefällt uns nicht. Wir möchten wieder nach Hause.」(ドイツ語)と読めるようになり、
 
「地球は嫌だ。家に帰りたい。」と言う意味になります(笑)。記事の中でも「これはアルファベットなのか
 
鏡文字なのか、専門家が調査中である」と、ヒントを出していてくれております。
 
 
イメージ 6
また、翌週に出た4月5日号では、「前の号で、読者に対し
 
ていくつか冗談をしました。3ページの火星人の記事は
 
ファンタジーです…」と、種明かしの記事も掲載され
 
ました。
 
(「火星人」はスケーターのグループ「Lidstones」のアーテ
 
ィストの写真を基に合成したもの…だそうです。)
 
 
 
 
 
 
 
 


 
記事にもヒントがちりばめられ、翌週号で種も明かしているという、なかなか秀逸な「4月バカ記事」
 
だったのですが、いつしか「捕まった宇宙人」の写真が一人歩きして、KGBが捕まえただのメキシコで捕まった
 
だのという尾ひれとはひれが付いていったのでしょう。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、こんなに鮮明な「捕まった宇宙人」の写真にお目にかかれるとは、思ってもおりませんでした。
 
私は今、猛烈に感動しております。UFOファンをやってて良かった(感涙)。
 
 
−で、この写真について、「Neue Illustrierte」1950年3月29日号ではこう書いております。
 
“Our Pictures”, continues the War Department, “are the only real images, we warn against cheap fakes
 
that have been circulating in the world press.”
 
「我々の写真は」と国防省は続けた。「唯一の本物であり、世界中の報道機関に出回っている
 
安っぽいニセモノに対して警告を発する。」
 
揮ってるなあ!! シュターク!!
 


 
 

閉じる コメント(18)

この写真は有名ですもんね〜〜。。
サルの毛を剃って写したんだとか言われていた憶えがあります。。
ヨーロッパ圏はこういうジョークがホントに好きみたいですよね。
イギリスのBBCの、ペンギンが空を飛ぶ映像は大好きです♪

2012/5/3(木) 午後 11:46 ☆かっちゃん☆

顔アイコン

うわ、えらくシャープな画像ですね。今迄見て来た物は、コピーにコピーを重ねた様な、細部も何も「潰れるか白飛びしているか」のどちらか(そもそも絵じゃないの?と思ってました)と言ったレベルの物ばかりでしたから、これは本当に眼福でありますよ。それにしても全裸だと思っていた火星人(火星人だったんですね)が、ブーツを履いていたとは…。KGBどころか「先の大戦中に“ゲシュタポ”によって捉えられた」等と書かれている本も有りましたものね(笑)。まったく、いい加減な事ばかり書き殴りやがって…と、言いつつ今日も阿保な本を読み返して居る私であります(=^x^=)。

2012/5/3(木) 午後 11:59 [ そまりん ]

顔アイコン

かっちゃんさん、不可思議現象に対する洒落の懐が深いんでしょうね〜。「妖精の化石」とかを集めた写真集なんかが出てるし。
まんまと一杯食わされるのもオツかもしれません。

2012/5/3(木) 午後 11:59 TO7002

顔アイコン

そまりんさん、ホント、ファン冥利に尽きる写真です。
劣化コピー版もそれなりに味がありましたが(笑)。

しかしまあ、鮮明な写真で見ると、より合成がバレバレですが、
どうやらこれはわざとバレやすく作ったようです。
脱帽!!

2012/5/4(金) 午前 0:04 TO7002

ドイツ人って堅そうなイメージがあるんですけど割とお茶目なとこあるんですね
でもそれ以上にお茶目なエキサイト翻訳
毎回期待を裏切らずエキサイトさせてくれます

2012/5/4(金) 午前 2:30 悟

顔アイコン

海外はこういう凝ったエイプリルフールネタって結構多いですよねぇ。(^^)

エイプリルフールで公然とビックリをかますことが定着していない日本では、それをいいことにエイプリルフールネタを後であたかも本当にあった話のように紹介するメディアが目立ちますが……。
そして(エイプリルフールの理解が進んだことと、インターネットの普及で真相を簡単に求めることができるようになり、減ったとはいえ)それを鵜呑みにしてしまう人がなんと多いことか。

うーん、そう考えると、あることないこと興味を引きやすいこと書いて本を売る集金ビリ系にとって、日本人のような“お人よしで信じ込みやすい国民性”の国は稼ぎがいがあるでしょうね〜( ´∀`)

2012/5/4(金) 午前 3:29 [ リットリオ ]

顔アイコン

悟さん、Yahoo翻訳でもInfoseek翻訳でもLivedoor翻訳でも「おっぱい」でした。エキサイトしますね〜。

2012/5/4(金) 午前 11:09 TO7002

顔アイコン

リットリオさん、日本でやると大抵クレームがついて謝罪って羽目になるんですよね〜。クレームになると言うことはそれだけ真に受ける人が多い訳で、何だかんだ言ってもお上とメディアの言う事は素直に受け入れてしまうんですね。

2012/5/4(金) 午前 11:18 TO7002

顔アイコン

以前記事にされていたラジオの火星人襲来ドラマでの大パニックもそうですが、ちょっとしたいたずらやジョークが大ニュースになったり大問題になってしまうケースって、結構多いんですね。
言葉って怖いなーと改めて思うラルフでした。

2012/5/6(日) 午前 2:08 [ ラルフ ]

顔アイコン

神威ラルフさん、女子高生の他愛もない会話から信用金庫の取り付け騒ぎが起こったりとか…。
正確な情報とそうでない情報の見極めというのは大事ですね。
地震や放射能に関してもそうですが。

2012/5/6(日) 午前 10:28 TO7002

顔アイコン

はじめまして〜まころうといいます。
この記事に、普段は半分くらいつむってるような細い目がくわっと全開になりました。コドモ時代に感じた恐怖はなんだったんだ〜。
でもこの鮮明な写真はホントビックリしました。
今後とも訪問させていただきたく宜しくお願いいたします<(_ _)>

2012/5/8(火) 午後 1:43 まころう

顔アイコン

まころうさん、初めまして!!
こうして、子供の頃に不思議だったり、怖かったりした事の真実を調べ探求するのはホントに楽しいですね〜。
またどんどんコメント頂ければ嬉しいです!!
宜しくお願い申し上げます。

2012/5/8(火) 午後 9:57 TO7002

顔アイコン

捕まった宇宙人の食玩出しました。
トラックバックお願いします〜<(_ _)>
ドイツにも食玩があるんですねえ。

2012/5/10(木) 午後 7:16 まころう

顔アイコン

まころうさん、記事を拝読しました。欲しいなぁ、アレ。まだどこかで売ってますでしょうか?
思わず新キャラ作っちゃいました!!

2012/5/10(木) 午後 9:30 TO7002

顔アイコン

これはちょっと…。
この内容が事実だともっと早くに解明されているはずですよね?

私にはこの紙面が最近作られたもののように見えますがね。
今のコンピューターの能力と製作者のセンスがあれば作れる程度の代物だと思えません?

最近、懐疑論者なんて言葉をよく聞くけど以前読んだ誰かの文章が思い出されて仕方が無い。
「自称懐疑論者は自分の想像に都合のいいことは疑わずに鵜呑みだからな。そんなヤツが懐疑論者面してるのはバカにしか見えねえ」
(私も含めて)みんなもっと懐疑心を鍛えようぜ!

2012/8/10(金) 午後 8:57 [ ゆゆー ]

顔アイコン

ゆゆーさん、私は決して懐疑派を自認している訳ではございませんが、まったくもって耳が痛いご指摘です。「自分の信じたいものしか信じない」と言うレベルに落ち込みたくはないと自戒する次第でございます。

ただ、この記事に関しては、当時発刊された雑誌の原本も現存するらしく(欧米系のサイトなどではそれなりに検証されているようです)、かなり蓋然性が高いと思われます。

ちなみに、私が当ブログに託すロマンは、最低限のコスト(壊れかけの安物PCと105円中心の古本)で、ずぶの素人が、子供の頃不思議に思っていた事象について、自分の納得できる結論にどこまで辿り着けるか?
−ではあります…。調べる、って、とても楽しいですから。

日本語無茶苦茶ですね。すみません、いつもの如く、酔ってるので…。また是非、コメント頂ければ幸甚です!!

2012/8/11(土) 午後 11:40 TO7002

顔アイコン

返信ありがとうございます。ここに居る誰がどうの、と言うわけではなかったんです。
不用意に他人の発言を取り上げてしまい、不快な思いをされたのでしたらすみません。
私自身もあの言葉には痛いところを突かれましたが、何かを信じないと話も出来ないのも事実だと思うのです。

私は宇宙人が本物かどうか^^はさておき、一番上の有名画像と一番下の鮮明画像の関係が気になっているのです。
鮮明画像は有名画像を参考にした再現復刻版的なものに見え、鮮明画像を劣化させても有名画像のようにはならないと思えます。
わかりやすいのが画像の右下、あとは宇宙人の体が全体に対して明るすぎる、など。
もし、本物を装って作るならもっとうまく作れるはずなのです。
で、素人目に見ても違和感を覚えるものを今発表する意図なども謎なのです。

私もこんな時間に何を書き込んでるんだか。休みって怖い。

2012/8/12(日) 午前 2:44 [ ゆゆー ]

顔アイコン

ゆゆーさん、ぜんぜん不快なんて!!ぜんぜん、ぜんぜんですよ!!むしろ、嬉しく思っている程ですから。

で、「捕まった宇宙人」ですが、流布していた画像はネット普及以前からコピーを繰り返されて色んなUFO本とかに載せられ、それがたスキャンされてネットに乗って…と、相当劣化というか変質しているとは思います。

それ以前に、私も過去記事で指摘しましたが、この写真、細部を丹念に見るにつけ、合成であるとしか思えない代物ではありました。

しかし、私も今日から夏休みで、さあ、ゆっくりオリンピックでも見ようか!!と思ってたら、終わってました…。

2012/8/14(火) 午前 0:21 TO7002

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事