全体表示

[ リスト ]

数万人の目撃者と、レーダーの記録、数々の写真…。これほど物的証拠の揃ったUFO事件も

珍しいかも知れません。思わず謎の物体の飛来を信じてしまします。

ところが…。

ブログで記事にしようと色々調べたら、残念な事に、この事件もネタが割れてしまいました。

本当に「謎の物体」は飛んではいたのですが…それは少なくとも宇宙人の乗り物ではありませんでした。

取り急ぎ、掻い摘んでご説明します。


まず、この事件の予兆と言うか、前触れになる事件がベルギーのオランダ語圏で発生しました。

(ご存知のように、ベルギーは北部のオランダ語圏と南部のフランス語圏に分かれており、両者は

余り折り合いが良いとは言えません。)

これは、やはり空軍機が飛ぶ程のUFO騒動だったのですが、結局、ディスコのライト・ショーが雲に

映ったものと言うオチで決着しました。

しかし、この一件でベルギーのオランダ語圏では一種のUFO熱が高まった事は事実でした。

(因みに最初の目撃のあったオイペンはオランダ語圏です。)


それに触発されてか、ブリュッセルに本籍があるモーター付き飛行船を所有する男が

悪戯で自分の飛行船に細工をし、ベルギーの空に放ったのです

(当時、目撃報告の中にも飛行船の誤認を思わせる事例は多々あったのですが、UFO熱に

押されたのか、飛行船説は通説にはならなかった様です。)

事実この男は、ベルギー空軍に「UFOの出現する場所と時間を教えるので100万ドル払え」と要求したり、

友人に「あれは俺の飛行船の下にスクリーンと照明灯を取り付けて飛ばしたんだ」と言ってたりしていた

事が判明しております。

そして、空軍から要求を撥ねられると、「私は無関係だ。何もやっていない」と言い始めます。

(ベルギー事件の飛行船説に合致する飛行船は、当時のベルギーには一機しかなかった為、

地元のUFO研究者はうすうすその男を疑っていたそうです。)


さらに、数々のUFO写真ですが、SOBEPの調査・検証により、殆ど全てが航空機のライトか、

惑星か明るい恒星もしくは、光学的現象と判明しました。

中には勿論「本物のUFO写真」もありましたが、それはあくまで例の飛行船を写したものでした。

また、ブリュッセルの人が撮影したというビデオも、ザベンテム空港に着陸する普通の飛行機だった事が

明らかになりました。


そして、ベルギー空軍のスクランブルの顛末ですが、先の記者会見は後に空軍自身によって訂正されました。
発進したF16のパイロットは、いずれも物体を目視できなかった。
従ってこれは、レーダー上だけの異常であるが、 軍による詳細なレーダー記録の分析によれば、 
未確認物体のロックオン13回のうち3回は誤って他のF16をロックオンしたものであって、 
残りのロックオンおよび異常な機動は、レーダー波の屈折で生じた「グラウンド・クラッター」(地上にレーダー波が反射し、実在しないレーダー・コンタクトが出たりする事)であって、異常な事はなかった。
(このコメントに対し、国民や議会からは「そんな性能の悪いレーダーを使うな!!」と非難が沸き起こっ

たとか。お陰で、ベルギー空軍のレーダーは最新式の物に置き換えられたそうです。)


さらに、UFO騒ぎに乗じて、NATO各国の空軍がECMの訓練・無人機のテストを行ったものだから

さあ大変。余計にUFOの目撃や異常なレーダー・コンタクトが増えていきました。

先のF−16のスクランブルにしても、ECM訓練の標的にされたか、または自前でECM訓練を行って

いたという可能性もあります。

因みに、ベルギー空軍でもUFOフラップに乗じて各種訓練・実験を行ったのは確かな様です。

これについては、1996年12月17日に国防大臣ジャン・ポール・ボーンスレに対し、下院議会に質問書

が出されています。

「真相解明すべき空軍が、UFOフラップにかこつけて国民不在の実験をやるとは如何な物か」

という趣旨です。

退役少将などが中心になって軍部の恥部を暴くという形の問題提起でした。

まあ、普段国民の目に触れさせたくない訓練や実験を、UFOの尻馬に乗ってやってしまおうというのは

判る気がします。目撃されても、向こうは勝手にUFOだと思ってくれるのですから。

特に、時期としては湾岸戦争の開戦直前です。平時よりも活発に訓練行動がとられていたと思われます。

開洋丸事件の時もそうですが、ホントに軍隊って抜け目がありません。)

最初の目撃のあったオイペン近郊の軍事基地と言うのは、イギリスから派遣されたAWACS

(早期警戒管制機)のベースであったと言う事も十分に関係している様です。




と言う訳で、この事件の面白い所は、色々な要因が重なって、ひとつの「UFOフラップ」と言う事件が

出来上がったと言う点です。



そして、毎度この様な事を調べていて思うのが、日本で出版される「UFO本」等は総じてネタが古く、

後追いの情報が供給されていないと言う事。

例えば、先述した空軍の訂正会見や、悪戯飛行船の話などは殆ど載っておりません。

また、過大な表現や意識的に情報を省いていたりと、UFO=宇宙人の乗り物にミスリードさせよう

とする魂胆が見え見えで、読んでいて余り面白くないです。

(例えば、「数万人が目撃」と言うと、みんなが同時に見たように思いますが、決してそうでは無かった

のです。)

どうせ書くなら、UFOでは無い可能性を徹底検証して、それでもなお謎が残る事件を「真のUFO事件」

とすれば良いのにと思ったりします。そっちの方が余程読み応えがある様な気がしますが。



おっとっと、私はそんな偉そうな事を言える立場じゃないですね…。




【2011.8.10追記】

イメージ 1

有名なこの写真ですが、パトリックと名乗る当時18歳だった男が、友人数人と作って撮影した発泡スチロ

ール製だったことをベルギーのテレビで明かしました。

パトリックたちは、数時間で発泡スチロールUFOを作り、その晩のうちに吊るして写真を撮って発表した

そうです。

イメージ 2
「人をだますのは簡単だ。こんなガラクタみたいな物を使ってもね」と語るパトリック氏。

閉じる コメント(20)

そうだったんですか。

残念なような、やっぱりと思うような・・・。

ただTOさんのお話の通り、日本のその手メディアは、金のことしか考えないですね。

もう少し公的機関が、真面目にやれば色々面白いことがあるかも知れないのに、寂しいです。

2008/4/27(日) 午後 10:42 [ 気まぐれ ] 返信する

顔アイコン

なるほど!!一つ一つを検証していくと事実がわかってくるんですね!!しかし、今のメディアの偏向放送には気をつけなければ・・・何がホントかわからんようになりますね・・by旦那

2008/4/27(日) 午後 10:56 おかっち 返信する

顔アイコン

なるほど・・・ちゃんと違うものは違うと考察したり検証したりしてくださるTOさんの誠実さが゚+。:.゚Σd(゚ω゚´*)ィィ!!!゚.:。+゚

まぁ実際UFOだったら何しに来たのかって不安にもなるんですけど・・・。
違うとわかると何故か残念に思っちゃいますね。

2008/4/28(月) 午前 0:15 minami♪ 返信する

顔アイコン

KANATAさんの推理、近かったでしょ?
私も否定するつもりで調べる訳ではないのですが、色々当たるとこう言う事実がつまびらかになって来るのです…。
もっとも、勿論私の説が絶対ではないので、異説があれば是非お伺いしたい所です。さすれば、真実により近づけるのではと…。
(別に無理して近づかなくてもいいんですが。)

2008/4/28(月) 午前 0:25 TO7002 返信する

顔アイコン

旦那さん、この件は、地上で見たものとレーダーで見たものが一致していなかった所がミソです。
KANATAさんや旦那さんが仰るように、日本のUFOネタの本や番組は作り手の意図が見え見えで、正直あまりトキメキません。
…と、言いつつ買ったり観たりするんですけど。たま出版や二見書房が儲かる訳です。
(まあ、偏向報道はUFOに限った事ではありませんが…。)

2008/4/28(月) 午前 0:32 TO7002 返信する

顔アイコン

minamiさん、だからそんなに褒めないでって。オジサンいい気になっちゃいますから。
ところで、「まぁ実際UFOだったら何しに来たのかって不安にもなるんですけど・・・。」って、何度も言いますが、宇宙人は観光旅行に来てるんですよ!!
この事件、本当に宇宙人が来たのだったら、ブルージュには絶対行く筈です。でも、ブルージュでの目撃が無かったので怪しいと。
何故なら、ベルギーで最も素敵な街なんですよ。ブルージュって。
(私の主観)観光宇宙人が行かない訳が無い!!
…すみません、つい熱くなっちゃいました。

2008/4/28(月) 午前 0:40 TO7002 返信する

顔アイコン

こんにちは。(^^*)
たどり着きましたので、コメントだけ残しておきます。 削除

2008/4/28(月) 午後 1:15 [ わんだーまま ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます〜!!

2008/4/28(月) 午後 2:59 TO7002 返信する

顔アイコン

(o>∀<)ノ))ァハハハハ
やっぱり観光ですよね♪
UFOと言えば、私の記事の謎の光って言う写真ごらんになりましたか?
あれ、書いた後で気付いたんですけど、ノートPCの画面を傾けると(見る角度を変えると)
謎の光の部分が黒くなるんですよ。雲は白いままなのに。
と言う事は〜、雲ではない、って事ですよね。
光ってるって事ですよね・・・?

2008/4/28(月) 午後 3:29 minami♪ 返信する

顔アイコン

minamiさん、そうそう宇宙人は観光に来てるんですよ〜。
土産物屋に背の小さい団体さんがいたら、それは宇宙人の団体さんが
変装してお土産を買いに来ているのです。
所で、写真を拝見しました。考えられるのは「ゴースト」(映画なんかで夜に車や列車が走るシーンで、ヘッドライトが画面の別の所に写っている事がありますよね。あれです。光がレンズの中で反射しているのです。)ですが、この場合光源が太陽一つだけなのに、二つのゴーストが出るのはおかしいのかな?…と言う訳で、これは観光UFOです!!断言します!!
光り輝く観光UFOだから、斜めに見ると黒くなるのです。
minamiさんも、向こうから写真撮られているかも知れませんよ。「あ、現地人がいた〜」なんて言われながら。

2008/4/28(月) 午後 4:56 TO7002 返信する

顔アイコン

((*´゚Å゚):;*.':;ブッ
私もレンズの反射かと思ったんですが、太陽は直接画面に入ってないし、変でしょ〜?
あの写真の左下に太陽が雲に隠れた状態であったんです。
左下から右上にかけて光が並んでたら角度的にも何となく納得出来るんですが・・・。
直接太陽に向けたりすると変な光が入る事はよくありますけどね・・・。
ってことで観光に来てたUFOふたつという結論で・・・(;^ω^)
いいのか・・・?

2008/4/28(月) 午後 5:41 minami♪ 返信する

顔アイコン

minamiさん、何言っんですか。観光UFOですよ!!
実は、右には彼氏、左には彼女が乗っているんです。
親に内緒の「お泊り」って奴ですよ〜。いいねえ、若けぇ宇宙人は。
…すみません、一瞬妄想に耽ってしまいました。

2008/4/29(火) 午前 1:05 TO7002 返信する

顔アイコン

少し古い情報でしたので、図々しいですが、私から追記させていただきます。
この三角形のUFOの写真は、私が少し調べてみたところ、ベルギーのカメラが趣味の若者が、彼女の家にいる際、いきなり現れたUFOに対し、残りのフィルムが2枚しか無かったカメラで咄嗟に撮ったようです。
彼は写真が趣味なので、手ブレをおさえるため、きちんと体を壁に固定して撮ったということです。(実際の本人の証言から)
因みに一枚目には何も写っておらず、二枚目に写っていた模様です。専門家の検証により、偽装したものでは無いともう既に判明されています。
政府ですら真実を隠す位なので、あくまでも私の意見ではありまが、個人の言うことは、いくらメディアで報道されたとはいえ、この情報は鵜呑みには出来かねます。
一瞬で音速まで加速する技術や、音の出ない浮遊、推進方法中央の赤いライトの部分から、偵察用の小型機がetc…。これらは、どのような科学力をもってすれば可能なのか?疑問点はかなりあるとあります。

2012/2/6(月) 午前 0:08 [ an ] 返信する

顔アイコン

とても十代の少年が遊びで出来るようなものでは決してないと思います。
その報道すら私には何らかの裏があるように感じてなりません…。
こういった類は、賛否両論あると思います。
もう一度、私個人の意見を言わせて頂ければ、何千、何万年前から地球には、今の私達のテクノロジーを凌駕している文明の地球外生命体は、何度も地球訪れています。
今日の人類は、いわば実験用のマウスで、博士のやっている事を理解するようなモノですら、全く理解できないでしょう。
異星人はコンタクトをとるために、何回も確認に来ているかも知れないし、侵略を目論んでいるかもしれない、または、ただの観光かもしれませんがwww人類の歴史はせいぜい4万年ほど。
何が存在しても、何が起こっても何ら不思議ではないですから…。

書ききれなかったので、2度も連荘ですいません。(^_^;

2012/2/6(月) 午前 0:13 [ an ] 返信する

顔アイコン

anさん、ありがとうございます!!ベルギー事件は数あるUFO事件の中でもトップクラスに興味深いケースではあります。私見では、観光宇宙人がちょっと羽目を外しすぎたのだと思います。

今後もドンドンご意見お寄せ下さい!!

2012/2/9(木) 午後 0:39 TO7002 返信する

顔アイコン

anさんはヒストリーチャンネルを見られたのでしょうか。
僕も同意見です。

地球人が月に人を送ったり火星に探査機を遅れるのであれば、高度な文明を持つ地球外知的生命体が地球に来られないはずがありません。

また、NASAは地球の場所と財産を記したカプセルを●十年前に宇宙空間へ超速で飛ばしていますからね。
拾ってもらえたのかもw
さらに電波。光の速さで宇宙へ四方八方に飛んでいるので、文明を持つ者があれば電波を利用すはずがなく、受信出来ないはずがありませんもんね。

anさんがおっしゃる通り人類の歴史は4万年程度。まだまだ宇宙の歴史では卵、ひよっこ同然です。
1億年でも先に文明を持つ知的生命体がいたとすれば・・・
科学力は・・・((((;゚Д゚))))

2013/2/18(月) 午前 2:29 [ wanwan ] 返信する

顔アイコン

おっと訂正・・・

探査機を遅れる× →送れる
電波を利用するはずがなく× →利用しないはずがなく

いやいやお恥ずかしい

2013/2/18(月) 午前 2:37 [ wanwan ] 返信する

顔アイコン

wanwanさん、宇宙のスケールをどう捉えるかの問題ですよね〜。ただ、気をつけなければいけないのは、技術的な可能性と物理的な可能性を混同しないようにする事だと思ったりします。いずれにせよ、こう言う話にはロマンとセンスオブワンダーを感じちゃいますね〜。

2013/2/18(月) 午後 11:13 TO7002 返信する

顔アイコン

この事件は本物と思ってましたが、真相がはつきりして良かったです。 削除

2013/5/27(月) 午前 1:39 [ ほーちやん ] 返信する

顔アイコン

ほーちやんさん、私の記事が真実だとは限りません。もしかしたら、ホンモノの宇宙人が来てたのかもしれませんよ!!旨いベルギー・ビールを飲みに…。

2013/5/28(火) 午後 10:54 TO7002 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事