全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

トップページ

五月雨を集めてはやし最上川 カレーもいいけどハヤシもあるでよ

と言うわけで、梅雨ですが、皆様ご健勝のこととお慶び申し上げます。


なかなか更新しない言い訳だったPCの不調ですが、

いい若けぇ者が言い訳ぇなんかすんじゃねぇ‼︎

と、良く言われますが、私はもう若くはないので、言い訳してもいいでしょう。

遂に一切ネットと繋がらなくなっちゃいました。

加えて、買って間もない鶴亀の液晶が十字に割れているのが発見され、

泣きっ面に蜂、英語で言うと、アビーイントゥクライングフェイスって奴ですわ。


PCとデジカメを買う金ができるまで、何とかiPadで頑張るしかありません。

でも、苦手なんですよね〜。iPadでの打ち込み…









イメージ 4イメージ 1イメージ 2イメージ 3最近このブログ、幽霊とかUFOとか全然やんないジャン。

ホントにオカルトブログなのか?コレ。

とお嘆きの貴兄貴女。

ご安心下さい。

私TO、腐ってもクサイ、腐らなくてもクサイ加齢臭。

いや、腐ってもオカルト好き、やって来ましたこの場所へ。






いつものように飲んでたら、いつものように公共交通機関がなくなり、

どっかに泊まんなきゃなぁ  と、いつものように、そして僕は途方に暮れた訳ですが、

そこいらの藤四郎は、スマホとかで宿探しをすんでしょうが、こちとら年季が違わぁ。

いい宿はいい飲み屋で見つかる。   世界中どこ行っても、これが鉄則な私TOは、

いかにも常連が溜まってそうな、良さげな飲み屋に突っ込み、ベロベロ飲んで

常連さんからこの宿をおしえてもらいました。


電話しとくから。泊まれるのは泊まれるよ。

た。だ。し。

出るよ。あそこ。それでもいい?


泊まりましょうとも。

出ると聞いて、腰を引く私TOでもありますまい。



そんな訳で、その、「出る」宿にいるんですが、どうなんでしょうか?

冒頭にアゲた画像は、曰く、血みどろのカップル霊が出るとされるフロア。

私TOが泊まってる 階なんですが。

深夜、ここを徘徊するとの事。血みどろが。

何でも、ここで心中してどうのこうのーという曰くがあるとかどうとか。


イメージ 5




























で、これが私TOの寝床。


エアコンをMAXにしても、ジメッと蒸し暑苦しいこの部屋。

丁度、草木も眠る丑三つ時、何となく、この部屋が血みどろカップルの心中部屋じゃねえのか?

だって、土曜の夜に空いてて、紹介とは言え、格安。

と、そんな風に思っている矢先に、変な足音が聞こえてるし。


てな訳で、久々の突撃でした。


なんかあったら、またご報告申し上げます。


もう、眠くて眠くて



イメージ 1





またか? とお思いの貴兄貴女もいらっしゃるでしょうね。

また横須賀です。

5月はゴールデンウイークの月だと言うのに、貧乏暇なし金もなしな私TOは

今月初めてのお休み、と言いつつさっきまで仕事で走り回ってたのですが、

疲れきって横須賀まで逃げてきました。

横須賀の海の優しさに抱かれて泣きに来たのです。

イメージ 2




























いずもとそうりゅう型がいますが、こいつら最新鋭艦のくせに、いつ来てもココにいますね〜。

演習とかしないんでしょうか?随分と暇そうですが。

まあ、軍艦が(自衛隊的には軍艦ではないが)暇なのは、それはそれで良い事でしょうか。

フリートインビーイングって事で。

イメージ 3



























ヴェルニー公園では薔薇が咲き誇っております。

イメージ 4



























薔薇と潜水艦ってのもシュールですな。

と言う訳で、今まさに、ドブ板の「ドブ板食堂Perry」でハンバーガー食ってます。

イメージ 7

イメージ 5




























この街のハンバーガー食っちゃうと、そこいらのチェーン店では食えなくなるよなぁ。

ーついでに言うと、このお店には、メチャ可愛い女の子もおります。

イメージ 6




























ウイークエンドには長蛇の列ができる有名店なのに、皆さんフレンドリー。

ビールにも飽きてきたので、「横須賀オリジナル ドブ板コーク」ってのを頼むと…

イメージ 8




























「コークよりジンジャーの方がいいよ」と仰るので、

じゃあ最初っからドブ板ジンジャーにしろよ‼︎ とツッコミつつ、オーダー。

イメージ 9




























うむ。甘ったるい酒が苦手な私TOも、何とか我慢できる出来。

次は、バーボンのロックにしよっと。


横須賀バーガー巡りの旅(いつの間にそんなのが始まったんだ?)第二弾でしたが、

平日夕方に行くのが良さそうなこちらのお店、

横須賀にお越しの際は、是非お立ち寄りを‼︎

「このブログを見てきた」と申し出れば、ポテトを気持ち大盛りにしてくださるそうです。


宇宙潜水艦ワカシオ

時は西暦20××年。平成にすれば3×年。

脅威は遂に現実のものとなった。

未知の戦闘民族”ソガノイルカーズ”は、突如として、人類に対する侵攻を開始した。

イメージ 2



飛鳥時代以来熟成された超古代スーパーテクノロジーの前に、人類は為す術もなく蹂躙を許すままであった。

このまま、人類は、滅びの道を歩むのか…

イメージ 1







全世界を絶望という名の暗雲が包む中

立ち上がった漢たちがいた!!

これはその、伝説の漢たちの物語である。



横須賀・長浦湾。

往時は海上自衛隊の基地として、海上防衛の中核をなす一大拠点であった。

しかし、今や…。

ソガノイルカーズの攻撃の前に、全ての戦闘艦船は撃沈破壊され、閑散とした佇まいを見せるのみである。


名将の誉高き沖田提督の下、士官候補生として過酷な訓練を終えた、

二人の若者が横須賀基地に配属された。


「今更ここに来たって、どうせ乗る船もないんだからなぁ…」

「マッタク、嫌なご時世だぜ…」

ぼやく二人の目に入ったのは、一隻の、古ぼけた潜水艦だった。

「何だ、あの旧式潜水艦は?」

「なんだ貴様、知らんのか。あれはSS587わかしお。随分前に除籍されて、あそこに係留されてるんだ。」

「世界に誇る我が海上自衛艦隊も、今や残すは解体処分待ちの潜水艦一隻のみか…。」

イメージ 3




















(中略)

司令本部に呼出された二人が、謎めいた女に出会う。

「お、おい、見ようによっては、何となく美人だな…」

「あ、あの、お名前は…」

「うふ。森野…雪子です。―超古代進君と、島田伊助君でしょ?」

「お、おい、俺たちの名前を知ってるぜ…」

「よく見たら微妙にスーブーだな」

「そんな…じっと見ないで…。あぁ、目で、目で…私を…。いいわ、存分に、存分に犯しなさい…」

「―犯してねぇよ。…ナナ隊員かコイツ」

(中略)

―わかしお配属となり、いきり立つ二人。

「こんな廃棄寸前の潜水艦で何ができると言うんですか!? 宙馬鹿(チューバッカ)艦長ッツ」

「ウホッホウホウホウホウホ(訳…旧式艦ではない。人類最後の希望たる、最新鋭の…

最終潜水艦型決戦防衛装備…ワカシオである!! 

我々はこの艦で、ソガノイルカーズをあくまで専守防衛の名のもとに、けちらすのだぁぁぁ!!

ついてこい兵隊!!本物の戦争を見せてやる!!わかるか、生きてるって事が!?戦争こそ生きてる証しダ!!

はあはあ。)」

「大丈夫かこのエテ公」

(中略)

「え?き、君もこの艦に?」

「うふふ。よろしくね。超古代君と島田君…どちらがわたしの♥を射止めるのかしら…。

ああっ、違うのよ、湿ってるのは汗、汗よ…」

「うざ…」

(中略)

「イルカーズの超巨大ミサイル急速接近!!―大きい…大きいわ…こんなの初めて…」

「ウホッホホホ(訳:森野君、余計な事は言わんでよろしい。…専守防衛エンジン緊急始動!!)」 

「よーそろー。エンジン始動!!―て、さっきから思ってたんだけど、何でエテ公語を解してんだ、俺」

「ウホッホタンケンタイ!!
(訳…宇宙潜水艦ワカシオ、発進!!)」

(中略)

―地球防衛軍司令部。

「わ、ワカシオは…?」

「超巨大ミサイル迎撃に失敗して、蒸発したのでは?」

打ちひしがれる人々…いやしかし!!


「レーダーに反応あり!!」

「おお」 「おお」 「おおてんじお!!」 「誰も知らねぇよ」 

「ワカシオは健在ナリ!!」

「コロ助か」


モニターには、爆煙を振りほどいて上昇するワカシオの勇姿があった。

「沖田の子供たちが征く…はぁァァんE気持ち」

「ヒロユキか」

(中略)

―ソガノイルカーズ艦隊の猛攻を受けるワカシオ。

「も、もう小倉生まれの玄海育ちじゃない方の限界ですッツ!!」

「ウホッホウホウホ(訳…慌てるな。右のレバーを引きながら『チェンジ、ワカシオォー、セットオン』と叫べ。

音声認識がリンクする)」

「え、ええっ!! 戦闘中にそんな小っ恥ずかしいセリフを吐かなきゃいかんのですか!!??」

「ウッホホウッホキョジンカッタウホ(訳…いいから叫べ!!―江田島で受けた訓練が役に立つだろう)」


【回想シーン】(↓)江田島訓練学校での、人型ロボット操縦の猛訓練。
イメージ 4





















「ああ、こんな恥ずかしい事言うの、アナタの前だけよ」

「緊迫場面なんで、森野さんは黙ってて下さい。…し、しかし、あ、あんな夢物語みたいな訓練が…

ええいままよ!! こんにちは赤ちゃん私がママよ!!

『チェンジ、ワカシオォー、セットオン』

ああ、小っ恥ずかしい。てか、何でエテ公の命令聞いてんだ俺」


その時!! ワカシオの専守防衛力(せんしゅぼうえいちから)が発動した!!

イメージ 9













びょーおおおん、ガチャぁんごおおおおん!!

轟音と共に、宇宙潜水艦ワカシオは分離変形合体し、

最終人型決戦防衛装備・宇宙大将軍ワカシオーにヘンゲした!!


雄々しく鳴り響く主題歌!! 歌うは水木アニイである!!


♪ザブーン ザブーン ザザザザ

ドブーン バヒーン ババババ

長浦湾からやって来た

正義の戦士 ワカシオー

平和な地球を乱す者

専守防衛で 対処する

胸に燃えてる ドルフィンマーク

王者の印 旭日旗

ワカシオ!(ヘッダー!)

ワカシオ!(トラングー!)

ワカシオ!(レッガー!)

潜・水・艦

合体 変形  防衛装備 ワカシオー

月も火星も周辺事態も 遥かに越えて

宇宙に飛び出すワカシオー、オー!!

イメージ 11

ナレーション 『ワカシオーは兵器ではなく防衛装備である。

あくまで専守防衛を貫く、平和の使者なのである。

過去、国防に携わった多くの自衛官の専守防衛魂(せんしゅぼうえいたましい)が、某神社に澱重なり

集結・焼結・赤射蒸着した結果、専守防衛力(せんしゅぼうえいちから)と呼ばれる無限のエネルギー場

が生成された。

宇宙潜水艦ワカシオは、専守防衛力によって、わずか1ミリ秒で宇宙大将軍ワカシオーに分離変形合体

するのである。ではそのプロセスをもう一度見てみよう。トランスフォーマーよりは無理がない筈だ(中略)』


「オオッツ!! 戦闘ロボに変形したッツ!! こ、これなら、これなら勝てるような気がしないでもないッツ!!」

「ウッホホーイ(訳:これこれ、超古代君。戦闘ロボと言ってはいかん。専守防衛ロボと呼びなさい)」

(中略)

たいていの攻撃は防ぐスーパーチタン盾で身を守りながら、たいていのものにダメージを加えられる

フォトン魚雷や、たいていのものに穴を開けられる超合金スペース・ドリル、その先っぽから出る

強力ビームもたいていのものを破壊できるので、そんな 防衛装備を駆使して事態に対処する

宇宙大将軍ワカシオー!! 

イメージ 5










イルカーズの雑魚メカ共は、ちゅどーん、ちゅどーんと爆発して果てる。

しかもこの戦闘行為は、先制攻撃を受けた後なので、自衛隊法はもとより憲法にも違反していないのだ!!

朝○新聞も○旗も、これなら文句は無いハズだ!! 安心して戦え、ワカシオー!!

ちなみに、”大将軍ワカシオー”という名はあくまで内部的通称であり、正式には”幕僚長たる将官ワカシオー”

であるので決して好戦的ではない!! 近隣諸国にもきちんと気を使っているのである!! 

(中略)

いよいよ、ソガノイルカーズの親玉メカ、いわゆるボスキャラに迫ったワカシオー。

ソガノイルカーズの誇る最強の宇宙空母「丁寧(tei-nei)」である!!

え?どっかの国の空母に字面が似てるって?? そんなのは気のせいである。


(↓)宇宙空母「丁寧」。強そう。
イメージ 10



「超合金スペース、ド・リール!!」

「ああ、なんて硬いの!? 私だけのものよ…」

「♪だ・か・ら・その手を・はなして…じゃなくて、だから森野さん、黙っててくれますかッツ!!

―Oh!!モーレツ!! 超合金スペースドリール他の防衛装備が効かないッツ!! どどどどうすればッツ」

「超古代!! そんなにそわそわするな!! おまえはいつでもキョロキョロだ!! よそ見をするのはやめろ!!」

「うるせい、島田!! てめえ戦闘操縦過程に落ちて航海科に行ったくせに偉そうに言うんじゃねぇ!!」

「何だと!!貴様今までそんな目で俺を!! しししし親友だと思っていたのに〜」

「やめて二人共!! 私の為にケンカしないで!!」

「い、いや、誰も森野さんの為には…。―何か嬉しそうだなこの女。.」

(中略)

「ウーホホホイホイホホイノホイ(訳:決戦兵器!!ブレスト・レーザー発射用意!!)」

「ブレスト・レーザー、エネルギー充填120%」

「ああ、私の中、あなたで一杯よ!!」 「森野さん、黙ってて下さい!!」 「わかってるわ、私は影の女…

あなたの奥様には…」 「そういう黙り方じゃねぇってばよ!!」 「ナルトか」

「ホイホイホイーダラッタホラホラホイホイホイ(訳:何をグチャグチャ言うとる!! 今だ!! 人類の希望を込めて!! 

てぇぇぇぇぇッツ!!)」

「そんなホイホイ言われれも、イマイチ説得力はないが…兎も角、発射ぁぁぁ!!」

「中はダメ、中はダメ、外ならどこでもいいから」 「森野さんは黙ってて下さいって言ってんでしょ!!」

引き金を絞る超古代。

まばゆい光の渦が、ワカシオーの胸部からほどばしる。

ぶばぼごばきゅぅぅぅぅぅ・・・・・・・・・・んん

「おならじゃないのよ、おならじゃないのよ、空気が入っただけ クネクネ」

「うるせえ、黙ってろっつてんだろこのクソアマがぁぁ!!」
イメージ 8

(中略)

―と言う訳で、ソガノイルカーズは滅びた。

何とかかんとか、人類は生き延びたのである。

戦後、宙馬鹿(チューバッカ)浣腸…もとい艦長はこう呟いた。

「ウホウホマエケンニスガノデカッタウホホ…(訳:地球か…何もかも皆懐かしい…って俺、キャッシーク

出身だから、地球にそんなに愛着はないんだけどさ…)」


しかし、つかの間の安眠を貪る人類の背後には、真の敵…ソガノエミシーズの影が迫っている

事に、誰も気づいてはいなかった…。

(たぶん続かない)



【特別付録:ワカシオ設定資料集】

イメージ 6


























イメージ 7



























.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事