過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

米ケンタッキー州にあるホプキンスビルという町から11キロほど北にいくと、ケリーという集落がある。
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
この緑豊かで静かな集落に住む一家に、あの夜、恐怖が襲った…。
 

 
1955年8月21日午後7時頃、この集落にあるサットン家の農場住むビリー・テイラー(21歳)は、家の外にある井
 
戸へ水を飲みに行った。すると、光り輝く巨大な物体が近くの谷に降下するのを目撃。そそそ、空飛ぶ円盤だ!!
 
イメージ 1
家族に話しても誰も信じてはくれない。
 
しかしそれから1時間程すると、裏庭で犬がけたたましく吠え始めた。
 
ラッキー・サットン(25歳)は、ビリーといっしょに銃を抱えて裏口に行っ
 
た。すると、銀色に光を発する生物がこちらに近づいてくる。2人はショ
 
ットガンとライフルを6mの至近距離でぶっ放したが、弾丸があたると怪
 
物はとんぼ返りをして闇の中へと姿を消した。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後2人が居間へ戻ると、窓から怪物がのぞいているではないか!!
 
彼らはすぐさま窓の網戸越しに怪物を撃った。この時、網戸に銃弾で穴が開いたが気にしてはいられない。様子
 
を見ようとしたビリーが玄関を一歩踏み出たとたん、屋根からカギ爪のある手が伸び、ビリー
 
の髪を触った
 
サットンは彼を助けようと銃撃つが怪物は闇に消える。それから先、木の上や庭に次々と怪物が現れる。銃を撃
 
ちまくるが、怪物に弾丸が当たってもバケツを撃ったような音がするものの効き目はなかった。一旦は倒れる怪
 
物も、すぐにフワフワと浮遊しながら闇に消えていくのだ。
 
どうにもならない恐怖に耐えかねたテイラーとサットンは、家族を連れ、2台の車に分乗して農場から逃げ出し
 
た。時計は午後11時になっていた。警察に駆け込んだ彼らは、30分後に警察署長や州保安官ら5人と共に農場
 
へ引き返した。ケリーに向う警官達の頭上を、大砲のような音が2つ通り過ぎた。「な、何だ今の音は!?」動揺を抑
 
えながら現場に到着した警官達は、低空を飛ぶ飛行機に似た音を聞くことになった。森を捜索するS警官は、
 
木々の間に緑色の光を目撃したが、他の警官と一緒に近づいていくとその光は次第に消えていった。また、農場
 
の付近から流星状の物体が飛び立つのを見た警官もいた。
 
怪物達は去ってしまったらしく、姿を現さない。日付の変わった午前2時過ぎに警察官は引き上げていった。
 
 
 
ところがそれを待っていたかのように…
 
またもやあの怪物が窓からこちらをのぞいているではないか!!
イメージ 5
 
 
再び銃撃戦が始まったが、結局怪物が完全
 
に姿を消したのは午前5時過ぎだった…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
著名なUFO研究者であるハイネック博士は自著で、「第三種接近遭遇(空飛ぶ円盤の搭乗員と接触すること)」
 
の事例として、この事件を紹介している。
 

 
これが世に言う「ホプキンスビル事件」です。
 
一見荒唐無稽の酔っ払いのたわごとみたいな事件ですが、警官達の証言などもあり、信憑性の高い事件として
 
扱われる事も多いようです。
 
 
しかし、UFOマニアと言うのは恐ろしいもので、わざわざ日本から現地までこの事件を調べに行った人がいま
 
す。その人の聞き取り調査によると、隣家(と言っても800mも離れているが)の人は「UFOも怪物も見ておらず、
 
銃声も全く聞こえなかった」「サットンの一家は昼間から酒を飲んで酔っ払っているような連中で近所の評判も悪
 
く、とても事件が本当にあったとは思えない。この近くであの話を信じている者は一人もいない」と言っています。
 
また、当夜現地に駆けつけた州保安官は「200発も発砲したと言うが、弾痕や薬莢は一つもなかった。妙な音を
 
聞いたり、光を見たりした者はいなかった。網戸に空いた穴は四角で、銃弾で開いたの言うのは不自然だった」と
 
証言しています。
 
つまりは、この事件、酒を飲んでフクロウやサルを怪物と見間違えた、酔っ払いのたわごと(集団妄想)
 
…と言うオチのようですね。やっぱり…。
 
イメージ 10
 (←)事件の当事者、エルマー・”ラッキー”・サットン(中央)ら。

 
この事件に関しては、事の真偽はまあどうでも良いのです。
 
何故なら、子供の頃、この事件は色んなUFO本で紹介されており、読むたびに私は恐怖のズンドコに引きずり落
 
とされていたから。宇宙人ネタの中では最も怖かったのです。
 
倒しても倒しても立ち上がるのは『ターミネーター』ばりのしつこさだし、何処から襲ってくるのか判らないのは『エ
 
イリアン』を彷彿とさせます。
 
イメージ 7
(←)こ、怖すぎるぅぅ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何より何をしに来たのか全くわからない得体の知れなさ!!
 
キャンプに行くと、何処からかこの宇宙人が襲ってくるのではないか!?と、半分マジに怖がっておりました。
 

 
それに、何か味があっていいんですよね、この宇宙人のデザイン。
 
イメージ 6
言われてみると、羽を広げたフクロウ(頭)とサル(体)をくっつけるとこうなるよう
 
にも思えます。
 
このイラストは、事件を聞きつけて調査にやってきた地元放送局のアナウンサ
 
ー兼技術者のレッドウィズが目撃証言を元に描いたものだそうですが。
 
本来「銀色に光っていた」のが、何故か今では「リトル・グリーン・メン」と呼ばれ
 
ております。日本では、「ホプキンスビルの宇宙人」と言った方が通りが良いで
 
すね。
 
 
 
 
 
ちなみに、面白いものを見つけたのでご紹介。
イメージ 11
(←)事件の調査にフォートキャンベルから派遣された101空挺師団のゲーリー・F・ホドソンが聞き取り調査の末に描いたイラスト。レッドウィズのと微妙に違うのが面白い…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
私としては、「ホプキンスビルの宇宙人」と「3mの宇宙人(フラットウッズの宇宙人)」そして「パスカグーラの宇宙
 
人」が、昭和宇宙人の御三家だと思っております。
 
(↓)おなじみ「3mの宇宙人」          (↓)「パスガグーラの宇宙人」
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近はグレイグレイで、味もへったくれもない宇宙人業界ですが、久しぶりにこう言う味のある宇宙人が出てこな
 
いかなあと、切に期待するTOです。
 

『新・トンデモ超常現象56の真相』(皆神龍太郎・志水一夫・加門正一著・大田出版)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

まあ、あまり需要もないでしょうが、乗りかかった船ならぬ乗りかかったUFOなので、続きを書きます。
 
 
前回記事で「ブルーブックも否定しなかった」と書きましたが、アレはあちこちのビリーバー系サイトにあった
 
台詞です。確かにブルーブックは「これは〇〇の誤認」だとか、「単なるホラだ」などとの否定はしておりません。
 
しかし、だからと言って、「これはホンモノの宇宙人遭遇だ」と認めたわけでもないのです。
 
ブルーブックは、「調べてみたけど、何が起こったのかはよく判らん。しかし、何かが起こったのは確かだ」とし
 
て、この事件を「未確認」に分類したのでした。
 


 
それは兎も角。
 
ソコロ事件の「UFO」には、ちょっとした特徴があります。
 
①ザモラの図によると、最初は横長の楕円、次に縦長の楕円にとUFOが形を変えている。
 
②上にすぼまった炎を出している。
 
③うなり音、ヒューンと言う音を出す。
 
④細い支柱で支えられている。
 
⑤赤いマークがある。
 
 
この5つの特徴から、ザモラが目撃したのは熱気球だったのではないかとの説を唱えた人がいます。
 
それはインディアナ大のラリー・ロビンソンさん。彼は、1996年に論文でこの説を発表しました。
 
近代の熱気球はプロパンガスのバーナーを燃やして空気を暖め、気球を膨らましますが、ザモラの見た物体の
 
特徴は熱気球の特徴と見事に一致するのです。
 
 
①ザモラの図によると、最初は横長の楕円、次に縦長の楕円にとUFOが形を変えている。
→暖められた空気が送り込まれた量によって、熱気球は形を変える。
 
②上にすぼまった炎を出している。
→熱気球は、ゴンドラに積まれたバーナーから上に向って(つまり、上にすぼまった形の)炎が出る。
 
③うなり音、ヒューンと言う音を出す。
→熱気球のバーナーも同様の騒音を発する。
 
④細い支柱で支えられている。
→熱気球からはバラスト(重り)がたらされているが、これが支柱に見えたのではないか。
 
⑤赤いマークがある。
→当時の熱気球メーカー「インターナショナル・ペーパー社」のマークは、ザモラの見たマークに良く似ている。
イメージ 1
 
 
 
 
ザモラのイラストとの比較。
 
イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
−なるほどなぁ。ですね。しかも、ザモラが警察署に無線連絡した時にどんな物体なのか?と聞かれて、
 
「気球のようだ」と返答しているのです。
 
 
何だ、ただの熱気球なんじゃん。なんでそれがこんなに有名なUFO事件になっちゃったの?と思うところですが、
 
ザモラはあくまで「気球のようだ」と言っているのであって、「熱気球だ」とは言っていない。つまり、熱気球だと
 
は思ってなかったのです。と言うか、そんなものがあるとは思っていなかった可能性が高い。
 
 
熱気球なんて随分昔からある、ありきたりのものだと思われがちですが、実はナイロンのエンベローブ(気球の
 
表皮)とプロパンガスのバーナーを使用した近代的な熱気球が開発されたのは、この事件のほんの5年前(1959
 
年、NASAとRAVEN社の共同開発)で、発売されたのは1962年。事件の僅か2年前です。当時の熱気球は、まだ
 
まだ普及の初期段階であり、有人飛行する熱気球を間近で見た事のある人など殆どいなかったのです。
 
ザモラはよくある観測用の気球を例に出して、目撃した物体を表現したのでしょうが、奇しくもそれは殆どズバリ
 
物体の正体を言い当てていたのです。
 
 
イメージ 4
(←)当時の熱気球。
 
そう考えると、ザモラとパトカーを見て、搭乗者が飛び上がって驚き、そ
 
そくさと飛び立ったのも合点がいきます。
 
何かしらのトラブルか、それとも休憩の為か、地上に下りて来たところ
 
に警官がくれば、職務質問だとか、許可を取ってるのかとか、ちょっと
 
一緒に署まで来いとか、何かと面倒な事になりかねない。やばいな、オ
 
イ、早く飛び立とうぜとバーナーをふかしたところ、熱気球を見た事の
 
ない田舎の警官がビビッてパトカーの陰に隠れてしまう。これ幸い今の
 
うちにと、大空にとんずらした…。
 
残されたのは、ゴンドラがつけた地面への凹みと、熱気球に乗っていた人の足跡、そして、焦げたいくばくかの低
 
木だった…。(チャヴェスが「低木の焦げ目に触ったら冷たかった」と言っているところを見ると、この焦げもバー
 
ナーがつけたのかアヤシイ。それ以前に落雷とか、何か他の原因で焦げていた可能性が高い。)
 
−事の真相はこんな感じだったのでしょうか。
 


 
い〜や、ちょっと待て。そうじゃない!!
 
この事件は町おこしと土地の利権が絡んだでっち上げなんだ!!
 
と言う説もあります。
 
 
でっち上げ説の一番の根拠は、事件現場一帯がソコロ市長の所有地だった事です。つまり、UFO事件をでっち
 
上げて、観光客を呼ぼうと目論んでいた、そうすれば当然土地の価値も上がるから…と疑われているのです。
 
実際、事件後に、でこぼこの荒れ道だった道路は舗装され、着陸場所を観光名所化する計画が持ち出されまし
 
た。
 
 
この説は、生臭すぎてあまり広い支持は得られなかった様ですが…。
 


 
私としては、色々調べた結果、「熱気球説」と「でっち上げ説」のハイブリットが、この事件の真相ではないかと
 
思うに至りました。
 
 
ザモラが熱気球を誤認してくれたお陰で、「ソコロのUFO事件」は新聞に載り、町は有名になりました。
 
この機に応じてUFOで町おこしをやってやろう!!と、市長さんはそう思ったのでしょう。
 
ロズウェルなんて、今や世界中からUFO目当ての観光客が押し寄せてくるし、日本にもUFOの町として名を売
 
っているところがいくつかあるし、〇ッシーや〇〇ゴンなどのUMA系がウリの町や村も沢山あります。
 
手っ取り早く客を呼ぶには、オカルトネタは最適なのかもしれません。
 
(↓)ソコロ事件を報じる新聞。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
事件の翌年、UFOは炎を吹き出して上昇したと言うのに、現場の草木がちょっと焦げているだけなんておかしく
 
ないか?などと言われたザモラは、「じつは着陸現場では炎は見ておらず、うなり音だけを聞いた」などと証言を
 
一部変更しております。彼の立場としては、市長の顔を立てる為、あくまでUFOが着陸した事にしておかなけれ
 
ばならなかったでしょうか。公務員は大変ですね…。
 
しかし、どうやらUFOで金儲けと言う市長さんの目論みは実現せず、現場は今でも荒野のままのようです。
 
 
結局、この「事件」で一番得をしたのは、ザモラさんに追いかけられてたスピード違反の人だったりして。
 
(ヘンなオチになっちゃいました。)
 
 
ちなみに、ロニー・ザモラさんは、2009年12月2日に心臓発作でお亡くなりになったそうです。
 


 
『人類は何故UFOと遭遇するのか』(カーティス・ピーブルズ著・ダイヤモンド社) 『新・トンデモ超常現象56の真相』(皆神龍太郎・志水一夫・加門正一著・大田出版) 『決定版 超怪奇UFO現象FILE』(並木伸一郎著・学習研究社)
 
 
2013.5.3 追記 新情報を記事にしました。→「ソコロ事件は学生のイタズラだった!?
 
 
 
 
 

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

またまた、昭和UFOネタです。
 
超有名事件ですので、いつかUFOコーナーに加えたいと思っておりました。
 

 
ニューメキシコ州のソコロは、リオグランデ川流域の標高1400m近い場所にあります。
 
人口は、2000年の調査でも9,000人たらず。そんな田舎町ですが、UFOファンにとっては馴染み深い地名です。
イメージ 1


 
1964年4月24日17:45頃。警察官のロニー・ザモラはスピード違反の車を追跡していました。ソコロの郊外に出る
 
と、空からうなり音が聞こえ、その後半マイルから1マイル(約800m〜1.6km)ほど先の空中に炎を発見しました。
 
イメージ 4
 
ザモラ「薄青く、オレンジがかっていて、炎の上部は下より角度にして3度ほど狭まっていた。炎はゆっくりと下降しているように見えた」
 
彼はその方角にあるダイナマイト小屋が爆発したのだと思い、追跡を
 
打ち切って、舗装もしていないでこぼこの脇道に入りました。パトカー
 
は険しい丘をやっとの事で乗り越え、ダイナマイト小屋に向う砂利道を
 
下っていきました。すると、800フィート(約250m)ほど先の小峡谷に輝く
 
物体があるのを発見。
 
 
 
 
 
ザモラ「最初は白い乗用車がひっくり返っている様に見えた。物体のすぐ近くには、真っ白なつなぎ服を着た人物が2人いた。そのうち1人が向きを変えて、まっすぐ私のパトカーの方を見ると、驚いて飛び跳ねたかの様にに見えた」
 
ザモラは数秒間、2人を観察しましたが、帽子やヘルメットを被っているとか、ヘッドギアをつけているとか、変わ
 
った様子はみられませんでした。2人の背丈は、小柄な大人、大きな子供程度。ザモラはパトカーをゆっくり走ら
 
せ、この「交通事故」を無線で警察署に報告しました。物体に100フィート(約30m)ほどに近づき、ザモラが無線を
 
置いてパトカーの外へ出ようとした時、ドアを開閉するような音がガチャンガチャンと2〜3回聞こえ、その時には2
 
人の人影は見えなくなっていました。物体は、近くで見るとひっくり返った車などではありませんでした。それは
 
卵形をしており、色はアルミニウムホワイトで、ドアや窓はなく、で2.5フィート(約76cm)ほどの大きさの赤いマー
 
クが一つ書かれているだけです。物体の大きさは12〜15フィート(約3.6m〜4.5m)で、短い足で地面に立ってい
 
ます。
 
(↓)想像図
イメージ 8
 
ザモラが車外に出ると殆ど同時に、物体はヒューンと音を発しながら、青みがかったオレンジの炎を噴射し、
 
周囲の埃を巻き上げました。物体が爆発するかもしれないと思ったザモラは、パトカーの後に走って逃げまし
 
た。パニックに陥っていたザモラは、途中でパトカーの左後部にぶつかり眼鏡を落としていました。
 
視力がかなり悪かったザモラが再び目を向けた時には、物体は空へ上昇しており、ダイナマイト小屋のすぐ上を
 
通り、南西に向かっておりました。物体はそのまま低空飛行を続け、やがて遠い山に姿を隠しました。
 
ザモラはその間、無線で「窓から外を見てくれ!!物体が見えるかもしれない」と警察署に連絡しました。さらに、ニ
 
ューメキシコ州の地方警察署長であるチャヴェス署長に一人で現場に来るよう要請し、彼はその場で物体のイ
 
ラストを描きました。
 
イメージ 2イメージ 3
(←)左が最初に発見した、800フィートほど離れた所から見た図。右は100フィートに近づいた所で見た図。
 
 
 
 
 
間もなく到着したチャヴェス署長はザモラと共に物体のあった場所まで行き、地面に4つの目新しい窪みがあり、
 
周囲の樹木が焦げているのを発見しました。
 
チャベスから通報を受けた陸軍とFBIはそれぞれ調査官を派遣しました。彼らはザモラから聞き取り調査を行
 
い、現場検証を行った結果、「着陸痕」は115.5インチから117.5インチ(約3m)の間隔でひし形に並んでいるのを
 
確認し、そのうち一つの付近に地面が浅く乱れているような痕跡を発見。これは2人の人物の「足跡」だと考えら
 
れる事になります。「着陸痕」の中央には幾分焦げた低木があるのも確認されました。
 
(↓)「着陸痕」
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6(←)現場検証。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
翌日には空軍もこの事件に気付き、ブルーブックの調査官がソコロに入りました。
 
調査の結果、近くのレーダー基地では物体を捉えておらず、ヘリコプターも飛んでいなかった事が確認されまし
 
た。しかし、事件の原因については結論を下す事ができず、ザモラの供述で唯一詳細に特定できたのは赤いマ
 
ーク」だけでした。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28日にはあのハイネック博士も現地入りし、調査を行いました。地元の住人とも話をしたハイネック博士は、ガソ
 
リンスタンドのマネージャーから、国道85号線を北に向っていた観光客が「自分達の車の上をUFOが低空で飛ん
 
でいくのを見た」と言っていた、との証言を得ました。マネージャーはその時、パトカーが丘を登っていくのも見て
 
いました。他にも低空を飛ぶUFOの目撃報告があり、うなり音を聞いたという人も現われました。
 
 
なお、採取された現場の土壌や低木のサンプルの化学分析では、特に異常は検出されませんでした。
 
 
ブルーブックもこの事件を否定せず、「着陸・搭乗者目撃事件」としてファイルしました。
 
「着陸・搭乗者目撃事件」としてブルーブックにリストアップされているのは、唯一この事件だけです。
 
 
 
かように、非常に信憑性が高いとされております「ソコロ事件」。
 
 
しかし、毎度の事ながら、懐疑的UFOファンと言うものは重箱の隅をつつくようなあら捜しをしたがるもの。
 
また、それをやらなきゃ当ブログじゃない!!
 
と言う訳で、次回は、「ソコロ事件」の真相を追ってみたいと思います。
 
(続く。)←クリックすると飛びます。
 
 
 
 【特別付録】
「ソコロ事件再現ムービー」結構見ごたえがあります。(本人やチャヴェス他当時の関係者のインタビュー入り)
 
前編
 
後編
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事