元寇を学び日本とアジアの平和を護る

2024年の元寇750年イベントを盛り上げよう!転載・写真パクリ大歓迎

全体表示

[ リスト ]

神功皇后神社
 
 
イメージ 1
 
 1849年、吉田松陰が神功皇后の祠に謁し、蒙古鉾と伝える9枚を見る。
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 阿金
桂玉
高信
智貞
妙恵
鎌倉の森
田耕 川中曽 蒙古塚 継石
 
 
イメージ 2
 
【御由緒】
   神功皇后神社
所在 (山口県)豊浦郡豊北町大字神田上千七百番地
主神 神功皇后
配神 仲哀天皇 應神天皇 住吉三柱神 事代主神 蛭子神
例祭 11月8日
宝物 木造狛犬 室町時代1対、伝蒙古鉢
由緒 
 後宇多天皇の弘安年中(1278〜)に蒙古軍が土井ケ濱に襲来した時に執権北條時宗の命を受けて此の地に派遣された武将が蒙古軍を撃退することの容易でないことを憂いて神功皇后新羅征討の故事を思い幣帛を奉って奉斎したところ神の御稜威が現れて蒙古軍を無事撃退出来た事を感謝し伏見天皇の正應元年(1288)正月二十九日から御祠の造営にかかり七月十日に成就した
社殿 寛永三年(1626)七月吉日 再建
   現拝殿 昭和五十七年三月吉日 建立
特殊神事
   濱殿祭は蒙古襲来による多くの御霊を鎮め奉り悪疫退散と平和を祈って七年に一度行われる
   昭和51年11月24日山口県無形民俗文化財指定
 (境内由緒板(石造・昭和61年)より)
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 継石
 
 
イメージ 8
 
 碇石
 
 
イメージ 9
 
朝生
内山貞子
 

志賀島の戦い

志賀島を占領し、海上(恐らく日本軍)の様子を窺う元軍将兵。詞書は失われ詳細不明。
蒙古襲来絵詞』後巻・絵20・第35紙
志賀島の戦い[257]
東路軍目指して進軍する関東御使・合田遠俊筑後国御家人・草野経永筑前国御家人・秋月種宗肥後国御家人・大矢野種保種村兄弟らの軍船。
蒙古襲来絵詞』後巻・絵14・第17紙
モンゴル型兜
河野通有奉納『黒漆塗革張冑鉢』

重要文化財大山祇神社所蔵
  • 1281年6月6日、博多湾沿岸からの上陸を断念した東路軍は陸繋島である志賀島に上陸し、これを占領。志賀島周辺を軍船の停泊地とした。
 東路軍の管軍上百戸・張成の墓碑によると、この日の夜半、日本軍の一部の武士たちが東路軍の軍船に夜襲を行い、張成らは軍船から応戦した。やがて夜が明けると日本軍は引き揚げていった。
  • 6月8日午前10時頃、日本軍は軍勢を二手に分け、海路と海の中道伝いの陸路の両面から志賀島の東路軍に対して総攻撃を敢行した。
 海の中道を通って陸路から東路軍に攻めいった日本軍に対して、張成らは弩兵を率いて軍船から降りて応戦。志賀島の東路軍は日本軍に300人ほどの損害を与えたが、日本軍の攻勢に抗しきれず潰走する。
 東路軍の司令官で東征都元帥の洪茶丘は馬を捨てて敗走していたが、日本軍の追撃を受け危うく討ち死にする寸前まで追い込まれた。
 しかし、管軍万戸の王某の軍勢が洪茶丘を追撃していた日本軍の側面に攻撃を仕掛け、日本兵を50人ほど討ち取ったため追撃していた日本軍は退き、洪茶丘は僅かに逃れることができたという。
 海路から東路軍を攻撃した伊予の御家人・河野通有は元兵の石弓によって負傷しながらも太刀を持って元軍船に斬り込み、敵将を生け捕るという手柄を立てた。また、海上からの攻撃には肥後の御家人・竹崎季長や肥前御家人の福田兼重福田兼光父子らも参加し活躍した。
  • 6月9日、東路軍の張成らは防御に徹して陣を固め、攻め寄せる日本軍に対抗するなどして奮戦した。しかし、この日の戦闘も日本軍が勝利し、東路軍は敗戦を重ねた。
この志賀島の戦いで大敗した東路軍は志賀島を放棄して壱岐島へと後退し、江南軍の到着を待つことにした。
 
 
 
 
 

長門襲来

  • 東路軍の一部は中国地方の長門にも襲来する。
 広橋兼仲の日記『勘仲記』(1281年6月14日条)によると、東路軍の軍船と思われる軍船300艘が中国地方の長門の浦に来着したことが大宰府からの飛脚によって京都に伝えられたことを記載している。
 また、壬生顕衡の日記『弘安四年日記抄』(6月15日条)にも「異國賊船襲来長門」とあり、長門に元軍が現れたことが確認できるが、長門襲来の実態に関しては史料が少なく不明な点が多い。
 

目で見るふるさと豊田の歴史と文化編纂委員会『目で見るふるさと豊田の歴史と文化』(豊田町教育委員会1999)

◇2009/06/11追記
第5編殿居地区 (5)杢路子「塔の本の首塚」
鎌倉時代の後期、蒙古軍の襲来で豊北町波原に元軍が上陸し、田耕五千原で激戦となり、田耕川中曽の鬼ヶ原で、元軍の対象の首を打ち落とした。ところがその首が杢路子の槙原まで飛んで来たという。土地の人が首を埋めて塚を立て「飛ぶの本」と言った。後に、「塔の本」と呼ぶようになった。首塚は現在「荒神」として祀られ、塚の右側下に「賊首」と刻まれている。この地には伊勢の大神宮や猿田彦の大神が祀られ、力石や亥の子石などが保管されている。
 

豊田町教育委員会『山口県豊田町とよたの文化財史蹟・名勝ガイド』(1998)

◇2007/05/21追記
殿居地区1(8)首塚・伊勢大神宮・猿田彦・力石
蒙古軍の来襲の時、田耕の鬼ヶ原で蒙古軍の大将の首を討ち落とした。その首がこの槙原に飛んできたので、その土地の人がその首を埋めて塚をたてた。
 

山口県教育庁文化課『歴史の道調査報告書赤間関街道』(山口県教育委員会1996)

地区編―街道の現状― 四:肥中街道
この橋のあたりの小字を「塔の本」といい、道路の拡張のため削られた幅四m、高さ三mくらいの小さい丘に首塚があった。今は伊勢大神宮の小さい社がある。言い伝えによると、蒙古軍の来襲で田耕の川中曽の鬼ヶ原で蒙古軍の大将の首を打ち落とした。ところが、その首がこの槙原まで飛んで来たので、土地の人が首を埋めて、塚を立てた。それからこの地を「飛ぶ木」といい、後の「塔の本」と言うようになったとのことである。
 
 
 
 

『山口県風土誌(10)』歴史図書社1973(S48)

巻200 豊浦郡田耕村 〇墳墓
蒙古塚(部上の田間に在り、森なり、石壟長二間半、横一間半間) 蒙古の首或は手を埋めたる所と云ふ(浜殿祭の時に祭ると云)

熊井清雄「大庭の地名、末森、銭ガ原、鬼ガ久保、滝ガ迫について」(豊北町郷土文化研究会『和海藻』18号、2002年)

 中学生であった約五十五年前、祖父や奥田から通っていた同級生から「大昔、元が攻めてきたとき、討ち取った首を奥田に近い山間の窪地に埋めたので、この地を鬼ガ久保と名付けた」と聞いたことを記憶していた。
 地元の言い伝えでは、かの弘安四年六月、土居ヶ浜に上陸した元の大軍が滝部田耕に侵攻し、長門探題軍、在地武士団がこれを部上(へねい)、川中曽一帯の鬼ガ原で迎撃、この大会戦で敗退した元の敗残兵の一部が大庭川上流の銭ガ原一帯で討ち取られた。この元兵の首級を山一つ越えた谷間に埋葬した地が鬼ガ久保であるという。この銭ガ原の地名は土中から宋銭などの古銭がしばしばでてきたことに因むようで、末森地区では子供が小遣いを両親にせがむと「家(うち)にはそんなゼニはない、銭ガ原に行って拾ってこい!」と叱られたそうである。
 
 
 
 長門探題(ながとたんだい)は、一般には1276年建治2年)に鎌倉幕府元寇に対処するため、長門国に設置した最前線防衛機関の呼称として知られる。長門守護の権能を受け継ぎ拡大したものと考えられるが、詳細は不明。初代に相当するとされる北条宗頼以後、北条氏一門が任命された。
 史料上では、北条時直に対してのみ「長門周防探題」の称が確認されている(『忽那文書』元弘三年三月二十八日「忽那重清軍忠状」)。
 
 

沿革

 1274年文永11年)10月、軍が九州北部方面に侵入したこと(文永の役)を契機として、鎌倉幕府は1276年に最前線防衛の強化を企図して執権北条時宗の弟である北条宗頼を長門守護に任命し(凝然自筆『梵網戒本疏日珠鈔』巻第八紙背文書建治元年「守護交代注文」)、長門へ派遣した。これが長門探題の始まりと考えられている。蒙古襲来という非常事態に対処するため、宗頼には他の守護よりも強大な権能を与えられていたとされるが(『日名子文書』建治二年三月八日「北条宗頼書状」)、その権能の詳細は明らかでない。
 
 長門には長門警固番役が設置され、1281年弘安4年)の元寇(弘安の役)に際し、元軍が襲来したとの伝承が残るが、確認できる時期は比較的新しい(『風土注進案』先大津宰判神田上村)。長門への襲来は、史料の不足などにより詳細は不明。
 
 長門守護職は周防守護職も兼ねることが多く、長門周防探題の呼称はそのためであろう。また後世には、長門探題の権能が拡大されて山陽道・山陰道全域の検断を管轄していた時期もあったため、中国探題と呼称されることもある。
1333年元弘3年)、全国的に鎌倉幕府への反旗が上がり、九州では幕府の重要機関である鎮西探題が激しい攻撃を受けた。
 そのため、当時の長門探題北条時直は鎮西探題の救援に向かったが、たどり着く前に鎮西探題は滅亡してしまい、時直は豊前国柳ヶ浦で降伏することとなり、長門探題の歴史もここに幕を閉じた。 その後の室町幕府では、将軍足利尊氏の庶子である足利直冬が長門探題に任命されている。
 

名称と実体

 史料上「長門探題」は北条時直が知られるのみであるが、北条宗頼以後の北条一門がつとめる長門守護は、他の守護よりも強い権能を持っていたことが散見され、後世における「長門探題」の名称はそれによると考えられている。ただし、その実体はつまびらかではない。
 
 

設置位置

 1276年に北条宗頼が長門守護職に補任されて、長門探題が実質的に創始される以前は、二階堂氏が長門守護職にあった。しかし二階堂氏は鎌倉に常駐していたため、現地代理人として三井氏が長門守護代を務めていた。三井氏の屋敷跡と考えられているのが、下関市安岡富任にある「三太屋敷跡」遺跡である。
 
 通常、鎌倉期の守護は鎌倉に在住したままで、現地へ赴任するケースは多くなかったが、長門守護に任命された北条宗頼は、対元防衛の最前線司令官として実際に長門へ赴任する必要があった。現在、北条宗頼が駐在した守護所として、もっとも有力視されるのは、長門国衙が存在していた長府(現下関市長府)である(中世諸国一宮制研究会『中世諸国一宮制の基礎的研究』)。
 
 また、後に三井氏は豊浦郡室津(現・下関市豊浦町室津)へ転居していることから、地元安岡地域では三井氏は富任の屋敷を北条宗頼の居所、すなわち長門探題の拠点として北条宗頼へ譲ったとする説(安岡郷土史同好会編『下関市安岡 歴史探訪と観光案内図』)もある。
 
 
 

長門警固番役

 
 長門警固番役(ながとけいごばんやく)とは、鎌倉幕府軍の襲来に備えて長門国(特に関門海峡とその周辺の沿岸部)の警固をさせるための命じた番役のこと。九州に置かれた異国警固番役と同様の役割を果たした。
 
 文永の役を受けて鎌倉幕府は長門国の御家人に警固番役を命じていたが、建治元年5月12日1275年6月7日)に長門の御家人のみでは不足として同じ山陽道に属する近隣の周防国安芸国の御家人にも長門警固の命が下され、更に8日後には備後国に対しても同様の命令が下された。彼らは長門探題などの統轄下に置かれ、結番を編成して交替で海岸などの要地の警固にあたった。
 更に建治2年8月24日1276年10月3日)には山陽道に属する残り4ヶ国(播磨国備前国備中国美作国)及び南海道に属する全6か国に対しても長門警固の命令が出され、更に既に動員されていた長門国などを含めた対象国に所在する公家領寺社領などいわゆる「本所領」に属している非御家人の武士たちに対しても動員が命じられたのである。
 この命令については、既に御家人が動員されていた安芸国の守護武田信時に対する御教書が残されており、更に出雲大社ゆかりの『出雲大社千家文書』にも出雲大社に属する人々が長門における石築地構築に動員されたことが記されている。
 
 こうした措置は弘安の役以後も継続され、一部は鎌倉幕府滅亡後も継続された。
 

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

「항몽유적지(抗蒙遺跡址)」
ここは約750年前、モンゴルの侵略軍に対抗し国を守るために決起した高麗最後の抗蒙勢力 「삼별초(三別抄)」 が、最後まで抗争し壮烈な戦死を遂げた遺跡址だ。

三別抄は高麗の朝廷が蒙古軍と講和するとこれに反対し、モンゴルの侵略軍を退けようと独自に抗蒙活動を続けた。
三別抄は新しい政府をたて、江華島から珍島へと根拠地を移しながら抗争したが、珍島も高麗・蒙連合軍の攻撃で陥落。

その後、김통정(金通精)将軍旗下の三別抄軍は、済州島に渡って항파두성(缸坡頭城)を築いた。高麗・蒙連合軍と戦った最後の抗争地である。

三別抄軍が築いた缸坡頭城は15里(1里は約393m)にわたる土城と、その内側には二重の城郭が築かれた。城内には宮閥や官衛施設まで整った要塞であったが、今では土城だけが残っている。

門には 「순의문(殉義門)」 の文字

2014/7/12(土) 午後 1:48 [ 歴史の真実を世紀ごと学ぶ ] 返信する

顔アイコン

次回の浜出祭りは2018年4月のようですね。
あと4年先。
楽しみにしておきます。

2014/7/13(日) 午後 0:09 [ 歴史&環境&公徳心ツアー ] 返信する

顔アイコン

志賀島の戦い
1281年6月6日、博多湾沿岸からの上陸を断念した東路軍は陸繋島である志賀島に上陸し、これを占領。志賀島周辺を軍船の停泊地とした。

東路軍の管軍上百戸・張成の墓碑によると、この日の夜半、日本軍の一部の武士たちが東路軍の軍船に夜襲を行い、張成らは軍船から応戦した。
6月8日午前10時頃、日本軍は軍勢を二手に分け、海路と海の中道伝いの陸路の両面から志賀島の東路軍に対して総攻撃を敢行した。

海の中道を通って陸路から東路軍に攻めいった日本軍に対して、張成らは弩兵を率いて軍船から降りて応戦。志賀島の東路軍は日本軍に300人ほどの損害を与えたが、日本軍の攻勢に抗しきれず潰走する。
東路軍の司令官で東征都元帥の洪茶丘は馬を捨てて敗走していたが、日本軍の追撃を受け危うく討ち死にする寸前まで追い込まれた。しかし、管軍万戸の王某の軍勢が洪茶丘を追撃していた日本軍の側面に攻撃を仕掛け、日本兵を50人ほど討ち取ったため追撃していた日本軍は退き、洪茶丘は僅かに逃れることができたという。

2018/3/31(土) 午後 1:25 [ 平和防災愛国 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事