ここから本文です

書庫V-strom650おでかけ

すべて表示

イメージ 1
まだ3月、されど3月。オンシーズンに入ると何かと開放感を感じることができず気の休まらないキャンプになる前に、ソロキャンへ。


イメージ 2
とても誉められたものではありませんが、テントやタープの長さなどからパニアへの収納は難しく、それに代わって、ホムセン購入のヤサイ籠をラッシングベルトで取り付け。
(後部座席にダッフルバックに入れて縛っても良かったのですが、テントやタープのポールが曲がってしまうのでは、との不安からこの方法に)

利点としては到着、籠から出す。
撤収、籠にしまう
難点、籠が少し変形することくらい

グッと楽になった気がします。見栄えは悪いけどw


イメージ 3
イメージ 4
入り口や管理棟は過ぎてしまいましたので早速場内へ。3月一杯はバイク+1名=1000円です。
上:トイレ外観 中は綺麗ですよ。
下:シャワー室 現在は使用不可でした。


イメージ 5
イメージ 6
場内はフリーサイトになっており、川辺に止める感じになっています。
場内は硬い土の上に舞うような砂なので、テントなどペグダウンするときは
プラペグでは厳しいでしょう。
アルミペグでも大丈夫でしたが、奥まで入らないところが沢山です。
ソリッドステークを2本持っていたので重要なところへ打ちます。
あと撤収の際に、砂埃が結構ついてしまうので拭いてからの撤収が必要。


イメージ 7
私は到着時間が遅かったので、川辺には止めませんでした。あとスタンドホルダーあった方がいいです。のめり込みますよ


イメージ 8
テント設営。コールマンのワイドツーリングです。現行のものは知りませんが、これはとても重宝しています。中も前室もそこそこ広いのでスペースに関し困ることがありません。


イメージ 9
ランタンなぞに電池をいれながらも おつかれーの一杯。


イメージ 10
これは今回初使用のパナソニックのランタン。テント内で使用するつもりで購入したので、そんなにルーメン数はいらないと思ってのものです。
外でもいい感じで光をともしてくれます。


・・・夕飯は焼肉を焼き、クッカーでご飯を炊いて、酒盛り。ところが画像を撮り忘れ。



イメージ 11
ということで夜中は特に目覚めることもなく(23時半ころ就寝〜7時ころ起床 途中5時くらいにトイレ)翌朝へ。

夕べ作ったポトフ?カット野菜にチョリソを入れてコンソメを落としたもの
スクランブルエッグ、カット野菜のサラダにロールパン、アツアツのコーヒー。
十分すぎる朝食です。


のんびりと撤収し帰宅。よいキャンプ場でした。




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事