ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

キャンプでの灯り

先日の新戸キャンプでも画像アップしましたが、現在使用している
ランタン類についてです。



たまにしか使用していなかったコールマンのマイクロクワッド。実質、5〜6回くらいしか使ってないと思うのですが、この間使用したときに、点灯して10分もしないうちに明るさが半減し、30分もたずに消灯してしまったのです。

イメージ 1
こちらがそれ。
もしかしたら電池が切れていたのかな、とキャンプでは使用せず、持ち帰り。



イメージ 2
普段から使用しているエネループなどの充電式電池。
家に帰ってから再充電して使用。

するとまたもやすぐに切れてしまった(-_-;)

なんでだ???

わずか10分も付けてないのに。





イメージ 3
このようなバッテリーチェッカーで確認すると・・・・

残量がゼロ。そんなバカな。
充電したばかりなのに。

こうなるとクワッドに原因があるわけで、おそらく放電してしまっているのかと。
これはもう寿命なのか?
もう少し探ってみたいと思っています。


イメージ 4
こちらのジェントス デルタピーク と 今回初使用のパナソニックランタンは大丈夫。ジェントスはとても明るいです。キャンプする人には1台は持ってて損しない品かと思います。重宝しますよ。



追伸:コールマンマイクロクワッドについて、いろいろと調べてみたところ、
本体に単4×4本入れますが、そこから各ライト内部に充電池が内臓されており、
本体から充電される仕組みになっているのですが、長期使用しないつもりで
本体から電池を外していたのですが、各ライトの充電池に残されていた電池が
どうも放電する結果となったようです。(-_-;)
ライトを取り外し使用しようとすると2つはまだしっかりと点灯します。
更に、本体に電池を入れ、すぐさま使用すると4つとも点灯し、1時間以上は確認
できたので、もう一度使用してみようかな という気になってきました。
非常用として置いておくのも手かな。

新戸キャンプ場

イメージ 1
まだ3月、されど3月。オンシーズンに入ると何かと開放感を感じることができず気の休まらないキャンプになる前に、ソロキャンへ。


イメージ 2
とても誉められたものではありませんが、テントやタープの長さなどからパニアへの収納は難しく、それに代わって、ホムセン購入のヤサイ籠をラッシングベルトで取り付け。
(後部座席にダッフルバックに入れて縛っても良かったのですが、テントやタープのポールが曲がってしまうのでは、との不安からこの方法に)

利点としては到着、籠から出す。
撤収、籠にしまう
難点、籠が少し変形することくらい

グッと楽になった気がします。見栄えは悪いけどw


イメージ 3
イメージ 4
入り口や管理棟は過ぎてしまいましたので早速場内へ。3月一杯はバイク+1名=1000円です。
上:トイレ外観 中は綺麗ですよ。
下:シャワー室 現在は使用不可でした。


イメージ 5
イメージ 6
場内はフリーサイトになっており、川辺に止める感じになっています。
場内は硬い土の上に舞うような砂なので、テントなどペグダウンするときは
プラペグでは厳しいでしょう。
アルミペグでも大丈夫でしたが、奥まで入らないところが沢山です。
ソリッドステークを2本持っていたので重要なところへ打ちます。
あと撤収の際に、砂埃が結構ついてしまうので拭いてからの撤収が必要。


イメージ 7
私は到着時間が遅かったので、川辺には止めませんでした。あとスタンドホルダーあった方がいいです。のめり込みますよ


イメージ 8
テント設営。コールマンのワイドツーリングです。現行のものは知りませんが、これはとても重宝しています。中も前室もそこそこ広いのでスペースに関し困ることがありません。


イメージ 9
ランタンなぞに電池をいれながらも おつかれーの一杯。


イメージ 10
これは今回初使用のパナソニックのランタン。テント内で使用するつもりで購入したので、そんなにルーメン数はいらないと思ってのものです。
外でもいい感じで光をともしてくれます。


・・・夕飯は焼肉を焼き、クッカーでご飯を炊いて、酒盛り。ところが画像を撮り忘れ。



イメージ 11
ということで夜中は特に目覚めることもなく(23時半ころ就寝〜7時ころ起床 途中5時くらいにトイレ)翌朝へ。

夕べ作ったポトフ?カット野菜にチョリソを入れてコンソメを落としたもの
スクランブルエッグ、カット野菜のサラダにロールパン、アツアツのコーヒー。
十分すぎる朝食です。


のんびりと撤収し帰宅。よいキャンプ場でした。




冬眠から覚め?



イメージ 1
去年に引き続き参加してきました。深谷シティハーフマラソン。
深谷といえば 有名なふっかちゃんです。

イメージ 2
このあたりに陣取りスタート待ち。
昨年の54分を超えられるか。

イメージ 3
結果はこの通り。
適度に頑張ってはいますが、同時進行で年も重ねているわけですねw
来年は50代に入るため、同タイムなら80位くらいに入れそうです。

イメージ 4
そしてお楽しみの煮ほうとうを今年もおいしくいただいてきました。

静岡〜山梨へ

7月11日に乗って以来暑い日が続いたこともありましたが本気で忙しく、心も体もダウンしてました。
それもようやく時間と余裕がちょっぴりできたので先週のお出かけになりますが掲載します。

この日も道の駅回りと思いつつも行ったことない方面へ行きたかったので国52号方面へ。
いつものように相模原を抜け道志方面へ向かう途中に圏央道で割と最近できた相模原ICを通過。なんでこんなところ?と思うほど店もなければ家もない何もないとこ。

まずは山中湖で休憩 (写ってないけどw)

イメージ 1


1カ所目 すばしり 箱根、御殿場方面からくるときにいつも寄る場所。
イメージ 2

さらっと昼食
息子の弁当ついでに私の分も妻に作っていただいております。

イメージ 3

富士山のおいしい水。
ちちぶで飲んだ水のほうがうまい気がします。

イメージ 4

富士山スカイライン 県道23-152-18 富士山の南側を東西に走る中腹を横切る道路。
ここは真夏でも寒いくらいに気温が落ちるとこですが、なぜか私がくると天気が悪いです。この日もやはり曇ってました。雨が降らなかっただけいいけど。

イメージ 5


一気に雄大な富士川へ

イメージ 6

山梨県ってかなり南側まで伸びてたんですね。初めてしりました。

イメージ 7

2カ所目 とみざわ この地点ですでに3時半 大慌て。
イメージ 8

3カ所目 みのぶ富士川観光センター

迷いました。地図みてここだ と思う場所に行くとそこはカントリークラブで首を傾げながら戻っていくと木立の向こうに大きい建物が。
しかし一旦戻らないとそこへは行けず ようやくたどりつく。


イメージ 9

富士川クラフトパーク内にあり、アクセスは悪いが、場所は静かで自然のなか という感じでよかった。他にもいろいろ施設があるので目的は違えば楽しめそう。

イメージ 10

イメージ 11


最後になっちゃいました(このあと甲斐大和へ行きましたが閉まってました)

ふじがわ です。 割と最近できたらしくH26だったかな?
綺麗です。すぐ隣を中部横断自動車道が工事してたりで大型車が近辺を出入りしている様子でした。
イメージ 12

イメージ 13

この日もまあ暑い日でしたが、バイクは停まりさえしなければ車とは違いある程度の涼は得られますよね。もしかしたら暑いときこそバイクがいいのかな と思ったりして。。。


埼玉-群馬 道の駅

昨日は天気がよく というより暑すぎでしたが、道の駅旅行へ行ってきました。

自宅を8:30出発 16号を北上 狭山の茶畑を抜け深谷方面へ
イメージ 1


前回秩父方面から花園あたりまで食い尽くしているので
まずは道の駅かわもとへ
今日も下道なので到着が11時過ぎになり暑さ倍増
イメージ 2

国道沿いにある よくある感じ

イメージ 3


続いて おかべ
お腹もすいたので 持ってきたサンドイッチをここで。
イメージ 4



スマホを充電しながらナビを使おうと思っていたのですが、充電がうまくできずに
小さくて老眼が始まっている目をを酷使しながら地図とにらめっこして
辿りつきました。
道の駅 おおた
イメージ 5



次いで玉村宿へ到着
裏手がたんぼになっていたので一枚
イメージ 6


ここへ向かう途中354国では気温計40℃(37℃)  さすが盆地。
しかしここの道の駅は中に入るとお茶が飲み放題で ほうじ茶 緑茶 麦茶 玄米茶と沢山いただきました。 
ココちょっとお気に入りです。
イメージ 7


ふじおかです。
イメージ 8


涼し気に水は流れ、
イメージ 9


遊園地みたいな園内で
イメージ 10


水しぶきがこれまたいい感じ
イメージ 11


そして 道の駅の中に 肉の駅  

なんじゃ?
イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14


甘楽 
裏には旧家があり、
イメージ 15


ここに到着する1km手前くらいは道路脇に小川が流れ 道路の敷き詰めた石になっており 風情のある場所でした。(ヘルメット脱ぐのが面倒で停車せず)
イメージ 16




中では休憩ができるようです。
しかし暑くて誰も居やしない。
イメージ 17


続いて こんにゃく畑へ
イメージ 18


中庭みたいな作り
イメージ 19



更に西へ
でかい看板が印象的
イメージ 20



イメージ 21


オアシスなんもくを出たあと 道の駅上野を目指すわけですが、
途中に湯の沢トンネル(全長3323M)というまあまあ長い隧道がありました。

ここが非常〜に涼しく、
温度計33℃(30℃) が  走行中24℃(21℃)まで下がり
それはもう最適でした。




上野到着 
イメージ 22
イメージ 23


万葉の里
まんようのさと ではなく まんばのさと と読むようです。
イメージ 24

完全に田舎に入ってきております。
イメージ 25


そば好きの私としては立ち寄って食べたいとこですが、時間も押せ押せなので
退却。
次回来たときは食べてやるゾ
イメージ 26



次へ向かう途中
神流湖です 下久保ダムへ接続しているのですが、
ご覧の通り 枯渇気味。
雨少ないもんね。大事に使わなきゃ。
イメージ 27


途中にあった湖にかかる橋。
両サイドに張り巡らされたネット。
看板には「命の電話」

こわ。結構多いんだねきっと。
イメージ 28


イメージ 29


今日最後の予定
上州おにし。

5:15着 残念ながらタイムアウト スタンプは押せませんでした。

写真は過去にあった学校の校舎のようです。
イメージ 30


誰もいません。
イメージ 31



そしてここから恐怖が。


下道で帰ろうと思い秩父方面へ走り
皆野町役場前を通過中に

シールドを開けていた顔面に何かが ぶつかって というか 舞い降りてきて
一瞬視界を遮る。

慌てて手で振り払い、バイクを脇に寄せ止める。 その間 10秒程度。

鼻が痛くなりミラーを除くと少し赤くなっている。
どうやら内側も痛い。

最初クワガタに鼻を挟まれたのかと思ったが、飛んできていきなりそんなことあるわけもなく、周囲を見渡すと 燕が沢山飛んでる。

うそでしょ!?

燕って人を襲う?

そんなこと考えつつ ジンジンと痛みが増し、どうなるのか不安に駆られながらも帰路へ向かう。
家に帰って冷やした結果 今朝は痛みも引いていたので安心しましたが、
一体なんだったんだ?


かわもと - おかべ - おおた - 玉村宿 - 藤岡 - 甘楽 - しもにた - オアシスなんもく - 上野 - 万葉の里 - 上州おにし

計11か所

もう一度行ってみたいのは玉村宿 甘楽(周辺探索) 万葉の里(お蕎麦食べに)でした。

帰宅20時 走行距離324.3km 燃費26.5km/ℓ 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事