きょうこの部屋

穏やかな年になりますように!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

最近のあれこれ

イメージ 1

久しぶりに出会ったカワセミ」

イメージ 2

ススキの種を食す雀

イメージ 3

秋が進んでいますね。

イメージ 4

ある日の朝陽

イメージ 5

ある日の夕陽

イメージ 6

ある日の富士山

最近のフォトより。
さらっとご覧くださいね。

川崎市民祭  11/1

今年で38回目を迎えたかわさき市民祭りは、50万人以上の人が訪れる賑わいあるお祭りです。
何年かぶりにさっとパレードを覗いて見ました。相変わらずの人出でした。

さっとご覧ください。


イメージ 1


イメージ 2 イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

富士通フロンティアーズ(アメフト)

イメージ 7

Jリーグ川崎フロンターレ
イベントで子供たちに指導していたため選手がいなくて寂しそうなふろん太君

イメージ 8

ハーレー

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


毎年人気の各地の特産品が味わえる「ふるさと交流広場」には、北海道から鹿児島まで全36市町村が参加して、ご当地の名産品を販売します。
衣料品・食品・工芸・雑貨・おもちゃなど250ものブースが並ぶバザールも見ごたえ充分。

その他、キャンペーンコーナー、おもしろ自転車広場、サッカー教室、親子クラフト教室、ペタンクなどの各種体験コーナーなども催されます、

また、子どもが楽しめる「あそび広場」では、ふあふあ、ミニ電車、かご屋、ふれあい移動水族館、などが行われ、「縁日コーナー」には、100店以上の屋台が出店し懐かしい味が楽しめます。
11月1日(日)にはオープニングパレード、祭りパレード、神輿パレードも行われました。(ネットから)

何年かぶりにパレードを覗いてみました。
相変わらずすごい人出でした。
イメージ 1

横浜のイルミネーションは普段でもきれいですがこの日(11/1)
もうひとつの横浜夜景!美しすぎる「スマートイルミネーション横浜 2015」が開催されていました。
象の鼻パークや象の鼻テラスを中心に横浜・みなとみらい各所で光を使った幻想的な空間が作り出されます。開催日は2015年10月30日から11月3日まででした。

イメージ 2

虹の家

イメージ 3

ろうそくの灯りも美しい。

イメージ 4

ボートのダンス?もとてもきれいな動きでした。

イメージ 5

「クイーン」の名で親しまれている「横浜税関」の塔に顔の映像を投影し、(1934年にこの地に建てられました)おしゃべりしたり歌を歌ったりします。
「ブルーライトヨコハマ」を歌ってくれました。

イメージ 6

寄せたり離したりしたり移動できます。
椅子です。素敵ですね。

イメージ 7

「蓄光塗料により蓄えられた光が昼から夜へと風景を彩ります。。。」
そのようなことが書かれていました。
なかなか安定してくれないようで皆さんご苦労されておりました。

イメージ 8

アイフォンで撮った方がきれいだったのでアイフォンで撮ったのを使いました。。

イメージ 9

宇宙から来たお姉さん?

イメージ 10

大人の二倍くらいはあろうかというロボット?
何処から来たのでしょうか?
蝙蝠のようには羽根を広げるようですが、わたしはみてないです。

イメージ 11


11月1日はそれほど寒く感じなかったのでゆっくり見ることができました。

国内外のアーティストがつくり出す光の祭典
横浜市の都心臨海部を中心に、省エネルギー技術とアーティストの創造性を融合させた国際アートイベント「スマートイルミネーション横浜2015」
迷いましたが立寄ってよかったなと思いました。
開催中も日々いろいろなイベントがあるようで毎日見たかったような気さえしました。

深大寺 (調布)

イメージ 1

深大寺本堂
深大寺(じんだいじ)は、東京都調布市深大寺元町五丁目にある天台宗別格本山の仏教寺院である。山号は浮岳山。

日本三大だるま市の1つ「深大寺だるま市」で知られている。隣接する東京都立神代植物公園は旧寺領であった。
「深大寺」の名称は、仏法を求めて天竺(インド)を旅した中国僧玄奘三蔵を守護したとされる水神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に由来していると伝えられている。 天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝える。859年、天台宗に改宗する。1646年と1865年に火災に遭っており、堂宇の大半を失っている。現在の本堂は大正年間の再建である。

本尊は本堂に安置の阿弥陀三尊像。東京都では浅草の浅草寺に次ぐ古刹である。(ネットより)
 大正8年再建され本尊は阿弥陀如来です。鎌倉時代前期の作といわれています。
本堂は平成15年に改修されています。
国内の著名な寺院では 平泉の中尊寺 長野の善光寺 などがあり 深大寺はこれからの寺院と同格です。
かっては多摩地方一帯から川崎にかけて 三十をこえる末寺を有した古刹であり、現在でも調布市内外から参拝の人々が絶えません。(ネットより)


イメージ 2

東門

イメージ 3

山門(薬医門)
本柱の後方に控え柱を立て、その上方に女梁、男梁をかけ切妻屋根を乗せた門です。
1695年(元禄8年)に千人の寄進により普請され、境内現存の最古の建物です。
柱、組材などはケヤキで赤く塗られ、屋根裏板・垂木などはスギで黒く塗られています。

イメージ 4

鐘楼・梵鐘(国重要文化財)

1870年(明治3年)に再建され基盤に3つの甕を埋めんでいます。
音響効果を期待したものと思われています。
梵鐘は国の重要文化財に指定されています。
現在鐘楼内にあるものは平成13年に新たに鋳造されたものです。旧梵鐘は鎌倉末期の特長を良く示しており、1376年鋳造の山城守宗光の銘があります。
都内では三番目に古く、鋳造以来実際に撞き続けられた梵鐘としては最古のものです。 昭和天皇が摂政時代に深大寺を訪れられ「古いものは大切にするがよい」とおっしゃられ、そのため戦時中にも徴発を免れたといわれています。
第二次大戦中には約75,000個の鐘が徴発された中、貴重なものであったことがうかがえます(ネットより)

イメージ 5

紅葉前のもみじがきれいでした。

イメージ 6

深大寺の門前にある楽焼の店

イメージ 7

深大寺参道近くにある「ゲゲゲの鬼太郎」をテーマにしたお店。1階には鬼太郎のグッズや書籍が充実したショップ、目玉おやじの栗ぜんざいやぬり壁のみそおでんなどの妖怪メニューを味わえる喫茶コーナーがあり、さらに2階には鬼太郎の生みの親である水木しげる氏の紹介やその作品、リアルな妖怪フィギアを展示する妖怪ギャラリーがあります。ゲゲゲの鬼太郎や妖怪たちの世界を体感できる空間として大人から子供まで幅広い年代層に人気です。

イメージ 8

たくさんあるお蕎麦屋さんの一つ大きな水車がある一休庵

私たちは今回「多聞」で友人二人は天ざる私は野草の天ぷらとざるそばをいただきました。
こしがあって美味しいそばでした。

この後行った神代植物園で見たダリアを少し。

イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12

イメージ 13 イメージ 14

イメージ 15 イメージ 16

イメージ 17 イメージ 18

ダリアもたくさん咲いていてきれいでした。
たくさんの画像をご覧いただきありがとうございました。

開く トラックバック(1)

天気予報では雨でしたがこの日が近づくにつれ雨予報がずれてお天気になりました。友人とお昼に深大寺のお蕎麦屋さんでお蕎麦をいただき、隣にある神代植物公園の秋バラを見に行きました。
川崎の「向ヶ丘遊園のバラ園」と調布の「神代植物のバラ園」と迷いながら南武線に乗りこの時はまだ迷いつつ。。三人で相談し、最終結論調布に行くことになったのでした。私の独断と偏見とのうわさも。。

イメージ 1

神代植物園のバラ園。

神代植物公園(じんだいしょくぶつこうえん)は、東京都調布市にある東京都立の植物公園。都立としては唯一の植物公園である。

園内には約4,500種類、10万株の植物が植えられ、梅や桜の名所としても知られる。バラ園は都内最多の[要出典]274品種5,100株を擁し、春と秋にバラフェスタが開催されるほか、夜のライトアップやコンサートなどさまざまなイベントが催される。(ネットから)

イメージ 2


イメージ 3 イメージ 4
イメージ 5 イメージ 6

秋バラは春バラに比べ昼と夜の気温差があるので色が濃いとか?
同じバラで比べてみないと分かりませんね。。。

イメージ 7

バラ園の向こう側が工事中でしたがまた何かできるのでしょうか。

イメージ 8

蕾の淵にほんのりピンクがさしてきれいでした。



イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

背伸び?してるのかな〜〜

イメージ 13

オレンジのバラ1輪


イメージ 14 イメージ 15
たくさんの画像をご覧いただきありがとうございました。
この後帰り道ダリアと菊を見ながら帰路へ着きました。

楽しい時間が過ぎるのは早いものです。
次はどこがいいかなと思いつつ。。。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事