きょうこの部屋

穏やかな年になりますように!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

代々木公園

イメージ 1

五輪橋

原宿駅から代々木公園方面へ行く時に渡る五輪橋。1964年東京オリンピックの水泳競技メイン会場になる国立代々木競技場ができることになり、道路が計画され表参道へ直結するために五輪橋が架けられました。柱の上に地球儀があり、欄干には五輪競技がレリーフされています。

イメージ 2 イメージ 3
代々木第一体育館
外観・構造
世界でも珍しい吊り屋根式の体育館です。2本の主柱を2本のメインワイヤーロープが結び、そこから全体の屋根が吊り下げられています。上から見ると、半円を少しずらして向かい合わせたような形となり、全体がゆるやかな曲線のシルエットをなしています。

代々木第二体育館
正式には「国立代々木競技場 第二体育館」。代々木第一体育館の裏手にあり、あまり目立たない。デザインは第一体育館と同じなため、遠くから見るとひとつの建物のようにみえてしまうせいもあるかもしれない。
 実際には、この会場はライブに使われることはあまりない。バスケやバレーなどのスポーツに使われることがほとんどである。(ネットより)

イメージ 4

代々木公園を望む。ドコモビルも見えています。

イメージ 5

イチョウ?  いえいえ、カロリナポプラでした。
北米産と欧州産ポプラの交雑種。生長が早く丈夫なので街路樹に用いられます。

イメージ 6

噴水池

イメージ 7

虹が。

イメージ 8


イメージ 9

しあわせの像

イメージ 10

幸せの黄色い絨毯?

イメージ 11

オリンピック記念の宿舎
東京オリンピックで選手村として使われたときの唯一残されたオランダ選手が利用した建物です。

イメージ 12


代々木公園は昨年デング熱で有名になってしまいましたが、毎月たくさんのイベントが催されています。
大江戸骨董市に一度行ってみたいなと思いつつまだ行ったことがありません。いつか行ってみようかな。
記事作成の途中で公開になってしまいました。
ご訪問いただいた方にはお詫びいたしましす。

明治神宮外苑

イメージ 1

これだけだとどこかわからないですね。
実は明治神宮外苑の歩道部分のイチョウ並木です。


イメージ 2

ドラマなどでもよくつかわれていますのでご存知の方も多いと思いますが。。。神宮外苑のイチョウ並木です。まだ早かったうえに選定されていて残念な感じでした。


イメージ 3


イメージ 4

軟式球場の入り口から青山通りを望む

イメージ 5


イメージ 6

模擬店や全国各地の特産品や名産品が大集合でにぎわっていました。


146本のイチョウが作る黄金ロード

約300m続くいちょう並木が有名な明治神宮外苑は、都内を代表する紅葉スポットで、通りの両側に146本ものイチョウが立ち並ぶ様はまさに黄金ロードと呼ぶにふさわしい。青山通り口から樹高の高い順に植えられたイチョウは遠近感が強調され、奥に立つ聖徳記念絵画館との景観美が実に見事だ。青山通りから眺めると、まるで絵画のような美しい風景が眼前に広がる。
                     (ネット)


ドラマや雑誌で見た黄金の並木道。期待に胸を膨らませていきましたが。。。
残念ながらまだ少し早かったのと今年は選定されていて期待外れになってしまいました。
道行く人が口をそろえて「去年はきれいだったわよ。」
去年には戻れないので数年先にまたリベンジします。


おまけの画像(慶応日吉キャンパス)

イメージ 7

日吉慶応キャンパスのイチョウ並木がきれいに色づいていました。

イメージ 8


イメージ 9

日吉駅から望むイチョウ並木
イメージ 1

日吉駅
東横線の急行はもちろん、通勤特急も停車します。目黒線の終点駅でもあるほか、2008年からは横浜市営地下鉄グリーンラインとも接続しており、横浜や都内の各地へアクセス良好です。ホームの上には日吉東急avenue、駅西側には5つの商店街があり、とてもにぎやかな雰囲気。慶応義塾大学の日吉キャンパスがあるので学生も多く、学生向けのお店も多く集まっています。秋は駅から大学までのイチョウ並木が必見。駅での待ち合わせには、東口前の銀玉オブジェ「虚球自像」をご利用ください。そしてさらに2019年4月には相鉄との相互乗り入れ直通運転を予定しています。ますます便利になる日吉駅に、皆さんご期待ください。(ネットから)

イメージ 2

関東の駅百選に選定された日吉駅のアトリウム中央にある大きな球体のモニュメント。1995年に三澤憲司氏が作成したモニュメントでその形状から「ぎんたま」とよばれ、日吉の待ち合わせスポットとして定着しています。

イメージ 3

日吉駅二階より望む慶応義塾日吉キャンパスイチョウ並木

イメージ 4 イメージ 5

イメージ 6 イメージ 7
日吉駅前に広がる「日吉中央通り」「普通部通り」「サンロード」「浜銀通り」からなる商店街


イメージ 8


イメージ 9

走りの練習をしている人も。

イメージ 10

まだ少し早かったようですね。

イメージ 11

車道を挟んで左右の歩道もイチョウ並木ですが。。この時はまだ青かったです。今頃はきれいに黄葉していることでしょうね。

イメージ 12

ケヤキ並木もまだ青かったです。

今頃は落ち葉が綺麗かなと思いつつなかなか行けなくて。
今年は紅葉もあまりきれいじゃないかなと感じていましたが。。。
このところの寒さで少し綺麗に色づいてきた気がします。

富士山

27日北海道で大雪を降らせ西日本にも雪をもたらせた日。
富士山頂も地吹雪で我が家から60倍率のカメラでとらえてみました。


イメージ 1
 
富士山頂地吹雪。
11月27日 16:12撮影

イメージ 2
 


イメージ 3


テレビのニュースにも同じような画面が出ていました。

イメージ 4
 


イメージ 5
 
11月28日 6:58撮影

イメージ 6
11月29日 7:16撮影

空気が澄んで富士山がきれいに見えますね。
朝富士山が見えているとなんかさわやかな気分になりますね。

マンホール

イメージ 1

2012年4月24日小金井公園にて撮影
桜の花を見に行ったときに撮影小金井公園だから小金井市だと思い小金井市のマンホールで調べたのですがまったくどこにも出てこなくて。。。
よくよく調べまして見ましたら。小金井公園は小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市からなっているのですね。びっくりしました。

西東京市の市章の周りに時計回りで市の木ケヤキ、ハナミズキ、市の花ヒマワリ、コスモス、水仙、ツツジが描かれています。雨水管マンホール蓋。

イメージ 2
 
2012年4月24日小金井公園にて撮影
西東京市(旧田無市)市の木ケヤキ周囲を田無市市章で取り囲んでいる。

イメージ 3

2012年4月24年小金井公園にて撮影
武蔵野市角型消火栓マンホールの蓋

イメージ 4

2012年4月25日河口湖畔にて撮影
真ん中の河口湖町章は富士山を背景に末広がりの「河」を変形しさらに逆さ富士で表したものこれはいまは廃止されています。
町に花の月見草をデザイン。

イメージ 5

2012年4月7日真鶴駅近くにて枝垂れ桜を見に行ったときに撮影
神奈川足柄下郡真鶴町町の花ハマユウ、海、鶴がデザインされています。
デザインコンテストを経て決定されたデザインだそうです。

イメージ 6
 
2012年5月6日大楠山に行ったとき撮影
真ん中に横須賀市章中央は市名の頭文字ヨコ三浦一族の家紋「丸に三引」風に抱合せてあり周囲は港を象徴して艦船の羅針盤をデザインしてあります。
周りに横須賀市の木大島桜がデザインされています。


イメージ 7

2012年4月12日山北町に桜と列車を見に行って駅付近で撮影
富士山と丹沢湖に架かる永歳橋をデザインしたもの。
汚水管マンホールの蓋。

もう少しアップしたかったのですが。。少し疲れているようなので
今日はここまでということで。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事