医療技術セミナー "スキルアップ"こぼれ話

医療技術セミナー"スキルアップ"を目立たせたくてフォローブログを始めました!

5月15日のテレビ朝日の『タケシの家庭の医学』で、ケトン体が心不全に効果があると紹介されました。

  5月15日19時から3時間にわたって放映されましたテレビ朝日の『タケシの家庭の医学』中で、”ケトン体が心不全・心臓疾患の予防に効果がある”と紹介されました。その科学的根拠の提供者は、東京都健康長寿研究センターの副所長の原田和昌先生でしたし、実際に出演され、いくつかの実験を紹介されました。  ”ケトン体が心不全・心臓疾患の予防に効果がある・・・”など、正直 初めて聞きました。驚きです。 ケトン体とは肝臓で作り出される体内物質であり、糖分や脂肪分に代わってエネルギー源となり、ケトン体は「心臓の老化ストップ物質」であるというわけです。ヒトを始めとして動物は心拍数が一生のうちで7億回で、例えばネズミは拍動が速いので寿命は約2年(この説も初めて聞きました)。ヒトの脈拍は1分間に平均70回として考えられる寿命は80年?すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事