ここから本文です
詐欺出版社リトル・ガリヴァー社(社長:富樫庸=宇田川森和)とは?
出版社リトル・ガリヴァー社は契約内容を一切守らず、印税も支払わない。富樫庸・社長(ペンネーム宇田川森和)の詐欺による被害者急増中

書庫全体表示

イメージ 1

上の画像(富樫庸=宇田川森和のブログからスクショ)で富樫庸=宇田川森和が書いている「学者なら言葉を選んで、キタナラシイ、下品な言葉を選ぶ、果てが『トガシクン』だよ…」と言っていますが、誰に言っているのだろう?私は「富樫庸=宇田川森和」としか言っていませんけどね(笑)

しかも「キタナラシイ、下品な言葉」を私は一切使っていません。そっくりそのまま宇田川森和(富樫庸)先生にお返ししたい言葉です。このブログのヘッダー画像をご覧ください。これも宇田川森和先生(本業は詐欺出版社のリトル・ガリヴァー社社長)のブログをスクショしたものですが、先生は「ケツだけはまくるんだ。スゴイ、スゴイ。オレ、〇玉ツイテナイカノト思ッタヨ」「〇欠だから…」と書いているのは、どこのどなたですかね!?「ツイテナイカノト」という日本語も不明ですが。

「契約は無効になった」=富樫庸=宇田川森和が一人で一方的に無効にしたもの

「図書300冊は返してください」=なんで?この300冊は私は無償で受け取ったものではなく、388,800円を支払って買い取ったもの。それならばこの388,800円を返せよ、詐欺師が!と言いたくなる。そうすると(これも詐欺師の常套手段なのだが)「先に300冊返せ。そうしたら388,800円を返す(振り込む)」と言ってくる。そんなわけないだろ。私が300冊を返せば、それで、はい、終了。そのまま逃げる富樫庸=宇田川森和の様子が目に浮かぶ。

いいですか、再三にわたる「強制執行」(差し押さえ強制執行です)の全てにおいて「逃げた」人ですよ。そんな自分がまだ世間から信頼されていると思っていること自体、神経が図太いを超えて「馬鹿」なのでしょう。

  • 印税、振り込まれたんですか?

    [ yos***** ]

    2019/2/17(日) 午後 5:34

    返信する
  • 顔アイコン

    はい、昨日やっと、一応…(とても少ない額です)。
    契約書にある支払い期日を9ヵ月も過ぎていますけど。
    しかし、何冊売れたのか、そもそも何冊を初版として刷って市場に出回っているのかさっぱりわからないので(印刷所と取り交わした納品書とか書類を見せろ、と言っても絶対に見せたがらないので)、真実はまだ闇の中です。しかも、契約は勝手に一方的に解除され、それ自体が契約違反ですし(契約書には「乙甲の双方の同意のもと解約できる、とありますが、私は全く同意していません)。

    この印税の額だと170冊くらいしか売れていないことになりますが、47都道府県の公立図書館にそれぞれ2冊は入っているので、それだけで94冊になります。そして大学図書館への配架はwebで調べることができます。他の出版社から刊行した2冊の拙著に比べると、ものすごく少ない数しか売れていないということになります。

  • 顔アイコン

    印税、ウソですよ。もしくは刷り部数が本当にミクロで売れなかったかでしょう。
    わたしが目を光らせていたとき、実売で2000冊以上の本ありましたが、これも「次の本の営業費にする」とかなんとかで印税もらってないので「ウソ」かもしれません。でも印税は少なすぎます。
    とくにH先生は他社さんでの実績があるのですから。

    [ aru*eno* ]

    2019/2/18(月) 午後 4:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > aru*eno*さん

    ありがとうございます。私も富樫氏を全く信頼していません。0%の信頼度です。とにかく初版刷り部数について、印刷所とのやり取り(納品書など)を提示することを死ぬほど嫌がりますから、この時点で「嘘」を隠していることが明らかです。

  • 顔アイコン

    リトル・ガリヴァー社社長・富樫庸は、彼のブログ(https://blogs.yahoo.co.jp/tontoniboy/66773615.html#66784488)において、「本図書は、380冊で止まったが、もし今後、売れる本という判定がでれば、増刷できたわけであり」と書いていますが、そんなものは契約書には書かれていないし、初版が出てから1年以上も経ってからやんわりとそんなことを言われてもね…そして「この情報も著者側に伝えた。しかし、聞く耳もたず」って、は?聞く耳持たずって、初版の発売から1年以上も経って急に思いついたように一方的に彼が喚いているだけであって、彼の喚きになぜ我々が常に「聞く耳」を持つべきだという前提になっているのか?

    彼は裁判命令に対して「聞く耳」を持たないくせに。

  • 顔アイコン

    他の作家さんにも印税って払われていないのですか?
    テレビか何かに出て売れたと聞いた「しもじい」の方にも支払われていないのでしょうか?
    気になります・・。 削除

    [ いずみ ]

    2019/2/22(金) 午前 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > いずみさん

    はい、支払われていません。富樫庸には契約を守るとか、印税を支払うという発想は最初から無いようです。

  • いよいよブログ消しましたね。

    [ yos***** ]

    2019/3/1(金) 午後 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    Facebookでは元気バリバリで、なーんにも事件のこと、触れてないですよ。こんなコメントが。もう事件解決と思ってるようですね。

    富* 庸
    昨日 13:08 ·

    宇田川森和「銀漠の海」を先行販売します。まずは、電子版で。
    以下、2点の電子版刊行を予定しています。

    [ aru*eno* ]

    2019/3/2(土) 午後 10:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > yos*****さん

    はい、ブログを消しましたね。私は主要な個所はスクショに撮って保存してあります。

  • 顔アイコン

    > aru*eno*さん

    彼は自分のことしか考えていないですね。詐欺行為を行っておきながら、絶対に自分は何も悪くないと思っているのか、他人から巻き上げたお金で生活しており、その上、まだ商売も続けているということですね。

  • 顔アイコン

    ご無沙汰しております。裁判所命令をいよいよ無視して支払いがとまりました。とりあえず、富樫庸御大殿のFBに以下の警告を入れました。
    効果があるかわかりませんが、金銭の権利は値切られてもいいので「売る」と思います。早く絶縁してしまいたいのです。
    ーーーーーーーーーー
    今月分の振り込みがされておりません。裁判所の条項に従い、至急お振込みください。
    なお、もはや20000円ではなく5000円すら支払わないとなると、ラチがあきません。

    そこで今回支払わなかった場合は、「とある所」へ回収の権利自体を弁護士の下、譲渡し、未払い金の一部でも回収を検討中です。

    その場合、強制執行のようにもう「簡単にはいきません」ので、ここに警告させていただきます。おそらく株主や親族へも権利が行使されるので、そのおつもりで。

    [ aru*eno* ]

    2019/4/15(月) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > aru*eno*さん

    返信がかなり遅れて申し訳ございません。プライベートで(リトル・ガリヴァー社とは全く関係ないことで)いろいろありまして…富樫庸はfacebookを非公開にしているようなので、私からは見れませんが、裁判所命令を無視できるのだとしたら、この国は本当に腐っていますよね。この男はまだ電子書籍を販売し続けていて、著者達には印税を払わないでいるわけでしょ。警察が全く動かないのも本当に不可解です。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事