合同研究会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

平成20年11月15日〜16日、山形県鶴岡市の山形大学農学部鶴岡キャンパスを主会場にて開催いたしました第26回東北地方民俗学合同研究会は、多くの成果を残し終了いたしました。
二日目の見学会は小雨がぱらつく生憎の天候となりましたが、二日間を通じ東北地方の多くの会員の参加をいただきましたことをお礼申し上げます。また、地元の庄内民俗学会および酒田民俗学会の皆様からは、大会の成功にむけて労力をいただだき感謝を申し上げます。
来年、平成21年度の開催地はは秋田県と決定いたしました。
大会の成功を祈ります。
  平成20年11月18日
  山形県民俗研究協議会会長 大友義助

開く トラックバック(1)

1 日 時    平成20年11月15日(土)・16日(日)
2 会 場    山形大学農学部キャンパス3号館1F(正面玄関入って一番奥の棟)
3 主 催    山形県民俗研究協議会
4 テーマ    「死者供養と祖霊信仰」
5 参加費    1,000円(資料代)
6 日 程
  11月15日(土)
  12:00〜    受付開始
  12:30〜12:40  開 会(主催者挨拶)
  12:40〜13:20  基調講演 大友義助(山形県民俗研究協議会会長)
                「出羽三山における死者供養・祖霊信仰」
  13:30〜13:50  発表 \仍街源辧弊朕晃民俗の会)
                「青森県津軽地方の死者供養」
  13:50〜14:10  発表◆\邯富貴子(いわて土俗懇話会)
                「岩手県の先祖供養(仮)」
  14:10〜14:30  発表 齋藤寿胤(秋田県民俗学会)
                「盆の墓祝い−先祖祭祀の再考−」
  14:30〜14:50  発表ぁ[詭斃獲子(東北民俗の会)
                「水子と先祖」
 休憩
  15:00〜15:20  発表ァヾ篋蠖森(福島県民俗学会)
                「福島県白河市の関山(せきさん)信仰と骨塔(仮)」
  15:20〜15:40  発表Α仝渊粛鯤限◆併碍糎民俗研究協議会)
                「清水のモリノヤマ」
  15:40〜16:00  発表А\酖膺鮖法併碍糎民俗研究協議会)
                「酒田飽海のモリ供養について」
   休憩
  16:10〜16:40  討論と総括
  16:40〜17:00  合同研究会の運営に関する協議
  17:00〜17:10  閉会の挨拶
  18:30〜    懇親会  (会場:滝太郎 会費 5,000円)

11月16日(日)
  9:00〜10:00  見学(天翁寺 鶴岡市下清水462)(山形大学農学部正門前9:00集合)
(※天翁寺住職から清水のモリ供養についてお話をうかがいます。当日、法事が入っていて、1時間ほど の話となります。)

発表者の皆様へ
 ―蚕蝓瞥絞愴峭罅⊇蚕蝓電話とFAX、E-Mail)
 ∋疚召箸佞蠅な
 生年と勤務先
 ぜ舁彙書・論文など
 ゥ譽献絅瓩陵夕
(1)ワード(メールの場合、添付ファイルにして)を使い、A4版の用紙4〜6枚以内におさめてください。
(2)別紙様式に準じてレイアウトしてください(第20回本県開催時資料)。
(3)発表の要旨の他に、資料(写真・図など)を掲載していただいて構いません。
 δめ切り
  印刷の都合もありますので、レジュメの最終締め切りは10月20日(月)とさせていただきます。郵送の場合は締め切り必着といたします。
 Я付先
  〒990-0821
  山形市北町3-3-45 市村幸夫(村山民俗学会)宛て TEL023-684-5708
  E-Mail hatagomachi473■ma.catvy.ne.jp
       ■は@と読み替えてください。迷惑メール防止のための措置です。
 ┐修梁
  レジュメの校正は山形県民俗研究協議会にご一任ください。

合同研究会開催県(山形県)からのお知らせ

                              山形県民俗研究協議会会長 大友義助
 本年度、第26回東北地方民俗学合同研究会のテーマは「死者供養と祖霊信仰」である。この問題は日本民俗学の考察すべき根本問題の一つであることは言を俟たない。人の心がとめどもなく揺れに揺れている今日、この問題の考察は益々重要性を帯びつつある。
 総じて、東北地方は本問題を深く考えるに最も恵まれた地方である。青森県恐山においては、現在なお死者と親しく会話を交わすことができる。山形県山寺、福島県会津八葉寺においては、死者の納骨、その供養の儀式が中古の昔から絶えることなく営まれている。山寺における夜行念仏、獅子踊りの奉納、会津八葉寺における空也念仏踊りなどである。
 かつては岩手県中尊寺においても、また宮城県松島雄島においても死者の納骨習俗があり、その供養のために納めたさまざまの奉賽物が残されている。また、秋田県西馬音内盆踊りなども本問題考察のために大きな示唆を与えてくれるものであろう。
 この度の研究会場の地、ここ庄内地方は以上の各地にも増して「死者供養と祖霊信仰」と因縁深い地方である。この地方には、人の死後の魂は近くの小高い「モリの山」に還り、しばらくはここに鎭留して子孫を見守る。その間、子孫の供養をうけて霊魂が浄化され、月山や湯殿山に赴き、一定期間の後、祖霊一般となって昇天するとの考えが深い。いわゆる「もり供養の習俗」とこれに深く関係する出羽三山信仰である。出羽三山は東33カ国の信仰を集める修験の山でもある。
 この地で、本テーマを論じ合い、確かめ合うことには格別の意味がある。人の魂の行方を考えることは、いまに生きる人々の生命の尊さを確認することに連なる。このたびの研究会が真に意義深き画期的な会になるよう期待して止まない。

機‘ 時 平成20年11月15日(土) 13:00〜17:30
供_顱‐譟〇碍疎膤愬棲愽鶴岡キャンパス(山形県鶴岡市若葉町1−23)
              http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/access/IMG/testmap.pdf
掘.董璽沺 峪犲垓〕椶帆栂鄂仰」
検〇臆暖顱1,000円(資料代として)
后‘ 程 (詳細未定)発表者及びテーマ決定次第掲示する
此〆親会 18:30〜20:30 (懇親会会場は鶴岡駅前周辺を予定)
察〕癲‘ 希望者について「もり供養習俗」のある天翁寺にて講話
次〇務局 〒990-0826 山形市霞城町1-8 山形県立博物館内 山形県民俗研究協議会
         電話023-645-1111 担当 押切智紀

 発表者氏名及びテーマ、要旨原稿の提出、参加人員等については、後日案内申し上げます。

平成19年度の合同研究会(福島県開催)の詳細が決まりましたので、お知らせします。
なお、参加予定人数の把握のため、各県事務局にて参加人数を10月31日(水)までに、参加者氏名を参加申込書(郵送済)により11月8日(木)までに、メール・FAXにてご報告提出頂けますよう、お願い申し上げます。

1 日 時 平成19年11月10日(土)13:00〜16:50

2 会 場 福島県文化センター(福島市春日町5−54)小ホール http://www.culture-center.fks.ed.jp/index.html

3 テーマ 「フィールドと向き合う −民俗調査の可能性−」
 詳細はチラシ(http://www.geocities.jp/fukushima_folklore/goudouken.pdf)の通りです。ご参照ください。

4 参加費 1,000円(資料代として)

5 日 程
12:30 開場
13:00〜13:05 主催者挨拶(福島県民俗学会 大迫会長)
13:05〜13:10 話題提起(福島県民俗学会)
13:10〜13:35 発表 崟仟な顕什發猟敢困鯆未靴董焚勝法廖併碍糎・加藤和徳氏)
13:35〜14:00 発表◆嵬餌調査と地域民俗の存立可能性」(秋田県・齊藤壽胤氏)
14:00〜14:25 発表「地域社会に再利用される民俗のイメージ―お山参詣と弘前ねぷたを事例に―」(青森県・小山隆秀氏)
(休  憩)
14:40〜15:05 発表ぁ嵬餌調査の視点と力点―中野七頭舞を聞き取る―」(岩手県・飯坂真紀氏)
15:05〜15:30 発表ァ崑射邏間論再考―「民俗」を可能にするもの―」(宮城県・滝澤克彦氏)
15:30〜15:55 発表Α嵒造療狙と民俗」(福島県・石井克生氏)
15:55〜16:40 全体討論会
16:50 終了

なお、当日午前10時より12時まで、関連テーマによる公開講演会を、同会場で実施します。
10:00〜12:00 公開講演(一般に公開)
         講師:結城登美雄氏 演題:「食の文化の可能性と地元学」
 http://www.geocities.jp/fukushima_folklore/kouenkai.pdf

6 懇親会 18:30〜20:30 (会場は福島駅周辺を予定)
       懇親会費 4000円(予定)当日、頂戴いたします。

7 事務担当者の連絡先
 〒960-8141 福島市渡利字北の内28 (財)福島県文化振興事業団渡利分室 大山孝正気付
電話024−528−1157 FAX024−528−1158
ooyama.takamasa@culture.fks.ed.jp

宮城県の小谷です。東北民俗の会でネットを担当しております。
試用しておりましたブログを本格稼働いたします。
以後、コメント等を通じてご意見をいただけると幸いです。
また、各県には別途、本ブログのidとパスワードを送付させて頂きます。運営の詳細は別途詰めていきたいと思います。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事