全体表示

[ リスト ]

今回はセイコーのロードマチックスペシャル。スペシャルですよ。

ロードマチックスペシャルには、瞬時カレンダー送りの5206Aとそうでない5216Aの2種類があります。

裏蓋のケース番号を見ればわかりますが、文字盤でもわかります。スペシャルが筆記体の"Special"だと5206、ブロック体の"SPECIAL"だと5216です。

文字盤で判断する方が簡単ですね。

今回の5206-6010は、文字盤の模様がいわゆる絹目である所以外は非常にオーソドックスなデザインです。
イメージ 1


垢まみれですが、針や文字盤はきれいみたいです。ケースにはそこそこ傷がありますが、元が全体ヘアラインなので、傷取りはせずにこのままヘアライン処理しましょう。

裏蓋は同心筋目ではなく、横方向のヘアライン。
イメージ 2


機械はちょっと汚れがありますが、きれいなものです。
イメージ 3



ケースの仕上げのため、ベゼル・風防を外します。ベゼルとケースの間とかラグ間には汚れがいっぱい。
イメージ 4


いつもなら洗剤と歯ブラシ・爪などでこすり落とすのですが、今回はBF-20を使ってみました。どこまで落ちるでしょうか。

これが9分間超音波洗浄してすすいだ後。
イメージ 5


けっこう落ちてます。黒いのは錆びていたところで、これは取れなくても仕方がありません。

BF-20はバフカス落としだけじゃなくて、いろいろ使えそうです。


ケースはご覧のようにてかってますので、やすりでヘアラインをつけます。
イメージ 6

今回は直方体のスポンジに紙やすりを巻きつけたようなスポンジやすりを使いました。

ケースとスポンジやすりを平らな板の上に置き、ケースをやすりに押し付けながら板の上を滑らせます。こうすることで直線的なヘアラインが付きます。


さて、機械の分解です。針と文字盤を外しました。
イメージ 7


曜車と日車押さえを外します。角穴車が日の裏側にあるのが珍しいですね。
イメージ 8


8時の位置あたりにあるのが瞬時送りの部品です。7時から11時くらいの板の下には、その動力源となるかなり強いバネが入っています。
イメージ 9


ここには写っていませんが、組立時の画像には写っていますのでそちらをご覧ください。

次に表側です。二枚しか撮ってませんでした。
イメージ 10
イメージ 11


香箱です。油っ気がなくキシキシとスリップしてましたので、分解してグリスを塗布しました。
イメージ 12



分解が終わったので洗浄します。ベンジンで予洗いし、PMC-10で超音波洗浄。すすいで乾燥させてから組み立て開始です。

ダイヤショック、ダイヤフィックスをつけて注油したら、秒針規正レバーとバネを取り付け、二番車を取り付けて二番受けを締め付けます。
イメージ 13


画像では二番受けがついていませんが、この後表側完成まで写真を撮ってませんでした。
イメージ 14



次に日の裏側です。この機械も複雑なので、ちょっと時間がかかりましたが、焦るとろくなことがないのでじっくり、気持ちを落ち着かせながら作業しました。

左上の大きなバネが瞬時送りの動力源です。
イメージ 15


ここまで部品を取り付けたら、日車、日車押さえを取り付けます。
イメージ 16


曜車を取り付けて、文字盤と針を取り付けてケースに入れて
イメージ 17
イメージ 18


今日も完成しました。
イメージ 19
イメージ 20

閉じる コメント(9)

顔アイコン

こんばんわ
相変わらずの見事なレストアに見とれてしまいます。
5216は亀戸最後の高級薄型ムーブメントのはずが、秒カナ押さえがあったり、部品点数がやたら多かったり(多分56の倍近くあり、ネジの種類も無駄に多い)違和感のあるデザインです。さて風防押さえリングも綺麗に研磨されていらっしゃいますが、固定はどの様に?専門業者は専用のチャックを使って研磨している様子なのですが。

2016/9/14(水) 午後 8:45 [ omcmobile0 ]

部品点数は多いですよね。それで日付を早送りするとゼンマイも巻いてしまうと言う不思議仕様。

私も内径を掴めるチャックがほしいんですが、高いので手で保持してます。原始的ですが。

2016/9/14(水) 午後 11:28 [ toh*ku*on*en ]

顔アイコン

手で保持であそこまで仕上げられるのですか・・・凄いですね。私だとせいぜいミニリューターを使った艶出しくらいしかできません(傷が取れません)
さてBF-20の威力を拝見しましたが、PMC-10から完全に乗り換えされますか?BF-20の方が洗浄能力がありそうで、PMC-10を併用する理由も見当たらない気がするのですが。洗浄能力以外の違いがあるとか?

2016/9/15(木) 午後 11:04 [ omcmobile0 ]

返信が遅くなりすみません。仕事で遠くに来ており、朝早く夜遅かったんです。

ベゼルリングですが、幅が狭いので、エッジが垂れてしまってもあまり目立たないんですが、間違いなく垂れてしまいます。

傷はかなり消えてつやも出るので、エッジの垂れよりもそちらに気を取られるということはありますね。


BF-20への完全移行はまだ先でしょう。PMC-10がまだたくさん残っているというのもありますが、両者の違い、長所短所をもう少し確認する必要があると思ってます。

2016/9/17(土) 午後 3:42 [ toh*ku*on*en ]

顔アイコン

返信、ありがとうございます。
ベゼルリングはサイズさえ合えばフィルムケースにホットボンドで固定して平面研磨して上面だけでも平面を保つ様に心がけてはいるのですが、傾斜部の研磨の際にどうしてもエッジは垂れてしまいますね。
私はPMC-20が無くなってきたので、次はPMC-10を試してみます。

2016/9/17(土) 午後 6:58 [ omcmobile0 ]

顔アイコン

こんばんは。以前、シチズンコスモトロンの巻真をどうやって抜くのか教えていただきました。その節はありがとうございました。今度は目の前にロードマチックスペシャル5216-6010があります。風防とベゼルとケースの間が非常に汚れているので風防を外して綺麗にしたいのですがどのように外していらっしゃいますか?こじ開けをベゼルリングの周上で面がある部分に入れて外すのかと思っていましたがそれらしい面がありません。もしお時間があるようでしたらアドバイスを頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

2017/9/18(月) 午前 1:01 [ z33*_*3 ]

> z33*_*3さん
うちにある個体はこじ開け口がありますよ。きっと、ゴミで埋まっちゃってわからないんだと思います。

2017/9/18(月) 午前 6:53 [ toh*ku*on*en ]

顔アイコン

ありがとうございます。もう少しゴミを排除して観察してみたいと思います。ちなみに、こじ開けを使うときには時計側に傷がつかないような工夫ってされてますか?私はセロテープを使って傷がつかないようにしようとしていますが・・・結構ついてしまいます・・・。

2017/9/18(月) 午前 10:33 [ z33*_*3 ]

顔アイコン

> z33*_*3さん
私は、正確な材質名は不明ですが、梱包または緩衝に使われている厚めの樹脂シートをケースとコジアケの間に入れています。

それでもどこかに必ず傷・圧痕がついてしまいますから、見えるところに傷がつかないようにするのが大切だと思います。

そのために私が気をつけているのは、決してコジらないこと(道具は「コジアケ」という名前ですが)。

こじ開け口(だいたいベゼルやうらぶた側についている)の斜面に沿ってコジアケを差し込み、まっすぐ押します。

カツンという手応えとともに外れるはずですが、さびていたり、汚れで固着しているような場合はそれだけでは外れないので、コジアケを当てる場所を少し動かして同じ作業をします。場合によってはこれを何度も繰り返します。

あとは、コジアケ先端が滑らかな状態であることですね。

先端が変形したりしてると、うまく開けられないし相手へのダメージも増えますので、メンテは大事です(どこかで聞いた話だ)。

2017/9/19(火) 午前 0:11 [ toh*ku*on*en ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事