___SEIKO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新春第二弾はセイコーのスポーツマチック5 6619-8180です。昨年9月に6619-8140を

やったばかりですが、お付き合いください。どうしても入手する時計に偏りが出てしまうのです。
イメージ 1
イメージ 2


状態は、御覧の通り風防のヒビがすごいこと以外は普通です。ブレスに万年カレンダーが

ついていて、汚れだらけですがまだ使えそうなので、これも分解掃除することにします。


裏蓋を取り外しました。合わせ面付近はやはり錆が溜まっていますが、機械への浸水は

ないようです。この年代にしてはきれいな機械です。
イメージ 3


曜車、日車もきれいです。
イメージ 4


曜車の下もきれいですね。
イメージ 5


どんどん分解していきます。
イメージ 6
イメージ 7


日の裏側が終わったら、表側に行きます。どんどん分解していきます。
イメージ 8
イメージ 9


分解が終わったら洗浄して、組み立てます。香箱は分解しましたが、オイルは今回田宮の

モリブデングリスを使いました。8200はもう使わないつもりですが、田宮のグリスも今一つなので

次のグリスを探さなければなりません。


表側から組み立てていきます。まずは香箱から雁木車までの輪列を取り付けます。

四番車はアガキ調整用のワッシャーがありますので忘れずに。
イメージ 10


受けをかぶせてザラ回し、エピラム処理したアンクルをつけ、角穴車を取り付け、動作チェック。

問題ないのでテンプを取り付けます。
イメージ 11


自動巻きモジュールを組み立てて、受けに載せてねじ止め。
イメージ 12


ここで一度日の裏側に行き、部品を取り付けていきます。
イメージ 13
イメージ 14


日車躍制レバーの反対側の壁にオイルを少量塗っておきます。

文字盤と針を取り付けたらケースに入れてローターを取り付けます。
イメージ 15


風防はヨシダの互換品に交換しました。肩が尖っているところがいやで純正を生かしたかった

のですが、一か所割れているところがあるのでやむを得ず交換しました。

ガスケットはパリパリだったので除去せざるを得ませんでしたが、かといって交換部品が

あるわけでもないのでOリングを入れることにしました。これは防水のためではなく、機留めの

代わりです。本来のガスケットが機械を押さえつける役目も持っている(らしい)からです。

また、雨や手洗いの水滴くらいは跳ね返したいので、裏蓋のふちにA★Fの

"Magic Seal"を塗りました。これはずっと前から必要に応じて使ってきましたが、書くのは

初めてかな?

本体はこれでほぼ完了しました。次に万年カレンダーのメンテです。メンテ前は汚れが

厚く堆積しており、カレンダーを動かせない状態でしたので、
イメージ 16

ばらせるところは全部ばらしてじっくり洗浄しました。カレンダーの帯はもちろん優しく手洗いです。
イメージ 17


これらを組み立て、軸の摺動部に注油して完成。
イメージ 18


これは構造を見ると万カレ単体ではなく、ブレスと一体の製品のようです。

'71年ころの製品と思われます。

このブレスを6619-8180につけて完成。
イメージ 19


しかし悲しいことに、ほんの少し短くて使えません(右手なら何とかなる)。万カレだけ使える

方法を考えることにします。

開く コメント(3)

ラドーワールドトラベルの原因不明の止まりに悩まされていますが、こればかりやっていては

気が滅入るので別の時計を並行でいじっています。


本日のネタは、セイコーのセイコーマチック ウィークデーターです。6XXX番の機械は種類が

多いのですが、62XXは初めてになると思います。

手巻きの6220とか6222はやってますが、これらは除きます。
イメージ 1
イメージ 2


風防傷、ヒビがちょっと多めですが、文字盤と針はきれいみたいです。さび付いた裏蓋を開けると、

機械もきれい。Cal.No.は6206B。
イメージ 3


機械をケースから出そうとしたら、ダイヤフィックスのバネが隅に貼り付いていました。受け石も

どこかにあるのでしょうか。ないと面倒です。
イメージ 4



針と文字盤を外しました。日車、曜車はちょっと焼けていますが、文字盤の窓から見る限りでは

気になりません。
イメージ 5


曜車を外すと、日車押さえが大小2枚ありますが、大きい方にルビーが2個。小さい方にはプレスで

突起が成形されています。
イメージ 6


どんどん分解していきます。

地板側のダイヤフィックスは、ご覧の通り両方付いていました。てことは一番受け側が

脱落しているのでしょう。受け石はまだ見つかりません。
イメージ 7


右側のダイヤフィックスは三番車ですが、中が白く汚れているのがわかります。超音波洗浄で

取れればいいのですが、もし落ちなかったら分解しなければなりません。


次に表側に移ります。すでにマジックレバーを外していますが、こちらのダイヤフィックスも

両方付いています。あのバネは何だったんでしょう?
イメージ 8


輪列です。特に書くことはありません。
イメージ 9


自動巻モジュールの裏側です。押さえ板が伝え車とマジックレバーに分離しています。
イメージ 10


香箱はいつも通り分解前後のチェックを行い、メービス8200の具合を確認します。

洗浄後、ダイヤショックを取り付けてダイヤフィックスとともに注油し、結果を確認。

ダイヤフィックスの汚れは超音波洗浄で取れました。その後二番車、香箱・・・と取り付けていきます。
イメージ 11


いつも取りの作業でテンプを取り付け、自動巻も取り付けました。ここまでは順調です。
イメージ 12
イメージ 13



日の裏に移ります。カンヌキバネがこんな形状をしていますが、絶対手作りバネですよね。取り付けに

微妙に苦労しました。
イメージ 14


日車取り付け前の状態です。日車躍制レバーの反対側の壁にオイルを少々塗っておきます。
イメージ 15


文字盤と針を取り付けました。
イメージ 16


磨いたケースに機械を入れ、ローターを取り付けて
イメージ 17


完成しました。
イメージ 18


風防は、裏から押すとヒビが動く!ので、修復不能と判断して在庫を漁ったところ、ヨシダの互換品が

運良く見つかったので交換。

一方、ベゼルは磨いている時にヒビが入っているのを発見。しばらくは大丈夫かな、と楽観していた

のですが、ぱちんとはめ込んだつもりでいたらベゼルが切れた音でした(; ;

新しい風防のため、よけいに負荷がかかったのでしょうか。

すぐ脱落するような感じはありませんし、意外に目立たないのでこのまま使おうと思いますが、

いずれは交換したくなるかな・・・

開く コメント(4)

今回はセイコーのプレスマチックです。ヤフオクで某業者から落札したものです。

外観は風防を含め、あえて手を入れることもないかな、と思うレベルです。

イメージ 1
イメージ 2


OH済みとのことでしたが、「OH済み」があまり当てにならないことは感じていましたので

期待していませんでした。それでも、とりあえず使ってみようということで一日使用したところ、

動作には問題なかったもののパワーリザーブが24h程度しかないことがわかりました。

今まで手をつけたセイコーの時計は感覚で95%が40h以上ありましたので、何かおかしいと

思わざるを得ません。そこで裏蓋を開けたところ、何となくほこりっぽい感じがありました。

耐震装置のオイルもありません。
イメージ 3


業者さんのOHの定義を知りませんが、一般ユーザーが考えるOHの定義に当てはまる作業がされた

時計ではないことは確かです。ということで、分解掃除する理由ができました。

ケースから機械を取り出して、分解開始。針と文字盤はまあまあです。日の裏も部品の破損は

なさそうです。
イメージ 4


分解を進めていきます。
イメージ 5
イメージ 6


次に表側を分解します。香箱に汚れが乗っていますね。
イメージ 7


さらに分解を進めていくと、予想以上に汚れがひどいことがわかりました。
イメージ 8
イメージ 9


どの口がこれをOH済みと言うのでしょうか。まあ、ジャンクに毛が生えた程度の落札額でしたから

損したとは思いませんが、オークションの商品説明の「OH済み」が当てにならないことが半ば常識に

なっているので値も上がらなかったんでしょうね。

輪列受けの裏側です。部品がいっぱいついています。ここもけっこう汚れていました。
イメージ 10


分解した部品は、パーツクリーナーで下洗いします。いつもは継ぎ足しながら全部洗いますが、

今回は汚れがひどいので途中で液を交換せざるを得ませんでした。ガンギ車、四番車の保油装置内には

汚れのこびりつきがあり、この後の超音波洗浄ではきれいにならない可能性があります。

その時は外してきれいにするしかありませんが、このバネは嫌いなんですよね・・・


洗浄が終わりましたので組立開始。ダイヤショックをつけて、注油してから最低限の巻真まわりを

取り付け。
イメージ 11


ひっくり返して輪列その他を組み付けます。その上に受けをかぶせますが、かぶせる前に部品を

全部取り付けなければなりません。
イメージ 12


地板のダイヤフィックスはきれいになりましたが、受けのダイヤフィックスの一つがきれいに

なりませんでした。仕方なく分解しましたが、本当にヒヤヒヤしながらの作業でした。

これをかぶせ、アンクルを取り付け、ゼンマイを巻いてアンクルチェックし、テンプを取り付けます。
イメージ 13


自動巻の部品を取り付け、とりあえず表側は終わり。
イメージ 14
イメージ 15


日の裏に移って残りの部品を取り付けていきます。この機械特有の構造満載で、部品点数は多いし

馴染みがないので、分解時の写真と首っ引きです
イメージ 16
イメージ 17


曜車は二週間で一周します。瞬時切り替えなので回転量を減らすための意味もあると思います。
イメージ 19


曜車の裏。歯が14枚あります。先のシチズンレオパールは7枚でした。
イメージ 18


ケースは結局ベゼルと裏蓋に手を入れました。そのケースに機械を入れて
イメージ 20


完成です。
イメージ 21


汚れはひどいものでしたが、部品の損傷はなく快調に動いています。

今回も香箱にはメービスの8200を使いましたが、前回のような「抜群」さを感じませんでした。

滑りはじめの感触があまり変わらないんです。分解洗浄前よりはいいんですがね。



登録してみました ⇒ にほんブログ村 腕時計




開く コメント(5)

SEIKO 5 ACTUS SS 6106-8750

飽きもせずセイコーファイブ アクタスSSです。
イメージ 1
イメージ 2


ケースがちょっと変わっていて気になったので、ちょっと高めでしたが入札。

外観は、文字盤、針は良さそうですが、風防、ベゼルの正面がひどく傷だらけ。裏蓋を開けると

機械は比較的きれいでしたが、この個体も香箱外周部に擦り跡が。ローターと地板の擦れ跡も

かなりついています。
イメージ 3


文字盤は、ケースに隠れる部分がちょっと傷んでいますが、まずまず。針もきれいです。

ちょっと凝ったデザインですね。
イメージ 4


日の裏側です。きれいです。どんどんばらします。
イメージ 5
イメージ 6


次は表側です。こちらもどんどんばらします。
イメージ 7


香箱を分解する前に、いつも通りスリップチェックしましたが、この香箱は滑り出し、滑り中の

感触が抜群で、これを洗ってモリコートDXを入れるのは意味がないと思えるものでした。

開けてみたところこんな感じ。
イメージ 8


油っ気はないように見えますが、このままとすることにしました。とりあえず香箱真だけは外して

拭いて、グリスをつけて組み込みました。


洗浄して緩衝装置・保油装置に注油後、巻真まわりから取り付け。この機械は手巻きできませんが、

裏返したりする時のハンドルになるので取り付けました。
イメージ 9


輪列、秒針規正レバーを取り付けます。ガンギ車とアンクルにはエピラム処理してあります。
イメージ 10


この後、受けをかぶせてザラ回しし、アンクル・テンプを取り付け、自動巻のモジュールを組み付け。
イメージ 11


ここで日の裏に戻り、残りの部品を組み付けます。
イメージ 12


機械と文字盤の間のスペーサーは、割れたりひびが入っているものが多いのですが、これはしっかり

していました。
イメージ 13


文字盤と針をつけてケースに入れて
イメージ 14


完成です。
イメージ 15



今回のケースは平面基調の形状でしたので、磨きが比較的楽でした。風防は水ガラス5回塗りです。

これだけ塗ると、だいぶ傷が見えなくなります。表面の平坦度はどうしても悪くなりますが、

傷だらけよりはだいぶマシです。
イメージ 16
イメージ 17

開く コメント(2)

SEIKO KS HI-BEAT 4502-7010

前回のウルトラクロンに引き続いて10振動の時計です。通称、45KSと呼ばれているキングセイコーです。
イメージ 1


ガラス風防に傷がそこそこあり、文字盤の汚れは若干ありますが、それ以外は悪くありません。

裏蓋も、下手な磨きはいらないくらいです。
イメージ 2


機械も、問題なさそうです。
イメージ 3


状態は、ゼンマイを巻けば動きますし、カレンダーも異常ありませんが、テンプの緩衝装置の

オイルがありませんのでメンテ時です。


ケースの曲面部分はテカっていますが、よく見ると筋目がありますので、かつてはヘアラインか

サテンのような、いずれにしてもポリッシュではない仕上げであったと思われます。このままでも

いいのですが、傷が気になるので何とかしたいところ。てかてかに磨いてしまうのが一番楽ですが、

たぶん下品になると思うので、現状から推測できるこのケースのオリジナル状態にしてみようと思います。
イメージ 4



文字盤はご覧の通り。1時と2時の間の変色が残念。表面のクリア層の下が傷んでいるので、

手の出しようがありませんから諦めます。
イメージ 5


その文字盤を外します。ここも問題なさそうです。
イメージ 6


日車を外して日送り機構を分解します。
イメージ 7
イメージ 8


この機械は瞬時切り替えですが、スネイルカムを使っています。組立に苦労した記憶があります。

巻真まわりです。ここも普通の時計と若干構造が違いますね。
イメージ 9



次に表側に移り、受けを外しました。四番車が受けに食いついていたため、並びはバラバラです。
イメージ 10


通常の二番受けに当たる中受けを外します。中央には中心カナ、そこにつながっているのは

中心カナ伝え車です。他の機械でも見られるこの構造は、機械の厚さを抑えるために採用されて

いるようです。
イメージ 11



ケースですが、ヤスリで擦ってみました。筋目が直線になっていない点がダメダメですね。この後

ポリッシュをかけてつやありヘアラインにする予定ですが、手を入れない方がよかったかも。
イメージ 12



さて、機械の方を組み立てましょう。受けをかぶせる前にこれだけの部品を取り付けます。
イメージ 13


写真の下にも注釈が入っていますが、この写真の四番車(右下の歯車)は上下が逆ですので注意してください。

正しく組んだところは写真を撮り忘れました。

受けをかぶせ、残りの部品をすべて取り付けます。これで表側は完了。
イメージ 14


そして日の裏側です。日送り機構のところはやっぱりすんなりとは行きませんでしたが、次は

大丈夫でしょう。左から組んでいって、Z形のバネの下を最後に地板のピンに引っかけるようにする

順番がよさそうです。
イメージ 15


残りの部品も取り付け、カレンダーの動き、針送りなどを確認したら文字盤と針を取り付けます。
イメージ 16
イメージ 17


これをケースに入れて
イメージ 18


完成。
イメージ 19


ケースの最終仕上げ後です。よく見ると傷も消えていないし筋目はいかにも手作業って感じだし、

失敗でした。いずれやり直そうと思います。
イメージ 20

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事