___SEIKO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日の時計はセイコーのシーホース17J。シーホースといえばクロノスですが、この時計の文字盤には

SEIKO AUTOMATIC, Sea horse WATERPROOF DIASHOCK 17JEWELS

とあるだけでペットネームが書いてありません。
イメージ 1


裏蓋にはタツノオトシゴの図柄がなく、Sea horseとも書いてありません。
イメージ 2


どういう素性なんでしょうね。特別に珍しいものでもないようですが、あまり詳しい情報はみつかりませんでした。


風防はヒビが入っていますので交換します。外径が34mmですが、このサイズはいくつか在庫があります。
イメージ 3


スポーツマチック用と書いてあるのがこの2種類だったので、この中から選ぶことにしました。外径は同じですが、ケースに合うのは左側でした。
イメージ 4


裏蓋を開けます。機械は6601B。ピンクページによれば、Aもあるようですが、違いは不明とのこと。
イメージ 5


また、おもしろいことに、この機械はウォルサムやUTCというブランドに供給されていたそうですね。どんな時計だったんでしょう。


では、針と文字盤を外して日の裏側から分解していきます。
イメージ 6


巻真周りはとてもシンプル。6619とほぼ同じようです。
イメージ 7


続いて表側です。ローターは外してあります。
イメージ 8


マジックレバーです。基本的な構造は一切変わらず今に至っているのはすごいですね。
イメージ 9


今までマジックレバーの時計をけっこう分解してきましたが、自動巻きが壊れた時計に出会ったことがありません。耐久性も抜群なんでしょう。

一度、オリエントでレバーが曲がっていたものがありましたが、修正はききました。

輪列です。香箱がやや小さく感じます。
イメージ 10


四番車には小さなワッシャーがありますので紛失注意です。
イメージ 11


香箱です。スリップ状態は悪くありませんが、いっぱい巻いたところから戻す時にキリキリという感触があるのと、香箱内のゼンマイの隙間が不自然なところがあるため、久しぶりにゼンマイを取り出すことにしました。
イメージ 12


不自然な隙間の原因は、スリッピングアタッチメントが香箱径に対して長いように見えるのと、先端の曲げがきついところかと思いますが、さて・・・
イメージ 13



部品を洗って組み立て開始。香箱は自作8201改を塗布してゼンマイを入れ、スリップチェックをしたところ、何周か回していたらキリキリはなくなりました。隙間はそのままです。

巻き上がりまで6周でしたので、パワリザは40時間くらいか。ピンクページには38hと書いてあります。


地板にダイヤショックをつけて注油します。
イメージ 14


輪列を組み付けます。ガンギ車はエピラム処理しています。
イメージ 15


ザラ回しがOKなので、角穴車、エピラム処理したアンクル、テンプを取り付けます。
イメージ 16
イメージ 17


日の裏に行って巻真周りを取り付けます。文字盤、針をつけて、磨いたケースに入れます。
イメージ 18


恥をさらすようですが、風防取り付け後、ベゼルを圧入する際に風防にヒビを入れてしまいました。どうも未使用風防取り付けはヘタです。

見えない部分なので良しとしましたが・・・

予め組み立てておいた自動巻きのモジュールを取り付け、ローターを取り付け。
イメージ 19
イメージ 20


竜頭のOリングがなくなっていたので、適当なものを付けておきました。防水性はないでしょうけど、ゴミの侵入くらいは防げるかな?

裏蓋を閉めて完成。
イメージ 21


文字盤は全体的に変色が始まっていますが、インデックスや針がきれいなので、十分です。
イメージ 22


初回使用でのパワリザは、約40時間でした。

開く コメント(2)

セイコーマチックはたくさんのバリエーションがありますが、マチック-Rとか-Aの、オーソドックスなデザインのモデルが好きです。

今回のモデルは、オーソドックスなデザインとは言えないかもしれませんが、琴線に触れるものがあったので、手を出してしまいました。
イメージ 1


針がいいんですよね。輪郭は普通のドーフィン形ですが、正面が平滑な鏡面仕上げ。とても高級な仕様という刷り込みがあります。
イメージ 2


欲を言えば、先端はもっとびしっと尖っていてほしかった。先がカットされていると、なんか変です。ヒエラルキーってやつなのか、デザイナーの考え方なのか。

風防が割れているせいなのか、それほど入札額が上昇することもなく、落札できました。

割れた風防をどうするかまでは深く考えておらず、手持ちの中でなんとかなるかと思ったんですが、外径が同じサイズのものすらなく、結局別途ヤフオクでの調達となりました。

ラグ幅10mmで、ケースブレスともくびれた形状になり、ブレスレット的な雰囲気があります。こういうデザインをビジネス向けモデルに使ったのは、当時、ビジネスの場面でも受け入れられていたからでしょうか、それともセイコーとしての提案だったのでしょうか。

ベゼル、ミドルケースの傷は少ないので、バフがけだけにしようと思いますが、裏蓋は傷多めなのでグラインダーを使うことにします。

ケースから機械を取り出します。Cal.No.は8346A。セイコーマチックオートデイターの8306Aに曜日と手巻き機能を追加したもので、より実用的な機械となっています。
イメージ 3


針と文字盤を外しました。曜車は機械と文字盤に挟まれているだけです。
イメージ 4


日の裏から分解していきますが、83系などの古い機械の分解が久しぶりのため、またやってしまいました。
イメージ 5


まず日車押さえを外す時に、曜躍制レバーバネを飛ばしました。その直後、日躍制レバーバネも飛ばしました。
イメージ 6


巻真周りを分解している時、日早送りレバーバネを飛ばしそうになりました。
イメージ 7
イメージ 8


表側をやっている時には、テンプ受けのダイヤショックバネを飛ばしました。よく飛ばしましたねー大変よく出来ました。

ダイヤショックバネはどうしても見つからないのでジャンクから移植。それ以外は見つかりました。

日の裏の次は表側です。この機械はローターと角穴車の間に介在する部品が多いですね。
イメージ 9


自動巻きのキモ部品を、切替車と呼ばずに反転車と呼ぶのも特徴です。

以前載せたと思いますが、これが反転車を含む83系の自動巻きの動きです。
イメージ 24


輪列は秒カナを採用した中三針式。
イメージ 10


香箱のチェック。スリッピングアタッチメントの滑り方に問題はないので、香箱を開けてみて異常がなければ、また香箱真周りのみ清掃することにしました。

チェック結果、ゼンマイは出さないことに。
イメージ 11



洗浄後、組立開始。地板にダイヤショック、ダイヤフィックス各1を取り付け、注油をします。
イメージ 12


うまく注油できていたらひっくり返して輪列を取り付けます。香箱、二・三・四番車、秒カナ、自動巻きの車をセットします。
イメージ 13
イメージ 14


反転車はホゾ以外絶対注油するなと書いてありますので、それに従います。そして受けをかぶせます。

しかし、一部が浮いてしまい、どうしても受けを取り付けることが出来ません。

かなり悩んだんですが、結論は、三番車と三番車によく似た自動巻きの減速車が入れ替わっていたことが原因でした。

歯車とカナはうまい具合に噛み合っていたので、発見が遅れてしまいました。分解時の写真の確認が間違っていたようです。

過去にやった83系の写真を見て、ようやく間違いに気づきました。

並べなおして受けをかぶせたら、一発で決まりました。受けには予めダイヤフィックスの石とバネをつけ、注油してあります。
イメージ 15


ザラ回し後、アンクルをつけて動作チェックし、爪石に注油したらテンプを取り付け。
イメージ 16
イメージ 17


続いて日の裏側を組み立てていきます。分解する時にはあじゃあじゃしましたが、組立はスムーズに行きました。
イメージ 18
イメージ 19


針と文字盤をつけて磨いたケースに入れます。
イメージ 20


ヤフオクで調達した風防は、外径内径こそ同じだったものの、もともとついていたものより厚く、テンションリングは文字盤に合っていない。

厚いのは、薄過ぎるよりはいいのですが、テンションリングはまずいので、もともとついていたものを使いました。

未使用風防は挿入が固いので、注意が必要です。過去に気を使わず圧入したら割れたことが2度ほどあるので、3回目にならないよう、慎重に作業しました。

完成です。メッシュブレスは社外品と思っていたら、バックルの裏にSEIKOと書いてありました。このモデル用かどうかは不明ですが。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23


83系もいい機械ですよね。5振動ですが、日付は竜頭で早送りできるし、曜日も針の送り戻しで早送りできますので、実用性は十分だと思います。

開く コメント(6)

これからいくつも出てくるはずのアクタスSSです。

今回のアクタスSSは、風防がプラ。確か初めてなのでは?

付け替えられているかもと思って画像検索しましたが、プラ風防でいいみたいですね。

程度はそんなに悪くないように見えます。ケースの傷は大きなものはあまりなく、文字盤の傷みも見当たりません。裏蓋はそこそこ傷があるようですが。
イメージ 1
イメージ 2


裏蓋を開けてみますと、中枠の押さえバネがさびさびで固着していました。
イメージ 3


こりゃダメかもしれませんね。ジャンクにこの部品があったかなー
イメージ 5


巻真を抜いたら、竜頭がまがってました。カレンダー早送りが渋かったのはこのせいでしょうか。四つ割りで掴んで、修正します(画像下半分)。
イメージ 4


日の裏から分解していきます。まずは針と文字盤を外します。おなじみのカレンダー。
イメージ 6

分解を続けます。
イメージ 7


表側に行きます。
イメージ 8
イメージ 9


機械の分解が終わったところで、ケースを分解します。まずベゼルを外します。

コジアケを押し込んで、パキッと外れた音がしたのですが、ベゼルが外れません。数か所にコジアケを差し込んで、ようやく外れました。
イメージ 10


なぜか接着してありますよ。ベゼルが緩かったのかな。

この理由は、すぐ判明しました。風防が緩いのです。適当なサイズの風防がなかったんでしょうね。それを固定するために接着剤を使ったのでしょう。


次にケースを磨きます。今回のケースは深い傷がありません。面やエッジはオリジナルの雰囲気を維持しているようです。ですので、両頭グラインダーを使うか、リューターだけにするか迷いました。

しばし考えた結果、ケース右側のみグラインダーで傷取りをし、その後リューターとバフで仕上げることにしました。画像は研磨前のラグです。
イメージ 11


作業結果です。拡大するとあまりきれいではないですね(^_^; でも肉眼ではそこそこです。こちらがグラインダーで傷取りをしたのち、リューターで仕上げたもの。
イメージ 13


こちらは最初からリューターで傷取り・仕上げをしたもの。
イメージ 14


肉眼ではパッと見変わらない感じですが、光の反射によっては違いが見えます。リューターのみの方はブツブツ(凹み)がたくさん残っています。

傷が大きい場合はこれが顕著になり、バフ掛けだけでは面は出ないわエッジは垂れるわ、ツヤだけはギラギラ出るわでいいことがありません。

私の場合、今回くらいの外観が、リューターのみで何とかなる限界かもしれません。


さて、磨いたケースに風防を入れます。6106-7003の指定風防がわかりませんでしたので、手持ちの中で外径が近いものを探し、これを選びました。
イメージ 15


これを入れるのにも苦労しましたが、結局テンションリングは付けられず、ベゼルも風防を押さえていないというダメダメな状態になってしまいました。


では、気を取り直して機械を洗浄し、組み立てましょう。

今回、ダイヤフィックスの中にも堆積物があったので、やむを得ず受け石を取り外しました。非常に苦手意識が強い部品なので、ヒヤヒヤものです。

洗浄後、地板にダイヤショックとダイヤフィックスを組み付けてから注油します。ダイヤフィックスも、実体顕微鏡の下で作業すればそれほど困難ではないようですね。
イメージ 16


一番受けも同様にダイヤフィックスを組み付けて注油しておきます。
イメージ 17


地板に輪列を取り付けます。
イメージ 18


受けをかぶせてザラ回し、OKなのでアンクルを付けてアンクルチェック、その後テンプを取り付け、角穴車を取り付けます。だいぶ端折ってます。
イメージ 19


日の裏側もどんどん組み付けていきます。
イメージ 20
イメージ 21


針と文字盤を付けて
イメージ 23


ケースに入れ、あらかじめ組み立てておいた自動巻きモジュールを組み付け
イメージ 22


ローターを付けます。中枠押さえのバネは、こんなことになってしまいましたが何とか押さえの役目は果たしそうなので使います。
イメージ 12


ということで、一応完成。
イメージ 24




今回、いつかやろうやろうと思っていて、なかなかできなかったことをやってみました。

各歯車の歯数を数えます。

香箱 83
二番 75-12(前が歯車、後がカナの歯数。以下同じ)
三番 64-8
四番 96-10
ガンギ 15-8
角穴車 59
伝え車(自動巻き) 89-8

この数字を基に、計算をしてみます。

基準を二番車にしてみます。二番車の動きが長針と同じ、つまり一周すると一時間なので、わかりやすいからです。

二番車のカナは12T、これに噛み合う香箱は83Tですから、二番車が1周する時、香箱は12/83回転します。香箱が一周すると、二番車は83/12≒7回転。

香箱一周が7時間ということになり、ゼンマイはフルに巻き上げると約7周巻かれますので、約7x7=49時間が止まるまでの最大時間ということになります。

次に、二番車が一周する時、三番車は75/8周します。この時、四番車は64/10x75/8周します。計算すると60! 当たり前ですが、ちょっと感動。

この時のガンギ車の動きは、というと、四番車一周で96/8周回ります。ということは一時間に96/8x60=720回転

ガンギの歯は15ありますので720x15=10800歯/時 送られます

テンプ一往復でガンギ車1歯が送られるので、この機械の振動数は10800x2=21600振動/時ということになります。


今度は、自動巻き関連の計算をしてみます。

ローターが一周する時、伝え車の鋸歯が10T送られます。これは計算ではなくて、実物を観察した結果ですので、個体により違う可能性があります。

この時、角穴車=香箱真は8x10/89/59≒0.0152回転します。逆に香箱真が7周(=フル巻き上げ)するために必要なローターの回転数は
7x59x80/89≒372回転 89x59x7/8/10≒460回転

我が家のワインダーは一周7.3秒かかるので、
372周回すには約46 460周回すには56分継続運転する必要があるということがわかりました。

思ったより早く巻き上がりますね。

機会があったら他社、他キャリバーについてもやってみたいと思います。

開く コメント(4)

SEIKO 5 ACTUS SS 6106-7490

SEIKO 5 ACTUS SS 6106-7490
今回はセイコーのアクタスSSです。

アクタスSSや5DXがなぜか好きで、安いこともあっていくつも落札してしまいます。今後もいっぱい同じような時計が登場すると思いますが、ご容赦ください。

さて、今回の6106-7490は、「ACTUS」のマークが金色の地になってます。こういうのは初めて見ましたし、在庫の中にももちろんありません。

文字盤がちょっと変色しているのと、ケース・風防に傷が多めの外観。
イメージ 1
イメージ 2

機械はきれいですが、ゼンマイはかなり巻かれているのに動かない状態です。
イメージ 3

今回は外装から手をつけます。ガラスを磨く必要がありますが、単体にしてしまうとやりづらいので、ケースにつけたまま作業してみます。

機械を取り出します。風防の傷はこんな感じ。何もしないわけにはいかないレベルです。
イメージ 4

今までの両頭グラインダーを使った方法は、成功率が非常に低いため、今回新たなマスィーンを導入しました。

まず、金剛砂#400で傷を取ります。この風防は微妙な凸面なので、押さえる場所を変えながら、万遍なく表面を削ります。
イメージ 5

大きな傷が消えたら、セリウムでの研磨を楽にするため、金剛砂#1000で面粗度をよくします。
イメージ 6

画像では違いがわかりにくいかもしれませんが、触ってみると差は歴然です。

そして、キイロビンとニューマスィーンで研磨していきます。30分くらい磨いたら、けっこういい感じになりました。
イメージ 7

以前の方法に比べると、失敗のリスクはかなり低いです。割と安心して作業ができました。作業時間もそんなに変わらない感じ。

というか、前の方法では体が30分ももたなかったです。

ボール盤のような無人運転はできないのですが、レコード溝の問題はありません。カットガラスも、3面くらいなら何とかなるかな?

エッジの欠けはどうしようもないですけどね・・・


研磨が終わったので、ケースを分解します。
イメージ 8

この風防、再接着がされているようです。枠の内周に接着剤のはみ出しが見えます。研磨前からわかってはいましたが、ガラスがきれいになって目立つようになりました。
イメージ 9

貼り直しをしたいところですが、分離しようとして割ってしまうのが一番怖いので、今回は見なかったことにします。

ベゼル、ミドルケース、裏蓋をそれぞれ磨き、風防を含めて洗浄液で洗浄したのですが、洗浄液から出してびっくり。はみ出していた接着剤に洗浄液の色が移っています。
イメージ 10

これはまいった。汚いとはいえ白い文字盤の手前にこの色は目立ちすぎる。さすがに我慢できなかったので、色のついたはみ出し部分をなんとかして除去することにしました。

完全に固まる前なら除去は楽なのですが、完全に固まっているのをはがしたことはないので、恐る恐るドライバーやピンセットでつついてみました。

すると、何とかはがせそうなことがわかったので、慎重に作業を続けました。

途中、枠と風防の間の接着剤も取れてしまった箇所がいくつもあったので、もしかしたらガラスをはがせるかも?と思って裏から押したら、見事はがれました。
イメージ 11

これで、結果的にやりたかった貼り直しができることになりました。

枠に残った接着剤のカスを取り除き、エポキシ樹脂ボンドを塗布します。後のことを考えて、大胆にやります。そしてガラスを貼り付けてしっかり押し付けます。

重しを乗せて硬化を待つのが定石ですが、今回は手抜きで、重石なしでこのまま固まるまで放置します。

今の季節だと、2日くらいは放置した方がいいかもしれません。暖房が常に効いているような環境でしたら一日でいいかも。つついてみて、ぐにゃっとしなければOKです。

ドライバー、ピンセットなどで内側にはみ出た接着剤をじわーっとはがします。2,3ミリはがれたら、そこをピンセットでつまんで、ゆっくり引っ張ります。
イメージ 12


意外にきれいにはがれます。途中で切れてしまったら、また2,3ミリはがしてから引っ張ります。接着剤がちょっとだけ残ってしまったところは、パーツクリーナーやアルコールなどで拭けば取れます。

今回はまだ柔らかすぎたかもしれません。あまりきれいにはがれませんでした。


ということで、外装は完了しました。次は機械の分解掃除ですが、ここまでで、一度にアップできる画像数の半分を費やしてしまいました。

同じ機械は今までいくつもありましたし、今後もたくさん出てきますので、二回に分けるまでもないということで、分解組立については端折りたいと思います。


機械はきれいですが、油は乾ききっているようで、香箱まわりはこんな感じ。
イメージ 13

香箱の中も乾いているので、ばらしてグリスを塗り直すことにします。
イメージ 14



6106Cはマジックレバーなので、パーツクリーナーで洗浄しても問題は出ないはずですが、気分的によろしくないのでベンジンで洗浄しました。

洗浄後、ダイヤフィックス、ダイヤショックを付けます。ダイヤフィックスはいまだに触りたくないのですが、中が汚れていたのでやむを得ず分解しました。

外すのは何とかなりましたが、組み付け時に片方がうまくいかず、地板から離れて飛んで行ってしまいました。

それでも、すぐ見つかって何とかなったんですが。
イメージ 15


次に、巻真まわりの部品を取り付けました。写真には小鉄車が写っていますが、ひっくり返すと落ちるので、外しておきました。
イメージ 16

表側に行って、輪列を取り付けます。
イメージ 17

受けをかぶせ、ザラ回しがOKなのでアンクル、テンプを付けていきます。
イメージ 18

自動巻きのモジュールを組み立て、取り付けます。
イメージ 19

日の裏に戻って、カレンダー系の部品を取り付けます。
イメージ 20

スペーサーを取り付け、
イメージ 21
文字盤を取り付けて針を挿します。
イメージ 22


ここでケースに入れるために巻真を抜いたのですが、なぜかオシドリが外れちゃったみたい・・・

ちゃんと組んであれば、そう簡単に外れるわけはないので、組み付けをミスったんでしょう。泣く泣く文字盤を外してやり直しました。

そしてケースに入れて、ローターをつけて
イメージ 23

完成しました。
イメージ 24


ACTUSロゴの地が金色に見えたのは、たまたま枠の中だけ茶色に変色したようにも思えます。多分そうでしょうね。


今回は、新しい方法でガラス風防を研磨しましたが、以前の方法よりはだいぶリスクが減りました。やっていてヒヤヒヤ感がありません。

やっと時代に追いついたって感じですかねw

開く コメント(2)

今回も前回に引き続き、セイコー56系の揺動レバーの話題です。

前回は、ゴムのり系の3Mプレミアゴールドを使用し、何とか使えそう、ただし耐久性は期待できず、という結果(途中経過)になりました。

今回は、新しく見つけた接着剤を試してみます。それは、これ。
イメージ 1

基本的には二液式のエポキシ系ですが、細かい鉄粉を混ぜ込んであるので鉄並みの強度を持っているそうですよ。ほんとかな?

昔、会社でデブコンという金属補修剤を使っていましたが、その仲間みたいです。

開封後でも25年以内に中身が固まってしまったら無償交換してくれるそうです。すごいですね。


これを使って補修する揺動レバーは、この時計から取ります。
イメージ 2

2011年11月にやったものですが、直後に早送りできなくなり、放置されてました。

ちゃっと分解して揺動レバーを取り出し、分解します。そして実体顕微鏡の下で、歯車に慎重に接着剤を塗布した後、爪を貼り付けます。
イメージ 3


隙間、爪の切れ目にも接着剤を充填し、余分はできるだけ除去。硬化具合は使い切れず残った接着剤でチェック。

一昼夜で十分硬くなったようなので、再び組み立てて、機械に戻します。期待と不安に打ち震えつつ、動作チェック。

ところが、期待に反して一日も送れないうちに壊れた模様。曜車を何とか回せる程度。

顕微鏡で見てみると、爪と歯車は固定されているどころか、両者の間に液状のものが。

注油みたいなことは何もしていないので、接着剤の成分と思われます。

この部品のように微細な部分の接着は、エポキシ接着剤がその性能を発揮できないのかな。

一度しかやってないので断定はできませんが、この接着剤はたぶん決定打にはならないでしょう。

結局、前回使った3Mのプレミアゴールドで再度接着しなおし、とりあえず使えるようにしました。


もっと確実な修理方法は、ヨシさんからもコメントをいただきましたが、部品を作るしかなさそうです。

友輝さんのブログに書かれていた補修部品が、頼んで手に入るならぜひ試してみたいのですが、相手にしてもらえるかな・・・

3Dプリンターを使う件については、今までほとんど調べたこともなかったのですが、個人で手に入るレベルの3Dプリンターは樹脂を溶かして押し出し、塗り重ねていくタイプしかないらしいですね。

ノズルの太さが0.4mmだか0.5mmなので、それ以下の寸法の形状(精度)は出せない、重ねあわせ面は強度が低い、などいいところがない感じでした。

ちょっと調べている過程で、シリコーンモールディングという方法が出てきましたが、これは今回の目的に対しては熱可塑性材料で型を取るやり方とそれほど違いはないようで、やろうと思えば材料はあります。

しかし、あの部品に求められるのは、日車は確実に送りつつ、禁止時間帯に早送りしようとしたら破損せず確実に滑る、絶妙なスリップ特性だと思います。

上記のような作り方でそれが出せるのか、非常に疑問です。

じゃあどうするか。微妙なスリップ特性の実現が難しいなら、滑らせない前提で考えたらどうか。

その場合、禁止時間帯では壊れる可能性があるので、爪を可倒式にしたらどうか。

蝶番などの構造は入れられないので、材料の弾性で可倒式にできないか。

板ゴムから切り出せないかな・・・形状とか、ちょっとイメージが湧かない  ← 今ここ

解決にはまだ時間がかかりそうですわ。

開く コメント(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事