___SEIKO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

45KSその後

先日、ピシっという音がして動かなくなった45KSジャンクですが、ようやく香箱を取り出す気になりました。

補修したところが弾けていると思っていたのですが、取り出してみるとなんと、見た目は変わっていません。

とすると、考えられる理由はひとつ。

これは前回記事に書かなかったのですが、実は某店から取り寄せたゼンマイの内端の巻き径が大きく、

香箱真がスカスカという問題がありました。某店にどういうことか問い合わせたのですが、一週間待っても

何も返事をよこさないので、店と縁を切ることにして自分で内端の小径化を試みました。

しかし、香箱の中にゼンマイを入れたままの作業だったので、うまく縮めることができず、かろうじて

引っかかるようないびつな形になってしまいました。引っかかっていればいいやとそのまま組んで

しまったのですが、たぶんそれが外れてしまったのでしょう。香箱を開けてみたら、案の定でした。


そこで、再度小径化を試みますが、これも香箱内でやったもんだから、引っ掛けの穴があいたところに

無理な力がかかって折れてしまいましたよ。馬鹿ですね。

ここで諦めればよかったのですが、またゼンマイを注文。今度は違う店です。

届いた品物は、前回の店の取り扱い品と同じらしく、同様に内端径が大きい。「小さいのをよこせ」と言っても

出てこないのは多分間違いないので、香箱に入れる前に小径化。今度は何とかゼンマイを壊さずに

作業が完了しました。

で、これを香箱に入れて、地板に取り付け、残りの部品を取り付けて形にし、はやる心を抑えて

手巻きを開始。ジーコ、ジーコ、とりあえず最後まで巻き終わりました。

この時点ではまだ時計は動き出しませんでしたが、45の特徴として始動しにくいところがあるので、

時刻合わせをすれば動き出すだろうということで針を回そうとしました。

しかし、手に伝わる感触は、異常以外の何物でもない。まともに竜頭が回らないのです。

とりあえず針回しはあきらめて竜頭を押し戻しました。ここで秒針が動き始めるはずだったのですが、

悲しいことに針は微動だにせず。

香箱を出し入れした時に何かやっちまったのか?とりあえずまた裏蓋を開けます。

香箱受けと香箱を外し、その状態で竜頭を回してみました。竜頭を押し込んだ状態および

一段引きの状態では問題なし。しかし、二段引いて針回しをしようとすると、さっきの感触が。

輪列を見ると、二番車がわやわやと動いています。えっーーーー!

まさか・・・と思って二番受けを外し、二番車のホゾをチェックしたら

やはりホゾがなくなっていました。なぜ・・・なんで今ホゾが折れるの?
イメージ 1



でも、ちょっと考えたら推測できました。香箱真とゼンマイ内端の引っ掛かりが外れたのって、

外から見たらゼンマイ切れと同じですよね。その衝撃で、香箱ではなく今度は二番車が

やられてしまったのでしょう。

ああ、最初に内端の小径化をもっと慎重にやっておけばこうならなかったはず。

まあ結果論ですけど、ここぞというところで慎重さが足りないのは自覚がありますね。


二番車を注文しようかとも考えましたが、十分お金は使ったし、勉強になったので、

何かの好運で部品が手に入るまで、この時計は封印することにします。

開く コメント(12)

45KSですが、風防の傷多数、文字盤変色、主ゼンマイ切れのジャンクです。
イメージ 1
イメージ 2


45系が好きなので、ついつい入札してしまいますが、高額入札はしませんので、

手元に来るのはだいたいこんなんです。

裏蓋を開けると、機械が意外にきれいなので部品取りにはいいかと思いましたが、

ひとつ思いついたことが。
イメージ 3


45系は強力な主ゼンマイを使っているため、それが切れた時に他の部品を巻き添えにすると、

まことしやかに語られています。

でも、いくら強いゼンマイが切れたからって、香箱の中で起きたことが他の部品を

損傷させるほどのものなのか。

という疑問を常々感じていましたので、こいつを分解してどこの部品が壊れているかを

自分の目で確かめることにしました。

しかし、ただ分解するだけでは面白くないので、そのまま復活させてしまおうと考えました。

45用のゼンマイはヤフオクでも出てきますが、かなり強気のお値段。ジェネリックなら

もっと安いはず、ということでイギミさんに問い合わせると、ヤフオクよりは安い価格。

それを送ってもらうことにしました。

こんなのをこじらせると、無限ループが始まってしまうわけですが・・・


機械をケースから取り出します。文字盤は、微妙な傷み方ですね。ひどい腐食はありませんが、

透明フィルムの下で変色しているため手を出せません。文字盤はこのままにします。
イメージ 4


文字盤の傷みの割には日の裏はきれいですね。
イメージ 5


筒車の座金の下に、もう一枚座金が。なんでしょうか。
イメージ 6


表側です。受けを外しました。これから各歯車を一つ一つよく見ていこうと思います。
イメージ 7



次の写真は二番車です。直接香箱車と噛み合っているわけではなく、中心カナ、

中心カナ伝え車という二つの部品を経由しています。
イメージ 8


伝え車と噛み合っている部分がだいぶ摩耗していますが、これはゼンマイ切れと

は関係ないでしょう。

赤い錆のようなものも見えます。摩耗粉と劣化したグリスが混ざったところに湿気が入り、

錆びたのでしょうか。

これは中心カナ伝え車。全周の赤いのは、二番車と同じものだと思います。
イメージ 9


以降の三番車〜秒車、ガンギ車までは目立つ摩耗や損傷は見られませんでしたが・・・・

最後にチェックした香箱に衝撃の事実が!!

なんと、香箱にヒビが入っています!
イメージ 10


今まで強力なゼンマイが切れた時に道連れになる部品は、二番車とか三番車みたいなところかと

思い込んていて、なぜそこが破損するのか理解できなかったのですが、壊れるのが香箱なら

わかります。強いゼンマイが切れて一気に広がって香箱内周にぶち当たる時の衝撃は

確かに強烈でしょうね。実際、裂けているのはゼンマイの引っかけが入る薄肉の部分です。
イメージ 11
イメージ 12



ゼンマイは用意しましたけど、香箱が逝っているとは思いませんでした・・・

とりあえず目的の半分は達成したのであきらめるか、それとも新しい香箱を調達するか。

選んだのは第三の選択肢。文字盤の干支足用に買っておいた粉末ハンダで香箱補修に

チャレンジすることにしました。詳細は機会があったら書こうと思いますが、

粉末ハンダとフラックスを混ぜて患部に塗り、使い捨てライターバーナーであぶります。

出来上がりがこれ。
イメージ 13


余分なハンダを除去して表面を整えましたが、やっぱりハンダは柔らかいのでだめかもしれません。


さて、次に風防です。御覧のようにかなり傷が多く深いため、汎用ガラス風防への交換が

もっとも妥当な対処法ですが、今回はちょっと違う方法を試します。
イメージ 14


以前は自動車フロントガラスの傷取り用キイロビンを使って研磨をしていましたが、それに代えて

高純度の酸化セリウムを使います。道具は同じで、電気ドリルにバフ。

作業を進めていくと、キイロビンよりは明らかに短時間で傷が浅くなっていくのがわかりました。

現金なもので、変化が著しいと作業時間が長くなってもあまりいやにならないのです。

今までに比べれば随分時間をかけて、ここまで来ました。
イメージ 15


雰囲気は水ガラスを塗ったように見えますね。外周の欠けは絶対消えないし、かなり深い傷も

消せないと思いますので、これが限度かな。


分解と洗浄を終えて、組み立てに入ります。まず、香箱。補修した香箱にゼンマイを入れます。
イメージ 16


この時点では何事も起こらず、復活に向けての第一歩を踏み出しました。

この香箱と輪列を取り付けます。次の写真は受けをかぶせる直前の状態です。
イメージ 17


受けをかぶせて丸穴車、角穴車を取り付けました。ザラ回しはOKです。
イメージ 18


アンクル、テンプを取り付けました。テンワが順調に振動を始めました。
イメージ 19



次は日の裏です。元通りに組み付けていきます。
イメージ 20
イメージ 21


謎の平座金も、入っていた場所に取り付けます。
イメージ 22


その他の部品も取り付けて、日の裏も完了と思いきや、瞬間日送りがうまくいかず、

組んだりばらしたりの繰り返し。瞬間送りのカレンダーは、注油場所がシビアですが、

なんとか送られるようになりました。
イメージ 23


文字盤と針を取り付け、
イメージ 24


ケースに入れて
イメージ 25


完成。
イメージ 26


この後、タイミング調整をしたのですが、その最中に「ピシッ」という音が。

直後のタイムグラファーのカーブも大きく歪んだので、だめかと思ったらその後

持ち直したので、とりあえず調整を終わらせて裏蓋を閉めました。


それから何事もなかったかのように動いていましたが、「ピシッ」という音がしてから

約2時間後、時計は止まりました(; ;)

やはりハンダでは力不足だったようです。

いずれにしても、補修は急場しのぎ(特にこの機械は)なので、交換しかないでしょう。

いよいよ無限ループか?

部品取りジャンクを買うとそうなるので、ここは香箱単品のみを狙いたいところです。

ざっとオークションを見たところでは出品されていないようなので、またイギミさんか?

でも送料が高いしなあ。ここのところ行ってない近所の時計店に行ってみようかな。


                        (たぶん続く)

開く コメント(5)

SEIKO LORDMATIC 23J 5606-7090

これはつい先日入手したものです。手を付けるのが先になると、入手時の状況を

忘れてしまうのでチェックして記録しているんですが、その過程の出来事。

外観はこんな感じで、いい感じのジャンクです。
イメージ 1
イメージ 2


針回しやカレンダー早送りができるかチェックするため、竜頭を引っ張ったらスコーンと

抜けました。オシドリがだめかもしれません。中がどうなっているか気になったので、

急きょ分解することにしました。風防を風防つかみで外したら、本来はケース側に残るはずの

機械も一緒に飛び出してきました。
イメージ 3


巻真の穴付近を見ると、何かが足りないように見えます。オシドリがないみたいですね。

そこで日の裏の分解を進めることにしました。日車、曜車は問題なさそうですが・・・
イメージ 4


日車押さえが浮いています。下の部品に乗り上げたまま締め付けられています。
イメージ 5


さらに分解を進めてわかったのは、裏押さえ・鼓車・吉車・小鉄車がないこと。
イメージ 6


ロードマチックの部品取りジャンクから取れないかと思ったのですが、そちらも鼓車・吉車を

取った後だったので、部品が足りません。やむなくこいつも部品取りに格下げです。

久々にここまで欠品の多いジャンクを買いました・・・こういうこともありますね。


まあ、揺動レバーが金属製のタイプなので使えそうなのは不幸中の幸いでした。
イメージ 7


ケース・文字盤は何とか使えそうですので、手持ちのロードマチックでケースか文字盤に

難があるやつを探して、入れ替えることにします。

開く コメント(3)

SEIKO School Time 5000-7000

今回はいつもとちょっと違う時計を。セイコースクールタイム、7石です。

だいぶ前に買ったセットものの中のひとつです。ケースはめっきみたいで、高級感はありませんが、

渋い文字盤の色が気に入って、分解待ちの列に並べました。その順番がようやく回ってきたのです。
イメージ 1
イメージ 2


はめ込み式の裏蓋を外すと、いかにも普及型的な機械が顔を出しました。
イメージ 3


機械は5002Cと刻印されています。トモニーとかミッキー時計などにも使われていたようです。

巻真の抜き方がわかりませんでしたが、上から押さえているカンヌキみたいなものを外したら

飛び出してきました。

前回のロンジン890.1も表側に抜け止めがありましたね。

巻真を外すのはネジを緩めるだけでいいようです。


出てきた巻真です。普及型機械とは思えない、驚くほど複雑な形をしています。
イメージ 4


ケースから出して針と文字盤を外しました。文字盤は、プラスティックの枠を介して固定するタイプで、

一般的な干支足はありません。
イメージ 5


樹脂部品が多用されているのがわかります。これは日の裏車ですが、先端のホゾのようなものが

曲がっています。プラでこんな細いホゾはあり得ないと思いながらも、もしこれがだめだったら

どうしようと不安にもなりました(^_^;
イメージ 6



表側です。ルビーは脱進機周りに使われているだけです。どんどんばらします。
イメージ 7


アンクル、テンプも含め、すべてを一枚で受けています。恐ろしい。
イメージ 8


香箱真はホゾ別体式のようです。
イメージ 9


香箱は蓋が角穴車を兼ねていました。これはリコーの機械にもありましたね。
イメージ 10


さらに、蓋(角穴車)の反対の歯車は針を回すためのもので、摩擦車になっています。
イメージ 11


これも前回のロンジンと同じですね。

まだまだいっぱい部品がついていますが、どうもこれ以上外れないようです。ほんとはテンワを

外すべきでしょうが、このまま洗うことにします。
イメージ 12


ゼンマイは外端部分が切れ、ちょっと巻くと滑る状態でした。
イメージ 14


ドナーかゼンマイを探すほどの価値も感じなかったので外端をちょっと加工し、巻き込みました。

最終的には滑りますが、巻ける量は増えました。


洗ったら組立です。途中撮影したつもりだったのですが、取り忘れていたようで、いきなり受けがかぶってます。
イメージ 13


軸がいっぱいあるので、受けをかぶせるのはちょっと難しかったですね。テンワの振り石をアンクルの

クワガタに合わせてから受けをかぶせるという作業は初めてでした。

日の裏側も全然写真を撮ってないですね、次の写真がもうこれでした。
イメージ 15


いつも通りケースに入れて
イメージ 16


完成。
イメージ 17


「スクールタイム」ということで、中高生向けだったんでしょうか。機械は普及型ですが、

外観はけっこう好きかも。

そうは言っても、ゼンマイを取り寄せてまで直す気にはなりませんが・・・

開く コメント(6)

腕時計の分解を本格的に始めてから間もないころに分解した時計です。
イメージ 1


今やっていることとだいぶ違う作業内容で仕上げられています。

たぶん、香箱に油がない

たぶん、爪石に油がない

たぶん、巻真まわりに油がない

たぶん、緩衝装置のオイルが不適切

これら以外に、針回しがちょっと重く感触が悪い、という症状があります。


そこで、香箱以外の点について手直しを行うことにしました。

裏蓋を開けて、まずダイヤショックの油の状態を確認。思った通り、

オイルが枠の縁に流れてます。でも、真ん中にもあるのですぐに不具合に

つながるわけではないでしょう。


ケースから機械を出して文字盤を外します。地板側のダイヤショックも、

縁にオイルが流れていました。


最初に針回しが重い症状の改善。筒カナを抜いて、洗って、二番車の

軸の方に注油し、筒カナを圧入。多少よくなりましたが、多少ゴリゴリ感が

残ります。小鉄車と鼓車の噛み合いが悪いのかもしれません。

前よりはずっと良くなったので、ここはこれ以上手を付けないことにします。

次に、巻真まわりに全然油が見当たらないので、適度にグリスアップ。

そして、ダイヤショックの注油をやり直し。

これが終わったら文字盤、針をつけてケースに入れます。

風防も磨きなおしておきました。

作業手順を間違えて日の裏側からやってしまったので、表側の作業は

ケースに入った状態でやります。テンプとアンクルを外して爪石に注油、

そしてテンプを戻してからダイヤショックの注油し直し。石を外して洗浄し、注油します。

これで安心して出品できると思います。

開く コメント(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事