___SEIKO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
久しぶりの分解です。久しぶり過ぎて、作業手順を忘れている可能性が大なので、少しでもミスを減らすため

今までにやったことがある機械計を選びました。それがスピードタイマー6139-6000。

ペプシカラーのタキメーターベゼル、回転するインナーベゼルリングが特徴です。
イメージ 1
イメージ 2


ケースの傷みはあまりありませんが、風防が内側から曇っていますし、針の劣化が目立ちますので、

過去に水分の侵入があったのかもしれません。

しかし、裏蓋を開けてみると、機械は結構きれいでした。
イメージ 3



ケースから機械を取り出します。針は傷んでいますが、夜行塗料が黒くなっていないので、

前にやったものよりはきれいに仕上げられそうです。

文字盤はインデックスが針同様腐食していますが、まあまあきれいですね。
イメージ 5


巻真です。見慣れぬ歯車とばねがついていますが、これは竜頭でインナーベゼルリングを

回転させるためのもの。
イメージ 4


こんな風にインナーベゼルリングの裏側の歯と巻真の歯車がかみ合っています。
イメージ 7


ケースをばらしました。裏蓋やプッシャーが写っていませんが、これらがケースの構成部品です。
イメージ 6



今回は、ある事情によりケースの清掃と研磨から手を付けていきます。

磨くのはケースのサイド、ラグ上面などのポリッシュ部分と裏蓋全面、ベゼルのポリッシュ部分です。

磨きの結果は、いつも満足いくものではありませんが、普通に使う分においては気にならない程度には

なっていると思います。ジャンク品ですと打ち傷が多いわけですが、この傷を消そうとする

とかなり大変なのはやったことのある方ならわかると思います。リューターなどで磨くと傷の面積が

広がっていくし、さらに根気よく磨けば傷はわからなくなりますが面がおかしくなってしまう・・・

ていねいな作業を根気強く続ければいいのかもしれませんが、こらえ性がないのでしばらくすると

ずさんな作業になってしまいます。

ということで今やっている方法は、両頭グラインダーに版画用板を丸く切ったものを取り付け、

そこに青棒をつけて磨くというものです。この方法は広い平面を磨くのには有効ですが、

狭い面を磨くのには多少慣れが必要です。また、ラグの裏など凹面は磨けません。

見た目は平面に見えても、実際にはわずかな凹面になっている面もあって、これを真っ平らに

してしまうと雰囲気が変わってしまいます。逆に凸面は意外に気になりません。

版画用板が新しいうちは青棒だけでぴかぴかになるのですが、すぐにだめになります。

ですので、この方法は傷取り面出しと割り切って、この後にリューターを使った仕上げを行います。

リューターを使った磨きも、みなさんそれぞれ独自の方法を編み出して実施していると思いますが、

私の場合は直径25mmくらいの羊毛パフを使い、まず傷取り面出し時の荒れを白棒で取り、

その後青棒で中仕上げ、そしてピンク棒で最終仕上げをしています。
イメージ 8


ピンク棒というのは某ホームセンターで見つけた貴金属磨き用のもので、商品名は

ピンク棒ではありませんが、忘れてしまったのでそう呼んでいます。

研磨剤も同じ緑色でもメーカーにより違いがあるようで、青棒では細かい磨き傷が

消えなかったのでピンク棒を使っています。


磨きが終わったら組立、と行きたいところですが、文字盤の12時とベゼルのトップをしっかり

合わせたいため、最後にします。クロノ針を挿す時に必要になる可能性があるというのも

理由の一つです。

風防はガラスですが、大きな傷はないのでキイロビンで表面を磨いて、細かな傷のエッジを

なだらかにして水ガラスを一発。
イメージ 9



以上でケース編は終了です。次回は分解洗浄編?








.

開く コメント(8)

SEIKOMATIC-R ひといじり

先週使ったセイコーマチックRですが、微妙にマイナス歩度な点以外は問題なし・・・
イメージ 1


と思ったら、手巻き時の感触がひどいことが判明。

重くなったり軽くなったりでまともではありません。

なぜこうなるのかは大体推測できます。切換車なんですよね。

裏蓋を開けて、自動巻きの受けを外して切換車を取り出します。

パーツクリーナーで洗い直し、注油せずに組み付けます。

そして手巻きをしてみますと、小気味よく巻き上げできるようになりました。

なぜ最初からこうしないんですかね。


切換車って、摩耗させたくなければ注油した方がいいと思うんです。

なので、回転部に注油するんです。たぶん多めに。

でも、油がつくと抵抗が大きくなって、手巻きの感触が

悪くなったりローターが供回りしたり巻き上げ効率が落ちたりする

可能性が出てくるので、注油箇所・量はかなりシビアなんだろうと思います。

その辺のノウハウをもってないんですよね。

某時計雑誌のメンテ特集に出ていた時計師も、切換車への

注油はいつもこれでいいのか迷うとコメントしていました。

サービスマニュアルがネットで見られるセイコーの時計も、

ものによって注油指定されていたり注油禁止のものもあったりします。

ETAのマニュアルを見ると、切換車にはごくわずか注油するよう指示

されていますが、どこに注油するのかよくわかりません。

「注油するならここしかないだろう」と考えたところに注油してますけど。


たくさんジャンクをいじってきて、切換車が明らかに摩耗していた

機械はなかったので、あまり注油にこだわらなくてもいいのかな、

なんて思ったりもしますが。

まあ、自分の時計だけをいじっているうちは、それでいいんでしょうね。





.

開く コメント(11)

SEIKO SKYLINER CALENDAR 21J

久しぶりの更新です。今回は、以前にもやったことがあるスカイライナーカレンダー21Jです。

前回の時計は日車が変色しているため、交換部品取りのドナーとするつもりで落札したのですが、

こちらの方がきれいなくらいなのでドナーとはせず、分解掃除することにしました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3


風防がだいぶ傷んでいるのが残念ですね。中央部の細かいヒビは消せるかもしれませんが、

大きなクラックはどうしようもないと思われます。

製造年は一年違いですが、前の奴は裏蓋にタツノオトシゴがありました。

巻真を抜いたら真っ黒だったので、ひどく腐食しているなと思ったら、どろどろの物質でした。

竜頭の中のOリングが溶け出てきたのかもしれません。
イメージ 4



日の裏側は問題ありません。日車もやや黄色い変色はあるものの、均一なので気になりません。
イメージ 5
イメージ 6


次は表側です。こちらもきれいです。どんどんばらしていきます。
イメージ 7
イメージ 8


香箱はまあまあきれいでした。手巻きですのでゼンマイ取り出しはやめ、洗浄して

注油するだけにしました。
イメージ 9


洗浄が終わったら組み立て開始。まずは表側から。

いつも通りの作業をしているつもりですが、1か月のブランクは影響が大きいのか?

なんだか思うとおりに行かない場面がありました。たまたま楽な三針手巻きを選んだのは

幸いなことでした。
イメージ 10
イメージ 11


そして日の裏側。
イメージ 12
イメージ 13


文字盤と針をつけたら、磨いたケースに入れて
イメージ 14


完成。
イメージ 15


やっぱり風防は消せないクラックが複数ありました。今ヤフオクに純正風防が

出ていますが、本体の倍なのでちゅうちょしてます。せこいというか小心者というか。


中韓問題の記事漁りもだんだん落ち着いてきて、また分解にいそしもうと考えていた矢先、

kindle fireが当たってしまいました。しばらくいじりまくると思うので、次の分解ネタまでは

またちょっと間が空くかもしれません。




【クリック】 ブログ村 【危険!!】


.

開く コメント(0)

SEIKO 5 DX 5139-7040

今日はセイコーのファイブDXです。ファイブDXはいくつも分解してきましたが、

今回のDXは中身が5139A。初めてのパターンです。51系ではSEIKOMATIC-Pや

プレスマチックを過去にやっていますけど、輪列側は似通ってますね。

日の裏側はカレンダー機構が全然違うので、別物のようです。竜頭を押して日付を早送り

できるところは同じです。

外観は、風防の傷が目立ちます。しかし、ケースをよく見ると深い傷はほとんどないため、

リューターだけで仕上げようと思います。
イメージ 1
イメージ 2


機械もきれいです。ゼンマイを半分くらい巻いてからタイムグラファーにかけてみたら、

片振りは少なく歩度もまずまず。

しかし耐震装置の受け石に油がまったくありませんので、メンテは必要です。
イメージ 3



それでは分解に入ります。文字盤はけっこうきれいですが、周辺部に若干の腐食があるのが残念。

長短針にも傷なのか腐食なのかわからない傷みがあります。分解回数は多くないように見えますが、

なぜこんなに針が傷むのかよくわかりません。

いつも通り日の裏側から分解。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


マチックPの5106Aに似ているとはいえ、手巻き機能がないことから、巻真まわりに違いが見られます。

そして表側。香箱も分解します。
イメージ 8


分解後は洗浄し、組立開始です。いつものように表側から組立を始めましたが、

輪列を載せるところでハックレバーが邪魔になることが判明。 

日の裏側にあるカンヌキのピンが表側のレバーを制御しているので、巻真まわりを

先に組み立てなければならないようです。マチックPやプレスマチックの時はどうしたっけ?(^_^;

ということでカレンダー関連部品取付前までやってから表側に移ります。
イメージ 9


二番車はさっきつけたので、ハックレバーとバネをつけて、残りの輪列を取り付けて、
イメージ 10


コハゼやら伝え車をあらかじめ組み付けておいた一番受けをかぶせ、締め付けたらザラ回し。
イメージ 11


アンクル、テンプをつけて自動巻きの部品を取り付けます。
イメージ 12
イメージ 13


この時計、手巻きはできず角穴車ネジもないので、チェックのためのゼンマイ巻き上げ用ネジがついています。

反時計回りの矢印があるところです。似たような機構は8305Bにもついていましたね。

日の裏側をやっつけて・・・
イメージ 14


磨いたケースに入れてローターを取り付けて
イメージ 15


完成です。
イメージ 16


今回は部品紛失とか欠陥などのトラブルはありませんでしたが、なんだか組みにくくて

やけに時間がかかったような気がします。それと、裏蓋をしっかりしめても竜頭の押し引き時に

機械が動いてしまいます。普通ならテンションリングで文字盤が固定されると思うんですが、

それがないので、違う風防がついているのかもしれません。



登録してます ⇒ にほんブログ村 腕時計




.

開く コメント(2)

もう何度もやっているロードマチックですが、ガラス風防についた深い傷をネタにしようと思って

こいつを選びました。
イメージ 1
イメージ 2


裏蓋を開けてちょっとびっくりしましたが、テンプは動いたので何とかなるかと思います。
イメージ 3



日の裏です。粒状の異物がたくさんありますが、さびはないようですね。
イメージ 4


分解が終わったら表側の分解ですが、こちらも異物がたくさん。一番受けの下も

同様でした。
イメージ 5
イメージ 6


自動巻きの二番仲介車に石がありません。25石の機械はここにルビーが2個

使われているはずですが、それがないので23石の機械ということになります。
イメージ 7


ローターには25 Jewelsと書いてありますけどね!!

香箱内はこんな感じでした。滑り具合も悪いというほどではありませんでしたが、分解することにします。
イメージ 8


分解・洗浄が終わったら組み立て開始。まずは表側から。
イメージ 9
イメージ 10


そして日の裏側。文字盤と針もつけます。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13


ケースに入れて
イメージ 14


完成。
イメージ 15


今回の目的だったガラスの深い傷補修ですが、作業中に風防を落として割ってしまったため、

本懐を遂げられないことになってしまいました。そこで、一矢報いるため、ドーム風防を使うことにしました。

このケースは枠にガラスを接着してあるタイプですが、ドーム風防を使うと枠の接着面との空間が

大きくなるため、接着剤の処理が難しいと考えていました。それが実際にはどうなのかを

確認しようというわけです。

結果としては、枠に接着剤を塗る時にいかに均一に適量を塗るかが大事、という

当たり前の結論が出ました。平面ガラスであればはみ出した接着剤を削り取ればよかったのですが、

ドーム風防でははみ出させないことが大事です。

次回はもう少しきれいに貼り付けできるのではないかと思います。




登録してます ⇒ にほんブログ村 腕時計




.

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事