___SEIKO

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

LORDMATIC 23J 5606-7040

今回俎上に上がるのは、セイコーロードマチック。5606Aを搭載していますが、

この機械は一番多く分解していると思います。

玉数が多い、だから安い、まとめ売りの中に入っていることが多い、この機械がわりと好き、

ということで手元に来る数が多くなるためです。

洗って組みなおすだけでけっこういい調子になるので、優秀な機械だと思います。

巻真まわりがやけに複雑だとか、搖動レバーの悪名が高すぎってのはありますが。


今回の個体は、珍しくプラ風防で文字盤に「LM」のアプライドロゴがないことから、

けっこう初期のものということがわかります。製造は'70年3月。
イメージ 1
イメージ 2


分解するとわかりますが、風防・パッキング以外に合成樹脂部品が使われていません。

分解前の状態は不動。針回し、カレンダー早送りは問題ないようです。


ということで、分解に入ります。ベゼルを外し、風防を外します。この時、せっかくなので

純正の風防外し工具を使いました。

しかし、風防をつかんで工具のハンドルをぎゅっと握ったら、ばきっという音が。やっちまったか?

見ると端面と平行にかなりの範囲でヒビが入ってしまいました。
イメージ 3


できれば交換したいところですが、手持ちの交換風防はなく、買うと本体価格の数倍になってしまうため、

プラモデル用接着剤でふさぐことにしました。

針はまあまあ、文字盤はほとんど劣化していないようです。機械もきれいなものです。
イメージ 4



日の裏側から分解していきます。ケースの内側には'80年11月と書かれていましたが、

最後のOHからあまり使われていないような気がします。
イメージ 5
イメージ 6


次に輪列側を分解しますが、テンプ受けを見るとどうも違和感を覚えます。
イメージ 7

何か変じゃありませんか?普通は微動緩急針の歯車があるはずですが、省略されたモデルが

あったんですかね?とりあえず分解を続けることにしました。そしてテンプ受けを外し、

ゼンマイを解放。そして一番受けを外しました。

この機械、テンプ・アンクル以外はすべて1枚の受けで押さえられています。

3/4プレートと言ってもOKかな?3/4の定義が今一つわかりませんが、

地板に対する面積なら3/4以上、押さえている軸の数なら4/5ですかね。

その一番受けを外したら、その下に異様なものが。これが不動の原因だったようです。
イメージ 8



見た瞬間はなんだかわかりませんでしたが、5秒後に事態を察しました。

これは微動緩急装置の歯車だと。本来はけっこうきつく圧入してあるはずの部品が脱落するというのは

どういう状況なのでしょう。この歯車を本来あるべきところに入れてみたところ、何の抵抗もなく

入りました。ひっくり返せば落ちるし、本来の役目も果たせません。接着剤では長くはもたないと

思いますが、場所が場所だけにカシメして圧入しなおすというのもやりたくないので、この歯車はなしで行きます。
イメージ 9


香箱は、チェックの結果ちょっと滑り出しの抵抗が大きい感じがしたので分解します。

分解が終わったところで洗浄。香箱から組み立てます。自作8201改で滑りはよくなりました。

しかし、8200がベースオイルとしていいのか、なんだか疑問です。モリコートDXをベースにした方が

流れ出す心配もなく滑りも良くなりそうな気がします。もはや8200使用をすっぱり諦めるべき時かもしれません。


地板に輪列その他の部品を乗せます。切換車も秒針規正関連部品も忘れずに。写真を見ないで

組むと、いつも三番車を天地逆に組んでしまいます。なぜでしょう。
イメージ 10


ざら回しをやったら角穴車をつけて、アンクルをつけて、動作確認してテンプを取り付け。巻真を挿すと

無事動き始めました。
イメージ 11


次は日の裏側です。巻真周りは部品が多いので、最初は面食らいますね。全体を見渡しながら、

深いところから組み付けていくといいと思います。まずは第一段階。
イメージ 12


そして第二段階。
イメージ 13


カレンダー送りの部品をつけて、日車をつけます。
イメージ 14


曜車をつけて、機械はほぼ終わり。
イメージ 15


次に文字盤と針をつけます。ワンピースケースの場合は、ケースに機械を入れてしまうと

もう歩度調整ができなくなってしまうので、風防に乗せてタイムグラファーで調整。

そしてローターをつけて、ケースに入れます。
イメージ 16


歩度調整、文字盤針の取り付け、ローター取り付けの順番はお好みでいいのではないでしょうか。

ケースに入れたら、機械固定のためのリングをスライドさせて固定します。
イメージ 17


風防を押し込んで、ベゼルをはめ込みます。風防に傷やヒビがある場合は、12時の方向にもっていくと

目立たないと思います。カレンダーの拡大レンズがついている場合は無理ですが。
イメージ 18




登録してます ⇒ にほんブログ村 腕時計




.

開く コメント(0)

SEIKO BUSINESS-A 27J 8346-9000

本日のネタはセイコーのビジネスエース27J。搭載キャリバーは8346です。83系はすでにいくつか

やってますが、秒針に夜光がついているのは国産時計としては珍しいかな?と思って落札しました。

もちろん、もう光りませんが。

御覧の通り、風防の傷が痛々しいです。見にくいですが、長針の夜光も1/3くらい脱落してます。
イメージ 1


裏蓋は大きな傷が1本ありますが、比較的きれい。しかしなかなか開きません。
イメージ 2


今まではどんなに固くても、一度ゆるむとあとはするすると回ったのですが、この裏蓋は回り始めの

固さが外れるまで続きました。
イメージ 3


合わせ面の錆がすごいですね。機械にも回っています。

針と文字盤を外しました。さびのせいで手が震えてしまい、手ブレがひどくなってしまいました。
イメージ 4


日車、曜車を外しました。その下の部品は大丈夫なようです。
イメージ 5


表側です。機留めが入る溝と自動巻き部の受けのさびがひどいです。
イメージ 6
イメージ 7


それ以外の部品は問題ないかと思いましたが、1か所だけ問題が。秒カナが抜けません。

これがこの時計の止まりの原因と思われます。
イメージ 8


香箱チェックではこのままでもいいんじゃないかという感じでしたが、ここはあえて自作8201改を

使うため分解します。
イメージ 9



洗浄後組立開始。角穴車のネジがないので、ぜんまいを巻くには巻真が必要ですから

先につけておきます。
イメージ 10


表側にして、輪列を組みつけます。香箱の横の二番伝え車を付け忘れないようにします。
イメージ 11


受けをかぶせてざら回し、アンクル取り付け、動作チェック、テンプ取り付け。

ここまではまずまず順調です。
イメージ 12


この後、自動巻きの部品を取り付けて受けをかぶせたのですが、ねじを締めこむと

ローターと連結する歯車が回らなくなってしまいます。

さんざん悩んで、あんなことやこんなこともやったのですが変わらず。うーん困った、

と思いながらよくよく見ると、部品の組み付け方向が間違っている模様。

つまらないことで時間を浪費してしまいました。

この写真はその部品が逆向きについています。わかりますか?
イメージ 13


日の裏側に移り、残りの部品を取り付けていきます。
イメージ 14


文字盤と針を取り付けて
イメージ 15


ケースに入れて
イメージ 16


完成。風防は水ガラスを三度塗りしています。
イメージ 17


風防側の防水には2種類のガスケットが使われていますが、純正部品はもちろん

互換品もないのでそのまま使いました。完全非防水です。

夜光が1/3脱落した長針もそのままです。修復する日が来るのでしょうか?


登録してます ⇒ にほんブログ村 腕時計

開く コメント(0)

SEIKO 5 DX 6106-?

ちょっと前にやりました、アクタスSSの裏蓋がついていたファイブデラックスのその後です。

あれから机の上にずっと転がっている(一応ポリ袋に入れて問題点を書いたメモは入れてありますが)こいつを

眺めていたら、裏蓋がアクタス用だから機械が固定できないというなら、アクタスの機械押さえを使えば

固定できるんじゃない? というごく普通の発想に至りました。

そこで、もう手を付けないと書きましたけど、再びいじり始めることにしました。

これはもう部品取りだなっというアクタスSSから機械押さえを取り出します。これは鉄枠にウェーブスプリングが

ついているタイプですが、そのばねが半分なくなってます。これを入れてみたところ、何とか機械が固定できるようです。
イメージ 1
左がアクタスSS用、右が5デラックス用です。


機械の固定はこれで解決。次は竜頭です。ドナーのアクタスSSのものは、竜頭は使えるサイズでしたが

こちらも巻真が短い。そこで6106用巻真を落札しました。

長さを調整して取り付けて、こちらも解決。

最後は問題ありのテンプですが、ドナーのテンプは受けが汚いため交換はせず、修正でごまかしました。

歩度も片振りも調整はできたので、まあ御の字でしょうか。


この機械、自動巻きの受けに「6106C」と刻印してあったのでアクタスSSと同じと思ってましたが、曜日を

早送りできないので組み方間違ったかなと写真を見直したら、早送りできない構造でした。

他の5デラックスを見たら、うちのは全部6106Aを搭載してました。ということは、自動巻きの受けだけか、

モジュールごと6106Cに交換されたということですね。まあ、これは互換性ありの部品ですから問題はありません。


ということで、何とか復活しました。
イメージ 2

開く コメント(0)

SEIKO 5 ACTUS SS 23J 6106-5440

以前、裏蓋がアクタスのものなので機械が固定できず、竜頭もおかしい5デラックスをやりましたが、

その時に巻真を移植しようとしたけど外せなかった分解待ちのアクタスSSがありました。

こちらにもどう考えてもオリジナルではなさそうな竜頭がついていたので、使えるかもしれないと思ったのです。

しかし、巻真の抜き方がどうしてもわからない。やむを得ずこちらはそのままにして、5デラックスの作業を

続行したのでした。



というわけで、巻真が抜けないのがどうしても気に入らなかったので、また6106ですがやっつけることにしました。

今回のアクタスはスクェアというよりTV型というのでしょうか?横長のレクタンギュラーです。
イメージ 1
イメージ 2


以前に巻真を抜こうとしましたので、ケースはすでに分離しています。

外し方は、12時側のラグの間に二か所穴が開いているのでそこに細いドライバー等を差し込んで、

押しながらラグを引き上げます。専用工具もあるようですが、実物を見たことはありません。

このケースの構造ですと、巻真が抜けない限りは機械をケースから出せないはずですが、

文字盤が固定されていなかったため、ケースに入れたまま分解を続けることができました。
イメージ 3


前所有者が何をやりたかったのかわかりませんが、こんな時計を持ち込まれたら時計屋さんは

いやがるでしょうね・・・

写真右上に丸くくりぬいた場所があります。本来はここに巻真を抜くためのレバーみたいなものが

あったはずですが、それらしいものは見つかりません。そういうものがついていたような感じもありません。

曜車、日車を外しました。すると、見慣れぬ部品を発見(裏押さえの上にあるやつ)。
イメージ 4


これが巻真を抜く時のレバーだと思います。これだけでいいのかどうかはまだわかりません。

日の裏をばらして巻真を抜き、ケースから機械を出しました。このケースのチューブ内径は

これまで見たことがないほど大きく、付いていた竜頭では隙間がありすぎて防水どころか

水やゴミが入りまくりです。
イメージ 5


分解を続けます。

日の裏側もそうでしたが、表側も油が多めです。ひげゼンマイがぐちゃぐちゃに見えたので

いやになりかけましたが、ここにまで油が回ってひげ同士がくっついていただけということがわかり、

ほっとしました。
イメージ 6
イメージ 7


香箱のスリップチェック結果は特に問題を感じませんでしたが、ふたを開けたらこんな感じ

だったので、洗って宙にし直すことにしました。
イメージ 8



洗浄が終わったので組立開始です。輪列を載せます。秒針規正レバーを忘れないように。
イメージ 9


受けをかぶせてざら回し、アンクル・角穴車をつけてテンプをつけます。
イメージ 10


自動巻きモジュールは機械台の上で組み立てると楽ってことに最近気づきました。

みなさんはすでにこうやってました?
イメージ 11


このモジュールを一番受けの上に取り付けます。このあと日の裏に行きますが、

ケースに入れる前にローター取り付けを忘れないように。
イメージ 12


忘れるのは自分だけかもしれませんが(^_^;

巻真周りを組み立てました。オシドリを引き上げるレバーは、こうなるのが正しいようです。
イメージ 13


残りの部品を組み付けます。日車を取り付ける直前の状態です。
イメージ 14


曜車まで取り付けました。ここでカレンダー早送りチェックをしたところ、曜日が全く動きません。

曜車や早送り爪には問題がないみたいなので、前の5デラックスのこともあるので巻真をよく見てみたら

巻真と竜頭のねじ込み部に接着剤の塊のようなものがあり、これが干渉して巻真を押し切れていない

ことがわかりました。巻真は最初から交換前提で考えてましたので、よく見てませんでした。

日車、曜車をつけて

文字盤を取り付け、ケースに入れて針を挿します。ガスケットを載せて、
イメージ 16


風防を載せてトップケースをかぶせて押し込んで完成。
イメージ 17


雰囲気は悪くないですよね。汎用品の竜頭では役立たずなので、専用品を見つけなければならないのが

面倒です。いささか、こういうのに疲れてきました(^_^;

開く コメント(0)

SEIKO 5 DX 6106-7580

またもやセイコー5デラックスです。

5デラが気に入ってしまって、一時連続で落札したことがありました。

その時のひとつなんですが・・・巻真は抜けるし、裏蓋を閉めても機械が固定されず、

振るとカタカタ音がする状態。
イメージ 1
イメージ 2


後で気が付きましたが、タイトルの型番はアクタスSSのものなんですね。だから、

Dxのケースにアクタスの裏蓋がついているということで、機械が固定されないのは

当たり前なのでした。

日車が金色なのも気になるところですが、まあよしとしましょう。

機械はそれほど痛んでいないように見えます。
イメージ 3


針と文字盤を外しました。こちらも問題なさそうですが、曜車の抜け止めCリングの

裏表が逆ですね。
イメージ 4


分解を進めていくと、こんなものも出てきました。カレンダー早送りの弧状のバネの

先端かと思いましたが、そうではないようです。
イメージ 5


結局、どこから来たのかはわかりせんでした。

日の裏側は問題なし。日送り車の形状が今までと違うような気がしますが、

こんなものだったかもしれません。
イメージ 6
イメージ 7



表側に行きますと、気づいた点が二つ。一つは、香箱に傷があります。

その位置から、丸穴車と干渉したものと思われますが、どうしてそうなったのかは

不明です。
イメージ 8


もう一つは、自動巻きのモジュールを固定するネジの一つが出っ張ってます。

ローターと干渉するんじゃないかと思いますが、とりあえず作業を続けます。

受けの下は特に問題はなさそう。
イメージ 9


自動巻きのモジュールの裏側の押さえ板の形が初めて見る形状かな?
イメージ 10


分解後はいつも通り洗浄します。香箱はゼンマイを取り出して自作8201を塗りました。

テンプはひげゼンマイが偏っていたので直そうと思いましたが、ひげ持ちからひげ棒までの

変形がひどく、ひげ棒自体も曲がっていたりして、まともな状態にはできませんでした。


洗浄後、巻真周りから組み立てを始めました。
イメージ 11


ここまでやったら表側に行って、輪列を取り付けていきます。
イメージ 12


受けをかぶせて、自動巻きモジュールまで取り付けます。
イメージ 13


再び日の裏に戻り、残りの部品を取り付けます。日車をつける前に動作確認をしたのですが、

なぜか巻真が押せません。組み付けを間違えたかと思い、一度ばらしましたが問題は

見つかりません。と思ったら、巻真の形が違うようです。地板側の穴より太い部分が巻真に

あります。これじゃ押せるわけない。

分解待ちの6106搭載機から巻真を取り出し、比べてみました。上が正規、下がついていた

巻真です。ネジ部の形状が違います。
イメージ 14


実は竜頭も少し大きくてケースの凹みに入らないので、比較用に出してきた巻真をそのまま

使うことにしました。そして組み立てを続け、ケースに入れるところまで行きました。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17


しかし、交換した巻真が短すぎて、どうにもなりませんw

冒頭で書いたように裏蓋も違うため、機械の固定もできず。テンプも問題を

抱えているので、もうこれ以上手を入れるのはヤメますわwww

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事