とかちゃんの株日記

グレアム流の防衛的投資家を目指しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日、トラッカーファンド香港(2800)を全部売りました。

大体180万円分くらい。

これで残るはほぼ、ダウ連動ETF、S&P500連動ETF、米国長期債連動ETFと現金のみ。
だいぶポートフォリオもシンプル化してきました。

それにしてもヤフーブログが終わるとは・・・。

開く コメント(0)

リスク資産割合

2010年 自分 最高で85% GPIF 20%
2011年 自分 60〜66.7% GPIF 20%
2012年末 自分 64.3% GPIF 20%
2013年末 自分 50% GPIF 24%
2014年末 自分 41.7% GPIF 50%
2015年末 自分 41.8% GPIF 50%
2016年末 自分 約40% GPIF 50%
2017年末 自分 44% GPIF 50%
2018年末 自分 40% GPIF 50%

ちょっとリスク資産割合減らすの早すぎたかもしれない。

開く コメント(0)

2018年の投資成績

<2018年の年間パフォーマンス>

2018年の年間投資利益/2017年末の投資資産全体の評価額 -2.6%
2018年の年間投資利益 -1,970,730 円
2018年の年間新規投入金額 400,0000円
2018年末の投資資産全体の評価額 78,280,520 円
2017年末の投資資産全体の評価額 76,251,250円


<生涯損益>

生涯損益 +29,907,958 円(2003年11月から。)
生涯総投入額 48,372,562円(2003年11月、17,500,000円から開始。)


<ポートフォリオ>

1343 (東証REIT指数連動型上場投信 )
DIA (SPDR ダウ工業株平均ETF )
IVV (iシェアーズ・コア S&P 500 ETF )
2800 (Tracker Fund香港 )
IEF ( iシェアーズ 米国国債 20年超 ETF)
TLT ( iシェアーズ 米国国債 20年超 ETF )

上記のうち、DIA、IVVが大半を占めています。まあ日本円(キャッシュ)が一番多いのですが。


<アセットアロケーション>

現金 56.3%
国内債券 0%
外国債券 3.3%
J-REIT 1.3%
日本株 0%
外国株 39.1%


<各種割合>

外貨建て資産 42.6%
リスク資産(株+REIT)40.4%


<今年の取引など>

2018年1月に2800(Tracker Fund香港)を一部売りました。 また、同じ日に1330(上場インデックスファンド225)を全て売り払いました。

いつ頃か忘れましたが日本国債は全て売り払いました。ほとんど利子つかないので・・・。

今年は新規に4,000,000円を投入しました。

2018年12月中旬、ダウ平均がだいぶ下がっていたのでDIAを約35000米ドル分購入。ついでになぜかIEFも22300米ドル分購入。単なるリバランスのつもりだったのですが、結果的に2018年のダウ最安値のときに購入できました。最安値で買えたのはもちろん偶然です。私はタイミングをみて投資しているのではないので。

2018年の春頃から、ドル売りヘッジを始めました。現在のヘッジ率はだいたい65%くらい。現金の円が何もせず遊んでいるのでつい・・・。購買力平価で言うとかなりドル高だと思いますし・・・。平均すると109円くらいでドルを売り建ています。今のところはほとんど損も得もしてませんがどうなることやら。


<感想>

2018年は株価が下がって200万円ほど損したけど、新たに400万円入金したので総投資資産は約200万増えました。

バフェットを信じて、中国株よりもアメリカの指数に連動するETFを重要視しています。
また、グレアムの「賢明なる投資家」に書かれてあるような防衛的投資家としての戦略を信じ、現在はリスク資産(株+REIT)を40%持つことを理想としています。
S&P500のシラーPERがまだかなり高いままですね。

為替は、現在はかなり円安ドル高に振れていると考えているので、外貨建ては約4割としています。もうちょっとドルが安くなって1ドル90円台になったら、いっそ全部ドルにして運用してもいいなと思っています。それだと万一の日本の財政破綻にも対応できますし。

ポートフォリオはもっとシンプルでもいいと思っています。なんならDIAとIEFだけでもいいな。

今年も欲張りすぎず、また恐れすぎず、淡々ととグレアムの防衛的投資家として振舞っていこうと考えています。と言いながらドルヘッジなんてやってますが。

ダウが20000切ったらリスク資産の割合を50%に。
ダウが17500切ったらリスク資産の割合を60%に。
もしダウが15000切ったらリスク資産75%でもいいな。
逆にダウがもし28500超えたらリスク資産を30%に。
ダウが31000超えたらリスク資産を25%と、ざっくりそんな感じで行こう。

開く コメント(0)

2018年12月中旬に、

DIA (SPDR ダウ工業株平均ETF) 約35000米ドル分

IEF(iシェアーズ 米国国債 7-10年 ETF) 約22300ドル分

を購入しました。(米国市場が下がっていたので。)
リバランス目的です。
リバランスの結果、株:債券=4:6となりました。

開く コメント(1)

今日、日本株をすべて売りました。
また、ハンセン指数に連動するETF(香港市場)も売りました。

日本株は130万円(購入額50万円)で売り、ハンセン指数のETFは約200万円で売りました。

売った動機はリバランスです。売った結果、株とREITを合わせた資産と現金・債券の比率は4:6となりました。

今は株高と思いますので、株・REITは4割にすべきと考えています。
投資は基本的に、損をしないように心を配ることが大事だと思います。2012年の割安なときに、まだ下がるかもしれないと恐れていたあのときにあれだけ慎重だったんだから、はるかに割高で下がる確率が高いと思われる今、2012年よりも楽観的であっていいはずがありません。

また、投資はこれから10年先を見据えてすべきとも思います。株高の今に多量に株を保有していて、10年後にそれが今より高くなっているかどうか・・・。こんな高いときに買ったものは10年経ってもそれほど変わっていない可能性もあると思います。

2〜3年前からもっと保有していたらもっと儲かっていたんじゃないか、たしかにそのとおりです。しかしグレアムは、慎重な戦略で儲けが少なくなるということは受け入れないといけないと説いています。

開く コメント(0)

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事