ここから本文です
東海スポーツ編集部のオフィシャルブログ
3投手零封リレー!
女房役・枷場の好リード光る
 
 
9月23日 静岡学生秋季リーグ第5週2回戦 対静岡大 富士球場
 
東海大海洋
002 000 010=3
000 000 000=0
静岡大
 
東海大海洋スタメン
1(中)有元 楓(海3)
2(右)小澤 賢人(海3)
3(一)村井 直季(海4)
4(指)森山 恵介(海4)
5(遊)中木 健太(海4)
6(左)和田 浩太朗(海4)
7(右)加藤 廉(海2)
8(捕)枷場 悠我(海2)
9(三)横田 光輝(海3)
 
バッテリー
坂本和隆(海4)5回→山本健太(海4)2回→孕石幸寛(海2)2回―枷場
 
 
GAME REPORT
前日のゲームでは延長10回までもつれる接戦を制した海洋学部硬式野球部。試合開始を前に同率2位となった静大との直接対決2戦目は、序盤のリードを3投手のリレーで守りきり零封勝利を飾った。
 
イメージ 1
▲先制打を放つ有元
 
 
両者無得点で迎えた3回表。東海大海洋はこの回先頭の加藤が敵失で出塁すると、枷場が初球でバントを成功。続く横田のヒットと盗塁で、1死二、三塁と先制のチャンスを演出する。
そして、1番・有元が中前に弾き返して加藤が生還。さらに2死二塁から村井が「狙っていた」という高めに浮いた変化球をレフト前へ運び、2点を先制した。
今季途中から3番を任されている村井は、「プレッシャーがかかる場面が多い」と苦笑いを浮かべたが、この日はマルチ安打をマークするなど役割を果たした。

イメージ 2
▲タイムリーを放つ村井
 
 
2点の援護を受けた坂本。4回には内野安打と四球で無死一、二塁のピンチを背負うが、次の打者を初球で併殺打に仕留めるなど、毎回のように出塁を許しながら粘りの投球で5回無失点とした。
「野手の皆が助けてくれた」と謙遜したが、ストレートを中心に得意の打たせて取るピッチングでリードを守った。

イメージ 3
▲今季4度目のマウンドとなった坂本
 
 
3点目が欲しい東海大海洋打線だったが、7回に1死満塁の好機を併殺打で逃す。するとその裏に静大がチャンスをつくり、流れが傾きかけた。しかし、今度は6回からリリーフしていた山本が併殺打に打ち取り、反撃ムードを封じ込んだ。

イメージ 4
▲前日先発の山本も疲れを見せず力投
 
 
8回に加藤の内野ゴロの間に待望の追加点を奪うと、この3点を8回からは孕石の連日の好リリーフで守りきった。
 
イメージ 5
▲3点目のきっかけとなる二塁打を放つ中木
 
 
手塚慎太郎監督(東海大職員)は「(前日先発の)山本がいい流れをつくってくれて、今日の坂本もよく踏ん張ってくれた」とねぎらった。「(坂本には)いいストレートを持っているのだから、直球にこだわって攻めていこうと話した」といい、見事に期待に応えた坂本が今季3勝目をマークした。
 
イメージ 6
▲ラスト2イニングを締めた孕石
 
 
この2試合を通じて許した得点はわずかに1。19イニングを引っ張った女房役の枷場(はさば)の貢献度も大きかった。積極的に内角を突き、ランナーを出せば自ら間を取ってマウンドへ向かって投手を支え、失点を防ぎ続けた。
好投を引き出せた要因の一つとして、「打者から逃げるリードばかりだったが、投手の良さを引き出すために攻めていけたと思う」と分析する。
 
イメージ 7
▲坂本()に声をかける枷場
 
 
現在2年生の枷場。春もスタメンマスクを被りながら、勝負所で失点を許し試合に敗れる悔しい思いもしてきた。そこから研究を重ね、「バッテリーから流れをつくる」絶対的な正捕手を目指し成長を続ける。
 
この日の結果で、首位を走る日本大国際関係学部とは1ゲーム差の単独2位だ。次戦以降の優勝争いからも目が離せない。
 
 
☆次戦は2913時より東海大学松前球場にて常葉大浜松キャンパスとの1回戦が行われます。
 
(記事:下山充樹 取材・写真:下山、宮原颯太)

この記事に

春季リーグ戦覇者相手にフルセット

9月23日(日)秋季関東大学リーグ戦 第6日目vs早稲田大
2-3(26-28.15-25.25-23.25-23.16-18)

早稲田大に春季リーグ戦は3-0、今日はフルセットまで追い込み2回のデュースを戦い抜いたが惜しくも2-3のフルセットで敗れた。

【STARTING MEMBER】
(サーブローテーション順)
15島田雅也(体3)(レフト)
2佐藤謙次(体4)(ミドルブロッカー)
19新井雄大(体2)(オポジット)
12山崎彰都(体3)(レフト)
27安部翔大(体1)(ミドルブロッカー)
1永露元稀(体2)(セッター)
18外崎航平(体3)(リベロ)

【途中出場選手】
20真子康佑(体2)(セッター)
21春藤洸介(体2)(レフト)
24井上陽太(体2)(レフト)
31米村恒輝(体1)(センター)

【GAME REPORT】
第1セットから佐藤のブロックが光り早稲田大の強烈なスパイクを見事に止める。安部の速攻につられるとすかさず永露はノーマークの山崎にトスを上げスパイクを打ち込む。早稲田大のサーブミスも目立ち、リズム良く得点を重ねる東海大だが、20点目を超えてから徐々に点差が縮まってしまう。序盤からデュースになるが守りきれず26-28のハイスコアで先手を取られた。

イメージ 1
△永露のトス

第2セットは安部から米村に代わり、 速攻の強化を図る。序盤は競り合い新井が3枚ブロックの内側からもぎ取る、島田がノーマークで決めるなど調子を取り戻すが7-6の1点リードの場面で5連続得点を許してしまう。点差は次第に開いていき最大10点の大量リードをされ、15-25で第2セットを落とす。

第3セット開始から新井のストレート、器用にボールを操る左手打ち、高打点のスパイクと3点連続獲得しチームは盛り上がる。早稲田大の村山豪選手のサーブに乱される場面もあったが外崎、島田のレシーブ力でカバーし攻撃まで持ち込んだ。しかしマッチポイント時に早稲田大が力を発揮し1点差まで詰め取られてしまうが、サーブミスで25点目を獲得し1セットを奪う。
イメージ 2
△外崎がレシーブでチームを救う

第4セットの永露から佐藤のコンビネーションで速攻を決め、さらに新井のサーブで乱し、永露のブロックでリードする東海大。試合運びを順調に持って行き17-14で早稲田大はタイムアウトをはさむが東海大の流れは止まらず米村の速攻が決まり2回目のタイムアウトを要求した。最後は佐藤のブロックで25点目を獲得し、第4セットを取る。
イメージ 4
△米村の速攻

最終セットを迎え、新井はライン間近まで攻め力強いスパイクを決める。シーソーゲームが続くなかで山崎のスパイクとバックアタック、ブロックを佐藤が決め2回目のデュースに。1点ずつに力を込めて戦ったが最後は早稲田大のスパイクに翻弄され、惜しくも敗戦した。
イメージ 3
△新井の力強いスパイク

佐藤は、「最後は実力の差が出て負けてしまった。ここで終わってはいけないので、これからは下位チームと戦うがいつでもチャレンジ精神を持って戦う」と語った。新井は、「春季リーグは手も足も出なかったが今日の試合を終えて少しは成長できたところがあった。自分たちの気持ちを変えずにチャレンジャーの気持ちを忘れずに挑む」と意気込んだ。(吉倉)

この記事に

多彩な攻撃で勝利へつなげる


9月22日(土)秋季関東大学リーグ戦 第5日目vs国士舘大
3-0(25-19.25-18.29-27)
秋季リーグ初日からここまで負けなしできている湘南女子バレーボール部。今日もストレートで勝利し、会場を大歓声でつつんだ。この秋からスタメン入りを果たした原田栞里(体2)は、「もっといろんな攻撃パターンに挑戦していきたい」と勝利への意欲をみせた。

【STARTING MEMBER】
(サーブローテーション順)
28菊池杏菜(体2)(セッター)
15松本愛希穂(体3)(レフト)
3菅原里奈(体4)(センター)
26原田栞里(体2)(ライト)
1貞包里穂(体4)(レフト)
10横田真未(体3)(センター)
7深萱知代(体4)(リベロ)

【途中出場選手】
2小石照美(体4)(セッター)
19飯塚彩乃(体3)(リベロ)
23金田莉実(体2)(レフト)
24園田澄華(文2)(ライト)


【GAME REPORT】
第1セットから菅原や貞包、原田のブロックが順調に決まり、チームに笑顔があふれた。フェイントを入れた攻撃やエンドラインぎりぎりのサーブで原田が相手を翻弄し、2連続で得点を決め、チームは勢いにのる。しかし、第1セットの後半はブロックがうまくいかず、また動きを読まれブロックされるなど相手に流れを持っていかれた。だが、松本の強烈なスパイクで悪い流れを断ち切り、25−19で第1セットを先取。
イメージ 1

△サーブを打つ原田

3点連続でポイントを奪われる少し苦しいはじまりとなった第2セット。だが、横田のクイックを皮切りに松本が2枚のブロックを抜いてスパイクを決めるなど4連続得点を挙げ勢いにのる東海。だが、途中長いラリーで体勢が厳しいなか飯田がボールをつなぐが、主導権を相手に握られ3連続得点をゆるしてしまう展開にみまわれる。しかし、貞包のスパイクで持ち直しプレッシャーに強い園田のスパイクで第2セットを難なく獲得。


イメージ 2
△第2セット獲得後

第3セットは序盤から相手のネットにかかるサーブに揺さぶられ、2連続得点を許す展開となる。横田のクイックや貞包のスパイクが決まるが相手の攻撃をブロックしきれず大きく点を離すことができない。そんななか松本がスパイク、サービスエースを決め流れをつかむが、すかさず国士舘大がタイムアウトをとり流れを引き戻しにかかる。互いに一歩も引かずデュースにもつれ込んだ。シーソーゲームが続くなか松本のスパイクが決まり、会場はかなりの盛り上がりをみせた。最後は貞包のブロックが決まり勝利をおさめた。松本は、「相手を自分なりに分析して動きを頭に入れていた。それを生かして思うように動けた」と笑顔で試合を振り返った。

イメージ 3
△勝利を喜ぶ選手


明日は春季リーグ戦、東日本インカレと敗戦した日本女子体育大との戦いだ。どの選手も思いは強く、「絶対勝つ」と気合十分だ。松本は、「山場になると思うが、しっかり乗り越えてもっと勢いづけたい」と勝利に対する思いを語った。選手たちはリーグ全勝を目指し明日も心をひとつにして戦うことを誓った。(皺次
(写真/吉倉・スコア/高下)

この記事に

1点に全力を注ぐ

9月22日(土)秋季関東大学リーグ戦 第5日目vs筑波大
3-1(25-20.23-25.25-14.29-27)

初戦に勝利して以来、3連敗という悔しい結果のなか、昨日行われた筑波大戦で3-1と、春季リーグ戦準優勝校に見事勝利を収めた。

【STARTING MEMBER】
(サーブローテーション順)
15島田雅也(体3)(レフト)
2佐藤謙次(体4)(ミドルブロッカー)
19新井雄大(体2)(オポジット)
12山崎彰都(体3)(レフト)
27安部翔大(体1)(ミドルブロッカー)
1永露元稀(体2)(セッター)
18外崎航平(体3)(リベロ)

【途中出場選手】
21春藤洸介(体2)(レフト)
24井上陽太(体2)(レフト)
31米村恒輝(体1)(センター)

【GAME REPORT】
第1セット、サイド陣を中心に攻撃をし得点を重ねる東海大。山崎の安定感と新井の高さある2つのスパイクで果敢に攻める。安部のブロックと速攻も決まり、ポイントゲッターとなる片鱗を見せた。4点差が開いた頃には会場中に東海大の声援が鳴り響き、チームは一層盛り上がる。最後まで筑波大に流れを与えずに25−20で第1セットを獲得。
イメージ 1
△永露のトスで試合展開を左右する

第2セットは筑波大の攻撃を封じることができず、序盤から1−6と5点差をつけられ、東海大はタイムアウトを要求。点差を縮めようと攻めるが、サーブミスやトスのミスなど、得点につなげるまでのミスが目立つ。2回目のタイムアウト後は山崎、新井、安部が得点を稼ぎ21−20まで縮めるが、25−23で惜しくも第2セットを逃した。

第3セット開始からシーソーゲームが展開され、緊迫した戦いが続く。キーマンとなったのは、春季リーグ戦ぶりに先週行われた中央大戦からスターティングメンバーに起用された島田だ。「先週からコートに立って試合に臨めたが、チームとして勝てなかったから今日こそ絶対に勝つ気持ちでいた」と振り返り、自らレシーブしスパイクまで持ち込み得点につなげ、巧みなボールさばきを見せる。さらにピンチサーバーとして井上が出場し筑波大のリズムを乱し、14点に封じ込め25−14で2セット目を奪った。
イメージ 2
△キーマンとなった島田

第4セット、筑波大にリードを許し得点を重ね合うが、15−20になりタイムアウトをはさんだ。途中出場した米村がブロック、速攻を決め流れに乗りデュースまで持ち込んだ東海大。一歩も譲らない展開に筑波大のバックアタックを佐藤が一枚ブロックで決め、雰囲気は最高潮に。最後に流れを引き寄せた東海大は山崎が28点目、永露が29点目を決め29−27で勝利した。
イメージ 3
△試合終了後の選手たちの笑顔

「4年生と小澤翔監督(体育学部助教)中心にミーティングをし、先週できなかった1点に全力を注ぐことと点を取ったら全力で喜ぶなど、当たり前のことを大切にしたことが勝ちにつながった」と永露は振り返った。
次戦は春季リーグ戦の覇者、早稲田大。3試合ぶりの白星を獲得し、チームは2連勝へ向かう。(吉倉)
(写真/吉倉・スコア/高下)

この記事に

代打・藤野
リーグ初安打がサヨナラ打!!
 
 
9月22日 静岡学生秋季リーグ第5週1回戦 対静岡大 富士球場
 
(延長10回)
静岡大
000 100 000 0=1
000 000 010 1x=2x
東海大海洋
 
東海大海洋スタメン
1(中)有元 楓(海3)
2(右)小澤 賢人(海3)
3(一)村井 直季(海4)
4(指)森山 恵介(海4)
5(遊)中木 健太(海4)
6(左)和田 浩太朗(海4)
7(右)加藤 廉(海2)
8(捕)枷場 悠我(海2)
9(三)横田 光輝(海3)
 
バッテリー
山本健太(海4)7回→孕石幸寛(海2)3回―枷場
 
GAME REPORT
前週までに6勝2敗で常葉大浜松キャンパスと並んでリーグ3位タイとしていた海洋学部硬式野球部。1試合でも落とすと優勝争いから後退してしまう大事な試合となったこの日は、投手陣の粘りと終盤の劇的な一打で勝利をつかんだ。
 
イメージ 1
▲サヨナラ勝ちに笑顔があふれる
 

海洋学部の先発山本は、初回から走者を背負うが直球主体の投球で3回まで無失点。一方、静大先発の鈴木竜治投手(3年)も要所を締め、投手戦が展開される
 
均衡を破ったのは4回表の静大打線だった。先頭打者が安打で出塁すると、5番・米沢広太郎選手(3年)が右中間へ打球を運び、山本は1点を失う。その後の無死二塁のピンチはなんとか切り抜け味方の援護を待つが、打線は4回以降3イニング連続で得点圏へ走者を進めるものの打線がつながらず1点が遠い。
5回以降の山本は復調し、7回の2死満塁の場面では中木の好守もあり追加点を防ぐ。「攻めていこうと思って腕を振れていた」と山本。7回1失点と先発投手の役割を果たし、孕石へとリレーする。
 
イメージ 2
▲粘投を見せた山本
 

チーム待望の同点打は8回だ。先頭の森山が二塁打で出塁すると、続く中木が初球で犠打を決め、1死三塁から6番・和田がセンターへの犠飛を放つ。代走・井下田謙(海2)が生還し試合を振り出しに戻した。
  
イメージ 3
▲犠飛を放つ和田
 

9回は両チームとも無得点に終わり、10回から延長タイブレーク(無死一、二塁からスタート)へ突入。8回からリリーフし好投していた孕石は、味方の失策もあり無死満塁のピンチを招いた。
しかし孕石は、「裏の攻撃で皆が取り返してくれる」と奮起し、三振・投ゴロ・一邪飛と完璧な内容で窮地を脱した。手塚慎太郎監督(東海大職員)は「バッテリーが開き直って良く抑えてくれた」と2年生コンビをたたえた。ベンチから見守っていた山本も「心臓が強かった。さすがですね」と後輩の活躍を喜んだ。
 
イメージ 4
▲好リリーフを見せた孕石
 
 
代打・藤野 劇的初安打!

ピンチの後にチャンスあり。その裏に1死満塁のチャンスをつくると、代打・藤野零也(海2)が告げられる。藤野は、那須大樹学生コーチ(海4)から「力を抜け」と声をかけられ、「リラックスして臨めた」という。
迎えた勝負の打席。初球を思い切りよく振り抜くと、真っ二つに折れたバットから放たれた打球は内野と外野の間に落ちる「人生初」のサヨナラ打に。しかもこの殊勲打は自身リーグ戦初安打となる記念の一打だった。
 
イメージ 5
▲バットを折りながら中前へ弾き返した藤野

 
「めっちゃうれしいです!」と満面笑みの藤野。身体を大きくするために1日一斤のパンを食べ続け、開幕から1ヶ月で体重を5キロ増量するなど、身につけたパワーと努力が結んだ結果だった。
手塚監督は「ひと振りで勝負を決められる選手。期待以上の結果を出してくれた」と目を丸くしていた。
 
リーグ戦は残すところ5試合。一戦も落とせないだけに、新たな戦力のさらなる活躍にも期待したい。


☆次戦は2313時より富士球場にて静大との2回戦が行われます。

(記事・取材・写真:下山充樹)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事