TOKAI SPORTS

東海スポーツ編集部のオフィシャルブログ

全体表示

[ リスト ]

「接戦を制し開幕2連勝!」
関東大学春季大会 対早稲田大
@東海大湘南校舎ラグビー場

〈スターティングメンバー〉
1PR田草川恵(体2)
2HO新井望友(体4)
3PR中野幹(体4)
4LO中村匡汰(体4)
5LOノア・トビオ(体2)
6FL河野大地(体4)
7FL山田生真(体3)
8NO.8吉田大亮(体3)
9SH山菅一史(体4)
10SO塚野武(体4)
11WTB福田一輝(体4)
12CTB小野木晃英(文4)
13CTB杉浦拓実(体3)
14WTB千葉真之亮(文社2)
15FB杉山祐太(体3)

〈リザーブ〉
16黒田宗平(教3)
17前本健太(体4)
18前田翔(体2)
19小池隆成(体2)
20平田大貴(体4)
21中村友哉(体3)
22丸山凜太朗(体2)
23依田朋己(法4)

〈試合レポート〉
 春季大会2戦目となるこの試合は、昨年度の関東大学対抗戦で帝京大と同立で首位に立った早稲田大と対戦。得点を交互に奪い合うシーソーゲームとなった。
 早大のキックオフから始まると開始わずか2分でスコアが動く。チャンスをつかんだのは早大だ。着実にフェイズを重ね敵陣へ攻め込みインゴールへ飛び込み先制点を奪う。しかし東海大も相手のペースに飲み込まれることなく、鋭いタックルで相手のペナルティーを誘発し、敵陣でのスクラムを獲得した。一時はターンオーバーされたものの、ふたたびボールを奪い返し、ゴール前でフェイズを重ねる。そして最後は塚野が右サイドにいる福田にキックパスを出し福田がそのままトライ。すぐに同点へ追いついた。前半10分に早稲田が5点を追加すると、東海大も敵陣でのスクラムからフェイズを重ねトライ。その後も早大、東海大と交互に得点を重ね21-17で前半を折り返す。
イメージ 1

▲トライを決めた福田

前半は得点を許し追かける展開となった東海大。後半は先制点がほしいところだか、相手に先制トライを許す。ゴール前でスクラムを獲得すると得意のモールでインゴールへ押し込みリードを奪ったがその後、2本のトライを許し28-36と8点差。長らく続いたシーソーゲームに早大が終わりをつげた。しかしその直後、東海大の鋭いディフェンスが光り敵陣でターンオーバーに成功。「相手の行くポイントが分かったので自分なりに体を当てる事ができた」と話す杉浦の力強いランや、相手のペナルティーでさらに陣地を広げラインアウトモールでインゴールへ。わずか1点差となった。
イメージ 2

▲杉浦の力強いアタック

両者ともに得点を許さず試合が進む中、試合終了間際にまたもや杉浦が力強いランで突き進み陣地を広げる。1点差でラストワンプレーという状況にスタンドから溢れるほどの観客が、大きな歓声をあげる。ゴール前で東海大がスクラムを獲得し、そのままモールで押し込み吉田が本日2本目のトライを挙げた。開幕から2連勝、最高の笑顔で喜び合う選手たちを見て、「良い自信につながたと思う。大東文化大戦の課題となった部分もしっかりと修正できていた」と木村季由監督(体育学部教授)は評価した。
イメージ 3

▲喜び合う選手たち

シーソーゲームとなったこの試合で、すべてのコンバージョンキックを成功させ勝利に貢献した杉山は、「キック以外のところでも勝負をしようと思っていたが、課題になっているディフェンスがうまくいかなかった。体を当てられていなかった」と反省点を口にした。
イメージ 4

▲杉山のコンバージョンキック

スクラムや、モールなど数々の場面で圧倒的な強さを見せたFWの中村は、「技術だけでなく体をしっかり当てるというラグビーの根本的な事ができた。春季大会で全勝して、秋シーズンへつなげたい」と意気込んだ。

次戦、関東大学春季大会・帝京大戦は526日、山梨中銀スタジアムにて13時より行われます。応援よろしくお願いします!

(取材・記事・写真:峯本茉弥)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事