TOKAI SPORTS

東海スポーツ編集部のオフィシャルブログ

全体表示

[ リスト ]

『全勝優勝も見えた!帝京大に白星』
関東大学春季大会 対帝京大 @山梨中銀スタジアム

〈スターティングメンバー〉
1PR田草川恵(体2)
2HO前本健太(体4)
3PR中野幹(体4)
4LO中村匡汰(体4)
5LOノア・トビオ(体2)
6FLジョーンズ リチャード剛(文社2)
7FL山田生真(体3)
8NO.8吉田大亮(体3)
9SH山菅一史(体4)
10SO塚野武(体4)
11WTB福田一輝(体4)
12CTB小野木晃英(文4)
13CTB杉浦拓実(体3)
14WTB林隆広(体2)
15FB酒井亮治(体2)

〈リザーブ〉
16黒田宗平 (教3)
17前本健太(体4)
18前田翔 (体2)
19小池隆成(体2)
20河野大地(体4)
21中村友哉 (体3)
22依田朋己(法4)
23千葉真之亮(文社1)

〈試合レポート〉
関東大学春季大会は今年で8年目を迎えた。
昨年度は明治大が優勝したものの、第1回から一昨年までの6年間王座を譲らなかったのは帝京大。春季大会初優勝を狙う東海大はこの試合で、王座奪還を目指す帝京大と対戦した。
試合開始直後、最初にチャンスをつかんだのは東海大だ。セットプレーで、相手にプレッシャーをかけ、相手は2度のコラプシング。敵陣でのラインアウトを獲得し、そのままモールで前本が抜け出し先制トライを奪った。その後も、BKの瞬足でチャンスをつかむがトライには至らず惜しい場面が続く中、前半22分に帝京大が東海大のディフェンスを物ともせずトライ。同点に追いつかれた。リードをしたまま前半を乗り越えたい東海大。自陣でラインアウトを獲得するも、ターンオーバーされる。その後相手のキックをキャッチしきれずノックオンと自陣での相手のスクラムに。帝京大はチャンスをものにし、CTBの岡村晃司選手(3年)が勝ち越しトライを決めた。
東海大のキックオフを帝京大がとると、PRの北隼人選手(4年)に一気に攻め込まれるなど、勢いにのる帝京大に得点を許して19-7。そしてまたもやキックオフ直後から攻められる。東海大のキックオフがタッチラインを越え、相手がセンターラインでのスクラムを獲得。隙を抜かれて帝京大がトライと点差を一気に広げられた。しかし、前半終了間際に相手がノックオンと東海大のスクラムに。コラプシングを誘い、アドバンテージ。その後、キックでラインアウトを獲得しそのままモールでトライを挙げ12-26で前半を終えた。
イメージ 1

△ラインアウトの様子

14点差と、東海大が追いかける展開となった後半。相手のラインアウトでのミスにトビオが飛びつくと、パスをつなぎ一気に攻め込む。そして、杉浦のキックパスを吉田がキャッチし、小野木にパスをつなぐがノックオンと、ゴールラインの手前でペナルティー。相手はスクラムを選択し、パスをつなぐが東海大のディフェンスが光りペナルティーを誘発し今度は東海大がスクラムを選択。ゴールライン間近と、絶好のチャンスで何度もスクラムを組み直したが、得点には至らなかった。相手がゴールライン付近まで攻め込むなど、ピンチもあったが、トビオがターンオーバーし、敵陣までボールを運ぶなど、好プレーで失点を防いだ。両者得点を許さず迎えた後半26分、ゴールライン付近でラインアウトを獲得した東海大がそのままモールで突き進み後半の先制点を奪う。続く後半37分にもゴール前でのラインアウトのチャンスからラックで前田が持ち出しトライと、点差を2点差まで縮めた。残り時間はあとわずか。帝京大のキックオフがタッチラインを越え、得意のスクラムを獲得した東海大。パスをつなぎ、福田が相手ディフェンスを駆け抜けるがノックオン。アドバンテージ中だったため、スクラムを組んだ位置からキックし、ラインアウトに。そのままモールでインゴールまで押し込み逆転に成功。後半は無失点で、帝京大から公式戦初の勝利を挙げた。
イメージ 2

△力強いランで突き進むトビオ
イメージ 4

△前田のトライ

試合後木村監督は、「今日はよくディフェンスも粘れて相手のミスを誘ったりもできていた」と評価した。地元山梨県での試合で、大金星を挙げた田草川は、「最高だった。東海の強みであるフォワードを体現できるのは試合に出れる8人だけ。次の試合もみんなの分も背負ってるからプライド持ってやりたい」と意気込んでいる。
イメージ 3

△インタビューを受ける田草川
副将の中野は、この試合欠場した眞野泰地主将(体4)について、「泰地(眞野)の気持ちも背負って絶対勝とうって思った。グランドにはでていないけれど、ウォーターとしてトライを取られてチームが戸惑った時に、16人目のプレーヤーとして一言言ってくれて、道を開けてくれた」と話す。次戦に向けては、「自信を持っているフォワードを存分に生かしてバックスが自分たちを前に出してくれた所で絶対に取り切る。ディフェンスは我慢ししづけて、基本的なことにフォーカスを当てたい。」と意気込んだ。


☆次戦は、東海大湘南校舎ラグビー場にて、流通経済大と6月9日13時より対戦します。

創部初の春季大会優勝まで残り2戦。熱い応援をよろしくお願いします!

(取材:峯本茉弥、尾澤亜海 記事・写真:峯本)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事