TOKAI SPORTS

東海スポーツ編集部のオフィシャルブログ

全体表示

[ リスト ]

『悔しさが残る接戦に』
6月9日

関東大学春季大会 対流通経済大学 @東海大湘南校舎ラグビー場

〈スターティングメンバー〉
1PR
田草川恵(体2)
2HO
前本健太(体4)
3PR
中野幹(体4)
4LO
中村匡汰(体4)
5LO
ノア・トビオ(体2)
6FL
宮崎大輝(体4)
7FL
山田生真(体3)
8NO.
8吉田大亮(体3)
9SH
山菅一史(体4)
10SO
塚野武(体4)
11WTB
千葉真之亮(文社2)
12CTB
小野木晃英(文4)
13CTB
杉浦拓実(体3)
14WTB
林隆広(体2)
15FB
酒井亮治(体2)

〈リザーブ〉
16
黒田宗平 (教3)
17
田中
𤋮(体2)
18
前田翔 (体2)

19
小池隆成(体2)
20
今井大貴(体3)
21
柴田凌光(体2)
22
依田朋己(法4)
23
赤翔太(体3)

〈試合レポート〉
雨で気温が下がる中、流経大との一戦は、昨年度の関東大学リーグ戦に引き続きドローとなった。
試合開始3分後最初に動きを見せたのは流経大だ。敵陣深くのラインアウトからLOが抜け出し先制トライを奪われた。その後東海大も敵陣でペナルティーを誘発しチャンスをつかむと、前半9分杉浦の華麗なパスを受け取った山菅がトライを決めた。雨が降り始め蹴り合いが続く中、流経大がノックオン。東海大は攻撃の体制に入るが惜しくもトライを逃した。前半25分にはスクラムから押し込みそのままトライ。逆転に成功した。その後もラインアウトを獲得したものの、パスをしたところでノックオン。センターライン近くでスクラムをしたがトライを取り切ることができず14-5で前半を終えた。
「チャンスが多い中で、いつでも取れるだろうという油断から一本一本を取りきることができなかった。」(山田)





イメージ 1

▲ラインアウトの様子


後半8分東海大にチャンスが訪れた。相手選手がボールを落とした隙をつき、ボールを奪う。しかしノックオンと相手ボールに。ターンオーバーに成功したものの、パスをつなぐことができず相手のCTBにそのままインゴールへ飛び込まれ痛恨の失点。後半26分にも相手にゴール前で攻め続けられ、トライを奪われた。コンバージョンも決められ14-19と逆転される。東海大も敵陣でラインアウトを獲得し、ラックから中村が抜け出しトライ。同点へ追いついた。
緊迫した状況が続く中、試合終了間際に敵陣でのラインアウトと絶好のチャンスをつかんだ東海大。ラインアウトでオーバーをしてしまうが尽かさず前田は反応し見事なキャッチ。敵陣深くで攻め続けるが、相手にボールを奪われ、引き分けのまま試合は終了。全勝優勝を目指していたチームにとって悔しさが残る試合となった。
試合後今年度BKリーダーを務める塚野は、「これまでの3戦で自分たちのやるべきスタンダードが上がってきたのに今日で下げてしまった。この負けを無駄にせず次の慶應義塾大戦に臨みたい」と語った。



イメージ 2

▲宮崎の鋭いタックル

イメージ 3

▲コンバージョンを蹴る塚野



☆春季大会最終戦は、東海大湘南校舎ラグビー場にて13時より慶應義塾大と対戦します。
熱い応援よろしくお願いします!

(
写真:峯本茉弥 記事:梅澤利加子、峯本)





閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事