可愛いだけでない話。 宅建管業→行政書士&美女&野球e.t.c.

10/6 PC故障につき、しばらく休止します。皆さん。再会まで、お元気で〜(*^_^*)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1




1/15 大河ドラマ「巧名が辻」見ましたか?




さて、スタートの視聴率が20%を割ったということで心配しました。



あの「空中○○チョップ」の「北条時宗」以来の低視聴率だとか? ↓





NHK大河「功名が辻」華なし苦戦




しかし、いくら「ごくせん」仲間由紀恵さん主演といっても...

「東京湾景」の例もありますからね...




★★★★★



さて、本題です。

ドラマの特集はこちらまで。↓



巧名が辻




複雑な人間関係はこちらです。↓





★★★★★



では、あらすじをおさらいしましょう。 ↓



第2回「決別の河」(1月15日放送分)



一豊(上川隆也)は藤吉郎(柄本明)から槍の腕を見込まれ、信長(舘ひろし)に正式に仕官するまでの間、自分の側にいて身を守ってくれと頼まれる。

一豊は、母・法秀尼(佐久間良子)を訪ね、信長に仕官する許しを得ようとするが、そこで千代(永井杏)と再会する。

千代は法秀尼を母のように慕い、法秀尼も千代と暮らす事を心の慰めとしていたのであった。

千代は、亡き実母の縁を頼ってすぐにでも美濃へ出立するつもりだという。

美濃は、信長が次に攻めるところ。危険だから行くなという一豊の言葉を千代は聞こうとしない。

藤吉郎から明日にでも信長が美濃攻めに出るであろうと聞いた一豊は、千代の身を案じ、急ぎ、尾張と美濃の国境へと向かう。

折しも千代は、河を渡り美濃へ入ろうとしていた。

行くなと叫ぶ一豊に千代は言う。

「亡きかか様が言いました。美濃の人間になれと」。



★★★★★



しかたなく一豊は千代を見送る。

千代は死んだ母の姉の嫁ぎ先、美濃の不破市之丞(津川雅彦)の家を訪ねた。

信長の美濃攻めが始まり、戦さは美濃の智将・竹中半兵衛(筒井道隆)と藤吉郎の知恵比べの様相を呈してゆく。

この戦さの中で藤吉郎は頭角を現し、寧々(浅野ゆう子)と祝言を挙げる。

市之丞の元で美しい娘へと育った千代(仲間由紀恵)は、ある日半兵衛から墨俣への遠乗りに誘われる。

そこは、美濃と尾張の戦にとって要害の地。

奇しくも、幼い千代が尾張から美濃へと渡ってきた川があるところであった。

千代は、河向こうの尾張側に一豊の姿を発見する。

一豊は藤吉郎に連れられ国境の戦線になるであろうこの地を視察に来ていたのだった。





★★★★★




ようやく、仲間由紀恵さんのご登場ですね!




ただ、もう少し、馬場ちゃん...いや、少女時代の千代さんを見たい気もしました。



しかし、千代さんだけ大人に「変身」するのは不思議ですね?





★★★★★




さて、大河ドラマの魅力のひとつとして、豪華なキャスティングがあります ↓






歴史の勉強も兼ねて、少しづつ語りましょう〜♪



山内一豊 (上川隆也)




父・盛豊は尾張岩倉・織田家の家老だったが、岩倉城は尾張統一をめざす信長により滅ぼされ、

一豊は父を失い放浪の身となる。

父の仇・信長との強烈な出会いから信長こそ主と心に決めた一豊は、秀吉に槍の腕を見込まれ、

以後秀吉に従い幾多の戦に従軍。

槍一筋、不器用ではあるが真っ直ぐな生き様を貫く。

政治的な立ち回りは不得手だが、関ヶ原の戦前夜、千代の機転により家康の信任を得、

戦後土佐24万石を得る。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





元気の素、blogランキングに投票のクリックをお願いします。↓





blog人気ランキング






大河ドラマ「巧名が辻」他




kokotoki,509th.





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





ところで、訪問者の皆様へ。



投票企画にご参加お待ちしております。↓↑





古畑系女優投票企画!? 〜 古畑任三郎リターンズに願いをこめて☆ 〜 500本目の記事/投票企画のご案内 〜 060112




★★★★★




ところで、「山内一豊の妻」と言えば、「内助の功」ですよね  ↓







これは、現代にも通じる話だと思います。




★★★★★




さて、今回の話で、「私が勝手に選ぶ名場面」?





「私、戦は嫌い!」という千代に対しての一豊のセリフ。




武士がいなくても、争いは起こる!




この世に、人がいる限り、

いや、生き物がいる限り、



争いごとは、無くならないのですか?

閉じる コメント(6)

顔アイコン

そうか〜そういうお話ですね。 あらすじだけは新聞・雑誌で知ってたんですが・・・ 番組一回見んといかんな〜。 ビフォーアフター子供みてるから録画してみます。 削除

2006/1/17(火) 午前 6:31 [ ぽんた ] 返信する

顔アイコン

たしかに、一豊のセリフ、時代を反映していますよね。 結局のところ、争いは無くならないと・・・。 しかし、無くすように努力することは出来ると思うのです。 今回の千代よ一豊は戦国乱世で、どのように戦を無くすようにしていくのか楽しみです。 削除

2006/1/20(金) 午前 7:26 [ BROOK ] 返信する

顔アイコン

ぽんたサン,大河レス感謝デス。千代姫こと仲間由紀恵さんは「ダウンローズ」で本当に歌手になるそうですよ☆ もしかして、ドラマの中でも歌のシーンがあるかもしれません〜♪

2006/1/20(金) 午後 8:14 tok*_h*2004 返信する

顔アイコン

BROOKサン,大河レス感謝デス。>結局のところ、争いは無くならないと・・・。 しかし、無くすように努力することは出来る...思い出しました。 坂本竜馬さんは、戦をせずに「大政奉還」を果たしたではないですか! そうですよね!「平和維持目的」の「派遣」なんて、利権争いの大義名分にすぎません。そもそも「派遣」なんて言葉が、「派遣社員」みたいで、まやかしです。はっきり「出兵」と表現するべきです。「牛肉輸入問題」は、NOと言えるのに...

2006/1/21(土) 午後 2:51 tok*_h*2004 返信する

顔アイコン

トラックバック有難うございました。2回目の感想、アップしていなくて申し訳ないです。視聴率、低かったんですか。1回目見た感じではドラマとしては面白そうでしたけど。キャストもいい感じだけどなぁ。 「平和」がキーワードのようでしたが、戦国モノでどうやってそれを表現していくかが楽しみですね。 削除

2006/1/22(日) 午前 11:22 [ 悪七兵衛景清 ] 返信する

顔アイコン

景清サン,大河レス感謝デス。視聴率は、千代さんが大人になったので、上がったようです。そりゃ、「ごくせん」と比較するのはどうかと思いますよ。さて、キャストは年代設定が無理があるようですね? ただ、最初のナレーションを見てもわかるように、「歴史初心者にもわかる」ドラマ作りをしているようです☆

2006/1/24(火) 午後 3:09 tok*_h*2004 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事