可愛いだけでない話。 宅建管業→行政書士&美女&野球e.t.c.

10/6 PC故障につき、しばらく休止します。皆さん。再会まで、お元気で〜(*^_^*)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

NHKで放送中の連続テレビ小説「つばさ」でヒロインを演じている多部未華子さんが10日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)を訪れ、現在収録中の次回作「ウェルかめ」のヒロイン・倉科カナさんを激励した。2人はそろって記者会見を行い、多部さんは「撮影期間が長いので、くれぐれも健康に気をつけて」とエールを送り、倉科さんは「共演者の方々やスタッフに支えてもらうことも多いが、持っている力を出し切りたい」と答えた。

記者会見が行われたのは、倉科さんが演じる主人公・浜本波美(はまもと・なみ)の実家である民宿「はまもと荘」のセット前。それぞれのテーマソングとともに登場した2人は自己紹介をした後にドラマにちなんだプレゼントを交換。多部さんはさつまいもや川越いも菓子などを、倉科さんは波美の父親(石黒賢)が民宿の客に渡す亀の木彫りや徳島県特産のすだちなどを贈った。多部さんは「これですだちジュースを作りたい」と笑顔。倉科さんも「私は大好物の大学いもを」と話し、初対面ながら和気あいあいとした雰囲気が流れた。

 「つばさ」はすでに先月クランクアップし、今月26日で放送終了。多部さんは約10カ月に及んだ撮影の日々を「最初は与えられた仕事をこなすだけで精一杯だったけれど、途中から主人公なんだという自覚が出てきた。精神的にも強くなれたと思う」と振り返った。一方、28日から始まる「ウェルかめ」は6月30日から収録を始め、現在は撮影3カ月目。倉科さんは「撮影でウミガメと接しているうちに、共演者の顔もウミガメに見えてきた」と話し、会場は笑いに包まれた。
 








https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2d/d9/toki_hp2004/folder/598746/img_598746_12956235_63









倉科カナさんって、

確か、

「ミス・マガジン」系の(?)

「グラビア・アイドル」

だったと、思います。



が。



ドラマや、

バラエティ番組で、

拝見した記憶、

無いですな〜(>_<)



ところで。



>共演者の顔も

ウミガメに見えてきた

・・・!?



そういえば。


「菅ちゃん」

こと、

菅野美穂たんが

・・・

「○○○○の娘」

というドラマで、

主演をしていました。



で。



いまだに、

「菅野美穂を見ると、

○○○○に見える。」

等という人が、

たまにいますな〜?



ということは

・・・

この、

倉科カナたんも

・・・

「ウミガメの娘。」

とか、

呼ばれるのかしらん〜〜〜(*^_^*)







https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2d/d9/toki_hp2004/folder/598746/img_598746_12956235_4






kokotoki,3367th.










https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f1/9a/ayme084/folder/288130/img_288130_2453875_26?20060414110412.gif
  

開く トラックバック(5)

70年代に一世を風靡した美男子・草刈正雄だがその娘、草刈麻有が本格的な女優活動を開始し、映画『蘇りの血』でヒロインを体当たりで演じている。

 草刈麻有は16歳。映画デビューは父と共演した映画『0093女王陛下の草刈正雄』。その後TBS「3年B組金八先生」 やWOWOW 連続ドラマW「プリズナー」などに出演し、雑誌「セブンティーン」の専属モデルとしても活躍するなど、めざましい活躍で注目を集めた。そんな中、映画での本格的なヒロイン役はこの映画『蘇りの血』が初めて。主演の中村達也演じるオグリに愛を意識させるヒロイン役・テルテを好演している。

 その演技力も、もちろんだが、注目すべきはその美少女っぷり。父親の草刈正雄はアメリカ人の父を持つハーフで、彫りの深い顔立ちで甘い雰囲気を醸し出す。資生堂のCMや数多くの映画に出演し、70年代当時、多くの女性をとりこにした当代きってのハンサム。母親はそんな草刈を射止めたナイスボディな巨乳美女のモデル・大塚悦子。そんな遺伝子を受け継いだ麻有が美少女なのは当たり前といえば当たり前。その美少女・麻有が男に、愛によって再生する力を与えるほどの体当たり演技を披露する。

 監督は『空中庭園』以来、4年振りの新作となる豊田利晃。「『蘇りの血』は僕の新しいデビュー作です」と言い切るほどこの映画への意気込みは並々ならぬものが感じられる。

映画『蘇りの血』は12月、ユーロスペースほか全国にて公開

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事