可愛いだけでない話。 宅建管業→行政書士&美女&野球e.t.c.

10/6 PC故障につき、しばらく休止します。皆さん。再会まで、お元気で〜(*^_^*)

TV(ドラマ)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

「BOSS」の

天海祐希さん。

本当に、

ドラマの

「BOSS」

ですな〜(^^)




4月にスタートした各局のドラマ視聴率が軒並み伸び悩んでいる。それにともない、タレントはギャラが2〜3割カットされ、現場から悲鳴があがっている。

 5月第1週の民放とNHKの連続ドラマ23本の平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を比較した。20%超えは、NHK大河ドラマ「天地人」(日曜午後8時)の20.2%だけ。吉川晃司演じる信長の「本能寺の変」の場面で“サブリミナル疑惑”が報じられたが、皮肉なことに、それだけ注目されているドラマだったともいえる。

 及第点の15%前後を見ても、天海祐希の刑事役が話題の「BOSS」(フジテレビ系、木曜午後10時)15.8%と、内野聖陽が検視官を演じる「臨場」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の14.4%のわずか2本。

 視聴率が10%に満たない1ケタのドラマが全体の半数をはるかに超える15本にものぼった。

 「5月初めは大型連休の最中とあって、在宅率が低かった影響もある。それにしても、中居正広と上戸彩が出演する月9ドラマ『婚カツ!』や、松本清張ドラマの『夜光の階段』も、わずかに2ケタに届かなかったのは深刻です」(テレビ誌編集者)

 こうした視聴率低迷と同時に、現場から聞こえてくるのが、非情な出演料の削減だ。芸能評論家の肥留間正明氏が語る。

 「この春から、出演者のギャラのカットが始まった。1人当たり2〜3割減や出演回数の半滅などロコツ。制作サイドでもロケを減らして、社内撮影で済む番組が目につくようになっている」

 下請けの制作プロダクションのスタッフが内情をこう嘆いた。

 「午前7時半すぎの現場は朝食が出ない。手配するロケ弁も1000円程度だったのを今は、できるだけ500円に近づけるように努力している。制作費が抑えつけられているからですが、局のプロパー社員は今も高額の給料をもらっていることを思うとフクザツ。文句を言えば切られかねないから、耐えるしかないんですが…」

 ガマン比べはどこまで続くか。








https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2d/d9/toki_hp2004/folder/598746/img_598746_12956235_24

我らの

井上和香「姫」

ご出演中の

朝ドラ「つばさ」。



朝。

BS-Hi,

BS,

地上波、

夜。

BS。

4回放送

していまっする〜〜(*^_^*)









さて。



綾瀬はるかたん

ご出演のドラマ。

始まりました〜(^^)



話には

聞いていましたが

・・・

本当に、

「豪華キャスト」!



そのせいで、

他のドラマが

・・・

「役者不足」に

なったのかしらん〜(>_<)



それなら、

いっそのこと

・・・

ドラマの本数を

半減してですな

・・・

「朝ドラ」みたいに

・・・

週2回以上

放送するとか〜?



人によって、

生活の時間帯は

異なりますし

・・・

「夜更かし防止」

の為にも

・・・

深夜ドラマを

早朝ドラマ(?)

にしても

よろしいかと

思いまっする〜(^^)



ところで。



話は、変わりますが

・・・

当ブログを

ご存知の皆さん。



説明するまでも

ないでしょうが

・・・

私は、

凹んで

いるのであります〜(>_<)



その原因は

・・・

週刊誌の

「交際報道」

だけ、でない話。



和香「姫」のブログ

「和香のキモチ」での

「告白」に

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・









https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2d/d9/toki_hp2004/folder/346760/img_346760_57110337_1









「喝!」

ですな〜〜〜〜(>_<)



ちなみに。



和香姫は

「アメーバ」

ブログですが。



同じ「アメーバ」の

辻ちゃんが、

アクセス・トップ

だそうです。



まさか、

和香姫

・・・

辻ちゃんに

対抗して

・・・

「アラサー」

主婦ブログを

始めたりして〜〜〜(>_<)







https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/2d/d9/toki_hp2004/folder/598746/img_598746_12956235_4






kokotoki,3195th.










https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f1/9a/ayme084/folder/288130/img_288130_2453875_26?20060414110412.gif
 

イメージ 1

人気グループ・NEWSの山下智久が、7月スタートの新“月9”ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜(仮)』(フジテレビ系)に主演することが21日、同局より発表された。ヒロイン役は女優の北川景子。実業団バスケットボール部に所属する、気弱だが真っ直ぐな男と、気が強く明るく前向きだが素直になれない女が、恋と友情に悩みながらも成長していく姿を描いた青春ラブストーリー。共に明治大学卒業の新コンビが“新月9”を盛り上げる。

山下の主演ドラマといえば、『クロサギ』(TBS系)『プロポーズ大作戦』(フジ系)、そして昨年夏の『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジ系)などヒット作が多数。これまで『コード・ブルー』に代表されるような、クールな役どころが多かった山下だが、今作では一転、仕事も恋愛もバスケも、いざという時に“本番に弱い男”を演じる。三枚目役に挑戦する山下だが、「見てくれた人が明日も頑張ろうと思ってくれるような明るくて楽しいドラマにしたいです。お父さんも一緒に見られる作品を作りたいと思います」と笑顔で語るなど、すっかりお気に入りの様子だ。

 ヒロインを務める北川は、元セブンティーンの専属モデルで、2007年『モップガール』(テレビ朝日系)で連続ドラマ初主演を務め、6月には映画『真夏のオリオン』が公開予定されるなど、今やすっかり人気女優の仲間入り。連続ドラマ出演は、昨年夏の“月9”ドラマ『太陽と海の教室』以来。旬な2人のラブストーリーに、同作のプロデューサーである中野利幸氏も「今、最も輝いている出演者と不景気を吹っ飛ばすぐらい、明るくて、ときどきキュンとするドラマをお送りしたいと思います!」と自信をのぞかせている。

 また、共演者も豪華な顔ぶれだ。主人公の彼女で、“大人の女”を演じるのが相武紗季、北川演じるヒロインの親友で、恋をかき回す役に貫地谷しほり、山下の同僚役として、現在『BOSS』(フジ系)に出演中の溝端淳平らが脇を固める。さらに、伊藤英明が山下の良き理解者であり、ゆくゆくは恋のライバルになるという魅力的な大人の男を演じる。

 脚本は『カバチタレ!』『ランチの女王』『不機嫌なジーン』(フジ系)『風のハルカ』(NHK朝の連続テレビ小説)『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)映画『デトロイト・メタル・シティ』『ヘブンズ・ドア』など、数々のヒット作を手掛ける大森美香さんが、4年ぶりにフジテレビ連続ドラマの脚本を務める。6月上旬クランクイン予定。

イメージ 1

NHKは22日、2010年春からの朝の連続テレビ小説(NHK総合・前8:15〜ほか)が人気漫画『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげる氏の妻・武良布枝さんの自伝を原案にした『ゲゲゲの女房』に決まったと発表した。好きなことに命懸けで打ち込む夫を支えるヒロインとその家族を描いた昭和の青春物語で、家族年代記になるという。シリーズ通算82作目で制作はNHK東京。出演者は後日、発表される。

 原作は、武良さんの目から水木夫妻の半生を振り返った2008年刊の同名作品。楽天的で働き者のひとりの女性が“無名の漫画家”とお見合い結婚し、その後、夫の才能や人格の魅力に気づいていく。新婚の2人が東京都調布市に新居を構え、赤貧の時代からやがて有名作家となり夢をつかんでいく過程を、戦後の日本が少しずつ復興していく戦後史と重ねて“大切な人とともにいること”の大事さを描く。

 脚本はNHK金曜時代劇『御宿かわせみ』『慶次郎縁側日記』や土曜ドラマ『トップセールス』などを手掛ける山本むつみ氏。制作にあたって「どん底の貧乏時代も、売れっ子になってからも、「女房」の生き方はブレません。身の上に起きることをあるがままに受け止め、「お父ちゃん」と一緒に、毎日を精一杯生きていきます。普通で自然体で、それでいて腹の据わった生き方の力強さに、私は惚れてしまいました」とコメント。前職が編集者ということから「戦後の出版界を担った漫画家や編集者たちの熱き奮闘ぶりを描くことにも、ちょっと燃えているのです」と自らの経歴にも重ねて表現していく。

 ドラマの舞台は、新婚生活から現在まで続く創作の拠点地・調布を中心に武良さんの故郷である島根県安来市、水木氏の故郷である鳥取県境港市も登場。放送予定日は、来年3月29日(月)から9月25日(土)まで全156回。
西城秀樹は交渉が成立して帰る時、
ちょっと振り返り、、つばさに
「あんたとは、いづれまた、別の形で
 会うかもな・・」と言って、

そのあとでカノンに「あばよ!」と
カッコ良く決めポーズをした。

加乃子はデリカシーのかけらも無いから
気付かなかったけど、秀樹は、つばさに
昔ホレていた加乃子の姿を見たんじゃないの?

*******************
「甘玉堂」の厨房。
竹雄と千代が従業員に退職金をあげている。

(千代)「せめての気持、受け取って下さい」

(従業員、その1)
「俺イヤすよ、新しい店に残ります!」

※あんたもデリカシーが無いねぇ。
 経費削減なのよ、その位、察して頂戴よ!

*******************
何か危機的状況があると、
一家がまとまる、というのは本当ですね。
祖母の千代を中心に、加乃子も含めて
一家がまとまってしまった。

*******************
加乃子は「楽々お掃除センジュくん」
で障子を破っても気にしない気にしない。

「たけくらべ」に涙ぐんだりして、それを
つばさに見られたりして、小刻みに
ポイントを稼いでいる。

「シュッ役は私!」 の殺虫剤、加乃子も
「人の子」じゃなかった「人の親」だったか!

虫も殺さない様な、やつれた顔で、さめざめと
涙を流す姿に思わずもらい泣きしそうになった。
泣くくらいなら、家、出なきゃいいのに!

つばさが主婦らしく台所にお辞儀をして、
引っ越して行ったのに、加乃子は台所には
何の感傷もないのか、台所には目もくれず
「あまたま」を食べて気分転換の早いこと!
このへんが「ただ者」じゃないよなぁ。
「たけくらべ」で、うっかり同情するのは禁物だ。

*******************
ラジオのおじさん、「イッセー尾形」は
天使のリングと天使の羽はどうしたの?
今日はつけてなかったね。
クリーニングにでも出したのかな?
今年9月より放送されるNHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロインにタレントの倉科カナが決定したことが2日(木)、同局より発表された。同日、先に大阪市内で会見に臨んだ倉科は「すごく嬉しいんですが、なぜか嬉しすぎて涙が出てきてしまいます」とコメント。倉科は『ミスマガジン2006』でグランプリを獲得するなどグラビアアイドルとしても人気で、これを機に女優としてもより注目を集めそうだ。

1775名の応募者から選ばれた倉科は「先ほど聞いたばかりで、すごくドキドキしています」と興奮冷めやらぬ様子で「これからきっと長くなると思うので、体に気を付けて、毎日楽しみながら撮影していきたいと思っています」と喜びもひとしお。

 同局の六山浩一チーフプロデューサーは選考のポイントについて「このドラマの中の浜本波美(ヒロイン)は、海辺の町に生まれ、雑誌の編集の世界に飛び込みます。ヒロインにまず必要になるのは、海のような大らかさと伸びやかさ。もう1つはフレッシュな生き生きとしたエネルギーと力」と説明。今回、倉科は「出会ったその時に非常に大きな可能性を感じました。澄んだ瞳の力とくるくると変わる豊かな表情。ドラマのヒロイン・浜本波美とともに成長していってくれると確信した」ことから起用に至ったという。

 舞台は、ウミガメが上陸することで知られる海辺の町・徳島県美波町。都会に出て一流女性誌の編集者を目指すヒロイン・波美(なみ)が、ひょんなことからウミガメに導かれるように人生が大転換。故郷と向き合っていくという、明るくコミカルな青春ドラマが描かれる。

 徳島県がNHK朝ドラの舞台になるのは、1980年『なっちゃんの写真館』以来2度目。NHK大阪放送局制作としては双子の女優・三倉茉奈、佳奈がヒロインを務めた『だんだん』に次ぐ34作目。現在放送中の『つばさ』に続く朝ドラ第81弾作品となる。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事