ここから本文です
路傍の三猿たち
時を偲んで

書庫日記

記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ようこそ ご訪問を!
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で529塔目の紹介となります

 塔目銘 :庚申塔(刻字塔)

 紀年銘 :天保二年(1831)

 場 所 :千葉県松戸市七右衛門新田・稲荷神社(境内)


 愛煙家難民愚弄爺の呟き!

 爺は愛煙家でピースの紫煙を楽しんでいる しかし 三級煙草は9月から生産されないようだし 喫煙場所も少なくなる  もしもピースが電子タバコになったり ピースが紙巻き煙草として生産されなくなったら 日本は混乱ばかりで平和を考えなくなる時なんだろか?


  
■ こゝは気儘に生かされている愚老爺からのブログ最後の呟きを!

イメージ 3

 これまで ホームページからブログへと約15年間も気儘に掲載してきました 9月1日からこのブログは掲載が出来なくなり 閲覧は12月15日で終了となる事です 爺がブログを通して何か世間に迷惑をかけたわけではありませんが!
 今回を持ってお開きと致します
今回の掲載写真は庭先に咲く「一重の酔芙蓉」です 朝は純白 昼にはピンク 夕方は赤く染めて萎んでしまう 一日花です 爺の好きな花の一つです 掲載の花は何時に撮影したと思いますか?
 
 
■ 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に  あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です



  あっ! 撮影した時間は午前9時です
  

ようこそ ご訪問を!
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で528塔目の紹介となります

 塔目銘 :青面金剛(刻像塔)

 紀年銘 :享保二年(1717)

 場 所 :千葉県松戸市七右衛門新田・稲荷神社(境内)


 愛煙家難民愚弄爺の呟き!
 鎮守の森の近くの農家の庭先にホウズキが色づいていまいた
昔取った杵柄の衝動で鬼灯笛を考えたのですが 紫煙を吹き込むのは失礼と考え 思いだけに止めました
 そう云えば孫のために ホウズキを鳴らせる 今 高齢者がどれだけいるのかと考えてしまいました

  
 
■ こゝは気儘に生かされている愚老爺からの 賢明なあなたが考えて欲しい詞を!

イメージ 3

 浮世に大きな流れが生まれる時は どこかおかしな点がある事に気づく感性を!

  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですが?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か08月23日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に  あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 

ようこそ ご訪問を!
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で527塔目の紹介となります

 塔目銘 :奉造立庚申供養講中(刻字塔)

 紀年銘 :享保十一年(1726)

 場 所 :千葉県松戸市七右衛門新田・稲荷神社(境内)

 喫煙室 

 この塔に書かれている供養のヨウの字には 羊ヘンに養と書かれています
 アプリケーションソフトよっては変換出来ない機種もあるとの事で 常用漢字にした事が残念です なんだかの思いでPCの前で紫煙をです

  
 
■ こゝは気儘に生かされている愚老爺の近況の一コマを!

イメージ 3
 庭に咲く一夜花のサボテンです 薄曇りの早朝で開期に間に合いまいた
  暑いので 爺の戯言よりはこの写真で 心の避暑をと掲載しました
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですが?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か08月11日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に  あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 
  

ようこそ ご訪問を!
 お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で526塔目の紹介となります

 塔目銘 :庚申塔(刻字塔)

 紀年銘 :安政七年(1860)

 場 所 :千葉県松戸市七右衛門新田・稲荷神社(境内)


 喫煙室 

 この地域は 東は新松戸の 西は三郷市の 北は流山市の集合住宅ビルの林 南方は基盤整備された 用水路に囲まれた近郊農業の畑地です 畑の枝豆の実つきに喉を鳴らし紫煙と相成りました
  
 
 
■ こゝは気儘に生かされている愚老爺の近況の一コマを!

イメージ 3

 庭木から巣立った初飛翔の2羽の野鳥(シジュウカラ?)が作業物置小屋の窓枠に
暑いので 爺の戯言よりはこの写真で 心の避暑をと掲載しました
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですが?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か07月26日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!


■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 

ようこそ ご訪問を!
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で525塔目の紹介となります

 塔目銘 :庚申塔(刻字塔)

 紀年銘 :昭和五十五年(1980)

 場 所 :千葉県松戸市七右衛門新田・稲荷神社(境内)


 喫煙室 

 昭和55年の庚申塔に出会うのは希です
この事は 結いが固い土地柄であろう事が伺えます 昭和の後期になると三猿もモダンになるんだと感心しました 紫煙をの時忘れて鑑賞したしだいです
  
 
 
■ こゝからは愚老爺から あなたに考えて欲しい事をです 
だからと云って 愚老爺は気儘に生かされてる身で 神様ではないので あなたの気に障ったら御免なさいですがね!
イメージ 3

                    三猿に教えを乞う愚老爺の独り言です
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですが?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か07月14日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事