ここから本文です
路傍の三猿たち
時を偲んで

書庫日記

記事検索
検索
ようこそ ご訪問を!
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で524塔目の紹介となります

 塔目銘 :青面金剛(刻像塔)

 紀年銘 :元禄十六年(1703)

 場 所 :千葉県松戸市主水新田・主水新田稲荷神社(境内)


 喫煙室 

 畑の中に鎮守の森が ふと見れば社殿の前には小さな先客が 参拝を済ませた先客から「こんにちわ」のご挨拶が 遅れて低学年と思わし兄と母親が いずれからも挨拶が 禁煙でしばらく 親子を見送ると江戸川への土手への散歩 散歩の途中での参拝とは関心しました
 
 
■ こゝからは愚老爺から あなたに考えて欲しい事をです 
だからと云って 愚老爺は気儘に生かされてる身で 神様ではないので あなたの気に障ったら御免なさいですがね!
イメージ 3

                    三猿に教えを乞う愚老爺の独り言です

  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですが?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か06月27日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!


■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 
ようこそ ご訪問を!
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で523塔目の紹介となります

 塔目銘 :青面金剛(刻像塔)

 紀年銘 :延享三年(1746)

 場 所 :千葉県松戸市幸田・華厳寺(境内)



 喫煙室 
 
 浮世は健康への執着心が増殖しているしているけど
その究極は「死ぬほどに健康でありたい」かな?
 
 
 
 
■ こゝからは愚老爺から あなたに考えて欲しい事をです だからと云って 愚老爺は気儘に生かされてる身で 神様ではないので あなたの気に障ったら御免なさいですがね!
イメージ 3

                    三猿に教えを乞う愚老爺の独り言です
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですが?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か06月15日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に  あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 
ようこそ ご訪問を!。
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で522塔目の紹介となります

 塔目銘 :青面金剛(刻像塔)

 紀年銘 :享保七年(1722)

 場 所 :千葉県松戸市幸田・華厳寺(境内)


 喫煙室 
 
 宅地整備された地のお寺さんでした 墓地も併設して整備されていていました
 そして 眼下には東洋学園大のグランドが住宅の屋根越しに広がっていました
 
 
■ こゝからは愚老爺から あなたに考えて欲しい事をです だからと云って 愚老爺は気儘に生かされてる身で 神様ではないので あなたの気に障ったら御免なさいですがね!
イメージ 3

                   三猿に教えを乞う愚老爺の独り言です
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですがね?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か06月03日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に  あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 
ようこそ ご訪問を!。
 お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で521塔目の紹介となります

 塔目銘 :青面金剛(刻字塔)

 紀年銘 :文化三年(1806)

 場 所 :千葉県松戸市幸田・香取駒形神社(境内)


 喫煙室 
 
 愚弄爺が鼻を垂らしていた半世紀以上前には この地は雑木林だったような そして前を東から西へと流れる坂川が都民の飲料水の一部になったのは 爺より若いんだよ 時の流れとは言え摩訶不思議だね

 
  
■ こゝからは愚老爺から あなたに考えて欲しい事をです だからと云って 愚老爺は気儘に生かされてる身で 神様ではないので あなたの気に障ったら御免なさいですがね!

イメージ 3
                    三猿に教えを乞う愚老爺の独り言です
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですがね?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か05月24日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 
ようこそ ご訪問を!。
  お変わりは 御座いませんだったでしょうか?

イメージ 1


イメージ 2
■ 今回の 三猿(さんえん)で520塔目の紹介となります

 塔目銘 :青面金剛(刻像塔)

 紀年銘 :享保二十年(1735)

 場 所 :千葉県松戸市幸田・香取駒形神社(境内)


 喫煙室 
 
 昭和の高度経済成長期を感じ取れる土地に建つ神社でした
宅地造成という言葉がピッタリというべきかもしれません
 喫煙は遠慮しました 神社の前が公園ではね
 
  
 
■ こゝからは愚老爺から あなたに考えて欲しい事をです だからと云って 愚老爺は気儘に生かされてる身で 神様ではないので あなたの気に障ったら御免なさいですがね!
イメージ 3

                     三猿に教えを乞う愚老爺の独り言です
  
■ あっ!
 最後の最後迄 爺の繰り言に 笑覧を戴き 貴方様の努力に感謝です!
  爺の腰は海老になってしまっているので 常日頃から感謝の姿勢ですがね?!
あなたさんも 時節柄 お体を自愛されて 今回に懲りずに お元気で次回の訪問がある事を期待しておりますよ!!
 あっ! 忘れるところでした 次回は次の次の大安に更新を予定していますよ____ 確か05月12日ですかな? 耄碌(もうろく)していなかったらですがね?!

■ この文末として! 愚老爺としては改めて 神仏習合の三猿に向かい 願わくば これをご猿(縁・エン)に あなた様の災いが猿(去・サ)り あなた様に福寿のご猿(縁・エン)が御座いますように祈願を致します 合掌! おしまい またね!
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事