ここから本文です
http://www1.edogawa-u.ac.jp/~tokim/
日本テレビ「PON!」で節分恵方巻を解説
 Google検索数が急上昇したワードをランキングで紹介するコーナーで、加熱する商戦と大量の廃棄が注目を集める「恵方巻」を取り上げます。
 大阪の寿司・海苔業界やコンビニ業界の戦略で、全国区の新しい文化として広がり、商業的に「創られた伝統」となっていったと解説します。
日時:2月8日(木)、10時25分〜11時27分
番組:「PON!」、日本テレビ系全国ネット

この記事に

小学図書館ニュース掲載記事
イメージ 1

この記事に

「鬼先生」が節分を解説

 少年写真新聞社の『小学図書館ニュース』は、 掲示用紙面と教員向け解説を月3回発行、全国の小学校約7000 校で掲示、購読されています。

 128日号では江戸川大学総合情報図書館長でもある「鬼先生」 こと斗鬼正一が、節分特集の監修と解説の執筆を担当しました。

四辻に深夜密かにふんどしを捨てた大正時代の節分や、「鬼は内! 」とかわいそうな鬼を招き入れたり、 大豆ならぬ落花生を撒く豆まきなど、節分の多様性を解説。 さらに、なぜいつの世も人は鬼を創り出し、 排除しようとするのか、自らは決して豆まきをしない「鬼先生」 ならではの視点で「人の心に生まれる」鬼を解説しています。

少年写真新聞社ホームページ  http://www.schoolpress.co.jp/
イメージ 1

この記事に

テレビ朝日「グッド!モーニング」でこたつの歴史に関する解説が紹介されました。
 1月16日の「お天気検定」コーナーでは、こたつの発祥はいつか、というクイズが出題されました。
 こたつの文献初出は室町時代の国語辞典『節用集』(せつようしゅう)で、それ以前には無いため、発祥は室町時代とされている、という斗鬼の解説が紹介されました。
 当時のこたつは、囲炉裏の上にやぐらをのせたもので、現在の様なやぐらこたつは、江戸時代以降のものです。
#こたつの歴史 #お天気検定 #テレビ朝日グッドモーニング

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事