ここから本文です
http://www1.edogawa-u.ac.jp/~tokim/
 6月23 日(土)にオリンピック・パラリンピックマナーキャンペーンイベント「東京 2020に向けて暮らしを見つめる」で、「エスカレーターから日本が見える〜鬼先生のエスカレーター文化論〜」と題して講演します。
 この講演が、22日「朝日新聞」東京版朝刊で紹介されました。
イメージ 1



この記事に

「東京2020に向けて暮らしを見つめる」で講演
 オリンピック、パラリンピックを控え、すべての人が暮らしやすい街をめざす東京都理学療法士協会が主催。右側にしか立てない障がい者も安全に利用できるように、エスカレーター片側空けをなくし「止まって乗るエスカレーター」を実現するイベントです。
 斗鬼はこれまで、テレビ、新聞等で、東京と大阪、世界各地のエスカレーター文化を解説してきましたが、今回は、エスカレーター片側空けが、戦時下という全体主義的時代に登場し、効率を絶対視する高度経済成長期、バブル期の「強者の論理」に基づく文化であると指摘します。そして多様性を認め、ゆとりある生き方を追求すべき現代には、もはや「過去の遺物」であると主張します。
日時:
 623日土曜14~16
場所: 
 ベルサール新宿グランド コンフェレンスセンター
 東京都新宿区西新宿8-17-1、新宿駅徒歩9
内容:
*基調講演1
「エスカレーターから日本が見える―鬼先生のエスカレーター文化論―」
斗鬼正一(江戸川大学教授、文化人類学者) 
*スペシャルビデオメッセージ
「ホスト国として迎える東京2020までに私たちができること」
大日方邦子(日本パラリンピアンズ協会副会長、冬季パラリンピックメダル10個) 
*基調講演2
「パラスポーツの魅力を伝えます!世界で活躍するメダリストからのメッセージ」
成田真由美(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事、パラリンピック5大会連続出場、メダル20個) 
*表彰
「決定!平成30年度のエスカレーターマナーアップ推進キャッチコピー」
森島健(東京都理学療法士協会会長)
*報告
「エスカレーター止まって乗りたい人がいる 当協会の取り組みと今後の課題」
齋藤弘(東京都理学療法士協会エスカレーターマナーアップ推進委員会委員長) 
 
イベントホームページ

この記事に

「この差って何ですか?」出演
世の中の様々な差がなぜ生じているのかを解き明かすバラエティ番組。
 斗鬼は、人気コーナー「外国人がわからない日本の差」で、牛は牛肉、豚は豚肉としか呼ばないのに、馬肉は「さくら」、猪肉は「ぼたん」、鹿肉は「もみじ」などの別名がある理由を解明。
 江戸時代まで肉を食べなかったという常識をひっくり返し、日本人の肉食の歴史も「誕生物語」アニメで解説します。
番組:
 TBS「この差って何ですか?」
日時:
 65日火曜19時〜20
ネット:
 TBS系全国
出演:
  土田晃之、上地雄輔、スザンヌ、はるな愛、東ちづる他




この記事に

 現代社会学科1年生の看板科目「フィールド研修」は、教員の研究の現場に出て、実感、体感の大切さを学ぶ授業です。
 斗鬼担当の「文化人類学の目で新宿探検」は、一方に超高層ビルの並ぶ副都心、他方に歌舞伎町歓楽街、風俗街、ラブホ街という、花の都東京の表と裏、つまり人間、社会の表と裏を同時に見ることができる街新宿を探検、実は新宿が歴史の街であることも実感し、人間、社会、都市の多面的理解の大切さを学びます。さらに、多民族共住の街大久保で多文化社会を実感し、近未来の日本人の生き方を考えます。  #文化人類学 #新宿探検
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

五反田駅に京急?

 五反田駅に京急? 
 稀に、都営浅草線泉岳寺⇔西馬込間を京急の車両が走ることがあります。
 ごく稀に、泉岳寺駅では1番線(京急線)に交通局の5300型羽田空港行き、2番線(浅草線)に京急の1000型西馬込行きが並ぶことがあり、とまどう乗客の姿が見られます。

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事