ここから本文です
http://www1.edogawa-u.ac.jp/~tokim/
テレビ朝日『スーパーJチャンネル』出演
日時
 59日(火)1815分頃〜32分頃。報道番組のため急な変更の可能性もあります。
内容
 外国人レポーターによる日本の文化再発見をテーマにしたコーナー「なるほどジパング」で、「ニッポンの潮干狩り」の歴史について解説します。
 旧暦33日は「上巳(じょうし)の節供」とされ、浜辺で共同飲食する「磯遊び」が各地で行われてきました。地方によっては「上巳の祓い」として、人形(ひとがた)に穢れをうつして海に流し、共同飲食したように、「磯遊び」には穢れを払う禊(みそぎ)の意味があり、それが江戸時代に女の子の節供「雛祭り」に発展しました。

この記事に

テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に出演予定
 「ワイド!スクランブル」は昼の情報番組。MCは橋本大二郎、コメンテーターはデーブ・スぺクター、水谷修など。
日時:
329日水曜、1230分〜1345
番組:
テレビ朝日「ワイド!スクランブル」第2部、「女優も気になる!あのニュース」コーナー
内容:
NHK朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』のヒロイン古村比呂さんと、事故が多発するエスカレーターの安全な使い方を考えます。斗鬼教授は、片側空けの歴史と背景となったその時代の価値観を指摘し、現在の日本社会の場合、自販機、自動ドア、コンビニと、何事も無言で、コミュニケーションを避ける文化に問題があることを指摘します。ロケ地は墨田区錦糸町駅前のショッピングモール「オリナス」、川崎市の東芝エレベーター本社です。
ネット:
テレビ朝日系全国ネット
番組HP
 *生放送報道番組で、現在大ニュースが続いているため、予定が変更される可能性があります。

この記事に

『キャリコネニュース』の記事「エスカレーターの片側空けはもう時代遅れ 新マナー「立って2列」は定着するか」で、論文が紹介されました。  https://news.careerconnection.jp/?p=32977
徐々にではありますが、「立って2列」が当たり前、という方向に動いてきているようです。
キャリコネニュースは就活生、転職者に役立つ企業情報、ビジネスパーソンの仕事に役立つスキル情報など、すべての働く人たちに最新情報を提供するサイト。キャリコネニュースの他、livedoorニュース、mixiニュース、GREEニュース、niftyニュースなどに配信されています。 https://news.careerconnection.jp/?page_id=2

     

この記事に

「テンミニッツテレビ」サイトで、「今こそ学ぶべき学問 文化人類学」と題し、拙著『頭が良くなる文化人類学−「人・社会・自分」−人類最大の謎を探検する』(光文社新書)が紹介されました。ぜひご覧ください。
 「テンミニッツテレビ」はNTTドコモが運営するスマホ、PC向け有料テレビ。キャッチコピーは「東京大学の人気教授らの講義1200本以上がいつでも聴けて大人の教養が身に付く」「有識者のナマの声を10分間で伝える新しい教養メディア」。講師は小宮山宏前東大総長、内山昌之東大名誉教授、野田佳彦前首相、下村博文文科大臣他、作家、評論家、経営者などです。
 
「テンミニッツテレビ」
今こそ学ぶべき学問「文化人類学」
光文社新書『頭が良くなる文化人類学』のページ 
  書籍(税込み820円)、電子書籍(税込734円)

この記事に

エスカレーター片側空けに関するインタビュー記事が『中国新聞』に掲載されました。 
これまでこの問題を取り上げてきたのは全国紙でしたが、『中国新聞』は広島、山口、岡山、島根をエリアとする中国地方のブロック紙で、今回の記事も広島視点である点が注目されます。
片側空けは戦時体制下のロンドン、経済高度成長期の大阪、バブル期の東京で始まった効率最優先の新しい文化ですが、2000年代に東京圏、大阪圏で急拡大し、福岡、名古屋、仙台、札幌といった地方の大都市にも広がり、それとともに事故も急増しました。
ところが広島では、他の大都市ほどには大きな問題とは捉えられていません。そしてそれは、広島では階段の昇り降り不要でゆっくり走る、弱者にやさしく安全な路面電車が都市交通の中核だからです。
路面電車は経済高度成長期に、急ぐ車の邪魔で「時代遅れ」と、東京、大阪ではほとんど撤去されてしまいましたが、ヨーロッパでは今も都市交通の中心ですし、日本でも鹿児島、熊本、岡山、松山、高知などでは現役です。それどころか富山ではJR赤字線から転換した「富山ライトレール」が大成功し、東京でも復活が計画されています。
障碍者、高齢者、子どもなど弱者に配慮した安心、安全な街づくりが重要なこれからの日本では、効率重視のエスカレーター片側空けは、路面電車排除同様に実は「時代遅れ」。だからこそ広島のエスカレーター片側空け事情は、すごく注目すべきなのです。 
*斗鬼は、鎌倉の江ノ電由比ヶ浜駅そば育ち。実は3歳から「鉄」なのです。
1.広島で活躍する路面電車。前は元京都市電1900形、後ろはドイツ製のグリーンムーバー5000形。
イメージ 1
2.ドイツ・マインツ市電
イメージ 2
3.ベルギー・ブリュッセル市電
イメージ 3
4.ドイツ・フランクフルト市電
イメージ 4
5.鹿児島市電
イメージ 5
6.広島を走る元大阪市電
イメージ 6







この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事