全体表示

[ リスト ]

1人が「直ちに2次検査必要」 福島の甲状腺検査でがんの疑い

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子供が1人いることが17日、関係者への取材で分かった。18日に報告される。
 調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。
 1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。
 県立医大は「県内全ての子供の検査という前例のない調査なので、早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。
2012.11.17

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121117/dst12111719510002-n1.htm

 
検査対象全体が36万人、検査の終わってる者が約1/3の9万6千人
B判定(要経過観察)が500人
 
事故後2年経ってないj状況で、この数字をどう考えますか・・・
因果関係はないと思えますか
 
3年、4年後には、どうなっているのでしょう
医療の進歩を考えれば、チェルノブイリよりも癌を早期発見出来るのではないのかと思っていますが
 
福島だけではなく、1キログラムあたり8000ベクレルを超えた地域は、中央、港、墨田、江東、荒川、足立、葛飾、江戸川の8区の34地点もあったと言うニュースを見て驚きました(2012年6月の調査)
共産党は、こういう細かいお仕事はやってくれますね  あり難いです
 
 
放射能ホットスポットというものがあるので、怖いです
チェルノブイリ事故の影響をトルコもうけてます
以前に記事に書きました
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
トルコ政府から永久国外追放された日本人がいます
フランス在住の言語学者、小島剛一氏(64) 少数民族弾圧を訴えていた方
 
東京新聞に掲載された小島氏の記事に驚くべきものがあります
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
この新聞記事の中から
 

「チェルノブイリ原発事故による欧州放射能汚染図にトルコの記載はないが、隠れたホットスポットが存在していた。
原発から1300km離れたトルコ北東部にあるラズ語を使う地域リゼ県メカーレスキリット村では、事故翌年の1987年に生まれた17人の子供全員が90年代後半に白血病でなくなったそうで、その中には小島氏の膝の上で遊んでいた子供もいた。

 
 
村の子供17人が全員が白血病で亡くなったとは衝撃です
 
トルコの新聞を検索をしましたが、ヒットしません
トルコ政府も徹底的に隠しているとしか思えませんね
チェルノブイリ原発事故による欧州放射能汚染図に、トルコも入れるべきです
 
原発から千三百キロ超も離れた土地で、十数年後に被害が顕在化している
同じく「レベル7」 
事故が起きた福島第一原発を中心に半径千三百キロの円を描くと、北海道から九州までの日本列島がすっぽり収まります
 
 
あと数年したら、白血病の子供たちも出てくるのだろうか・・・ 
過去のイタイイタイ病、水俣病のように、最初は政府は知らん顔
患者の訴えが無視出来なくなってから、初めて国が認めるようになるような気がします
 
 
小島氏はお気の毒です
言論の自由がない国って嫌ですよね
自分は人権擁護救済法案を徹底的に反対しています
 
去年の11月、文化放送の生番組に出演した民主党の岡田さん、リスナーの質問「福島の子供を、なぜ避難させないのですか?」という質問に、「お金が掛かるから...」と答えたそうですね (答えなくても分かっていたけれど)
あ〜解散してくれて良かった
 
 
自分もトルコ政府のことを、非難できません
これ位にしないとね
一般人であっても、トルコから発信していればアウトです
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事