ここから本文です
時ノ寿の森クラブへようこそ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

森林環境税(仮称)が平成36年度から課税されますが、それを待たずに、森林の諸課題に早期に対応する必要があるとして、平成31年度から新たな森林管理制度の施行と合わせて森林環境譲与税(仮称)が創設され、森林を守る財源が各市町村に譲与されるようになります。これは、いよいよ国民一人一人が等しく負担を分かち合って、国民皆で森林を支える仕組みがスタートするということです。
 時ノ寿の森クラブは、これまで掛川市内の源流域に広がる私有林約390haの間伐を行い、荒廃森林を再生し、木材利用の促進や啓発活動にも努めてきました。新制度によって、これまでの活動がより円滑となり、一層発展することを期待します。地元自治体には、この制度を活用した先駆的な森林政策をお願いします。
イメージ 1

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事