ここから本文です
時ノ寿の森クラブへようこそ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 もうじき7年目の3月11日がやって来ます。今夜も福島のドキュメントに胸を撃たれました。帰還困難区域において、いつの日にか住民皆が故郷に戻るために、ふるさとを懸命に守っている人々、その一方で、自然界の動植物への被ばくに関する深刻な調査結果も報じられていました。辛く苦しい思いに必死に耐え、未来の子どもたちのために、ふるさとへの希望を持ち続けて暮らしている福島の人々に、今を生きる私たちの使命を教えられた気がします。私たちは、7年前の原発事故を絶対に忘れてはならいと、そして未来の子どもたちのためにふるさとの安心安全な環境を守っていかねばならないと思いました。時ノ寿の森の一番奥には、かつて大沢集落が栄えていた半世紀前と変わらぬ神社が、今も立派に残っています。時ノ寿の活動は、毎年、神社への初詣で始まります。
イメージ 1

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事