ここから本文です
時ノ寿の森クラブへようこそ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

茶づくりは日本の文化

 五月晴れの今日、時ノ寿の茶園には、国内外から2組4人のお客様がありました。一組は、ドイツからのお客様でしたが、さすがドイツですね、無農薬の茶園管理に関心を寄せていました。もう一組は、愛知県からの若いカップルでしたが、お茶がお好きなようで、摘んだ茶葉を噛みながら渋みと甘みを味わっていました。彼らも、摘んだ茶葉を持って一緒に茶工場へ・・・。煎茶づくりのポイントを説明し、早速、蒸し機から始まる「茶揉み」を体験。自ら摘んだ茶葉が、蒸し機を通り、鮮やかな緑のまま甘い香りを放っています。様々な茶揉み機械によって、茶葉がどんどんマイルドな香りと味に変わっていくのを見て感動してくれました。ドイツ人の男性は、職業がエンジニアだそうですが、工夫を凝らした茶揉み機械が、とても面白いようでした。
 茶づくりを斜陽産業と言う人がいますが、時ノ寿は、茶づくりに誇りを持ち、国内外の人々に日本の文化として茶づくりを体験してもらおうと思います。
イメージ 1

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事