ここから本文です
時ノ寿の森クラブへようこそ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

森の再生とホタル

 今晩、時ノ寿の森を数匹のホタルが光を放ち舞っていました。ヤギ牧場の前あたりに1匹が、少し歩くともう1匹、そしてもう1匹が淡い光を放ちながら舞っていました。森の闇の中を、清楚な光があっちに一つ、こっちに一つ、そんな森のホタル観賞は、心を幼少期に戻してくれました。ホタルの光を静かに待っていると、聞こえてくるのはカジカガエルの声です。ヒュルヒュルヒュル、ヒュルヒュルヒュル。このような生物の多様性は、時ノ寿の森が再生しているバロメーターです。最近各地で、自然の力を超えた人為的によるホタルの乱舞が観光になっていますが、気がかりです。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事