ここから本文です
時ノ寿の森クラブへようこそ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

山の清流が命

 12年前7月、源流の森を再生する拠点づくりが始まりました。いの一番に着手したのは、水道(簡易水道)でした。この山で生活した私の記憶を頼りに、水道設備を実現させるには、先達の知恵と技術が必要でした。当時72歳だった山下設備の大先輩は、私の願いに共感して力を貸してくれ、時ノ寿の簡易水道が出来上がりました。時ノ寿の谷に造った水源は、これまで幾度も水害に遭い、完成時には満々と取水できていた装置も、泥などによる目詰まりで、最近は取水量が激減していました。今日、山下大先輩は84歳を迎えていますが、時ノ寿の新たな出発に水は絶対に大事だと、きょう猛暑の中、一緒に水源を直してくれました。時ノ寿の水道整備は、私の森づくり活動の原点でもあるので、12年前の暑い夏を思い出しながら、清流を再び満々と取水できるようになり、感無量でした。山下大先輩に感謝、感謝、感謝です。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事