ここから本文です
時ノ寿の森クラブへようこそ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 昭和の末、「知床で夢を買いませんか」の呼びかけに全国の人々が1区画8000円を出し合い、北の大自然を守り育てる運動は大きく広がり、今なお続いています。平成を経て令和の時代を迎えた今日、日本の国土は、津々浦々まで豊かな緑に包まれています。しかし、人口は減少し、経済の仕組みは大きく変化し、これからは森林所有者の責任だけでは、森林が豊かな姿で維持管理されていくことは難しくなっています。
 時ノ寿の森クラブは、風光明媚でない普通の里山を、未来の子どもたちの「いのちの森」として、所有者に代わって守り育てていきたいと思っています。社会のみんなの夢を「時ノ寿の森」に集めたいのです。
イメージ 1

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事