全体表示

[ リスト ]

いきなりタイトルからして 俗っぽくて失礼。

「幸福実現党とは何か」という本を読んでいたら 

「所得の再配分機能」というものは、本当は
為政者にとって面白くて仕方がないものなのです。 お金持ちからお金を取ってばらまけると
権力が増すので、面白くて仕方がないわけです。
(同120ページ)

そうだよね〜、増税論者は 減税で増収上げるのには 時間がかかるので 簡単に増税と 吠えているのでは?と思いますよ。
きっと減税のほうが 最終的に効果がある、ということ○謝野 馨さんも理解しているんだと思いますけど・・・
減税で増収上がった頃は 自分がいないかもしれない。 

足ることを知る、ということ。 これは幸福の科学じゃなくても よく言われる徳目。(権力欲)

このくだりを読んでいたら、金子直吉という人物を 思い出しました。
初めて知ったのは 小室直樹氏の本に出てきた。鈴木商店というところの大番頭で 社長もすべて任していたらしい。 私利私欲というものがまったくなく、ただ会社のために 天才的能力を発揮して 
三井、住友に負けない大会社にしたそうな。(今でいう総合商社)

無私で働いていたので 主も口をはさまなかった。 それが証拠に 後年会社が倒産するのだが 管財人が、金子直吉の財産を調べたら 貯金もなく、土地さえ所有していなかった。 借家住まいの人だった。

それでは、まったく欲がないのか?と言えばそうではなく 権力欲はものすごい男だった、というのが小室氏の結論です。

なにせ主人の命令は それほどきつくなないが 金子直吉の命令は絶対で 誰も口をはさめない。
権力欲の権化だそうでした。

政治家を志す人々は最初、高尚な思いで 政治家を目指すのでしょう。
くれぐれも 権力欲におぼれないよう お願いします。

権力におぼれると・・・・悪魔がささやき始めます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事