全体表示

[ リスト ]

あまり 日本では知られていないのですが、アメリカの民主党の政治家で この人が中心となり
まとめたリポートが その名をとり、マクガヴァンリポートと 呼ばれ これ以降日本食ブームが
まきおこりました。

大統領候補まで 昇りつめた大物政治家でしたが 実はこのリポートを提出したことがきっかけで
政治家生命を断たれた ようなものでした。
きっと本人もそうなるのを覚悟で リポートを提出したのだとと思います


それでは 何故 それほどの危険を冒したのか?それは 国民の事を思い、国の将来を憂いたのであるからです。

今から30年ぐらい前のレポートですが その当時あまりにも医療費が増大し このままでは
医療費で国が破産するくらいの勢いだったのです。

それ以前から 食糧関係の栄養に関する 上院特別委員会の議長をしていた彼は
食生活の改善しか ないと 理解したのです。 つまり肉食中心の食べ方をやめ、野菜や小魚をメインとする食生活にするしかない という結論で それは 日本食が理想に近いということを意味しました。

そして それが 国民の健康の元となり 医療費の増大を抑えて健全な 国の財政に寄与するからという
信念であったのでしょう。 自らの政治生命と引き換えにしても・・・

このリポートは物議をかもしだしました。 全米の畜産業界から猛抗議を受け、実際の行動こそとらなかったものの 全米医師会からは目の敵にされたのでした。

当然でしょう、肉を食べるなという事ですし、 また医師会も 収入が減ることを意味しますからネ。

2〜3年後彼は落選します。
それでも 本望ではなかったのか。 国と国民のために汚れ役を かってでたのです。

日本にもこういう方 いないのでしょうか、鳩山さん・・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事