ここから本文です
「出石永楽館・全国子ども落語大会」事務局のブログ
第2回目は、2019年6月22日(土)に予選大会、子ども落語家交流会。6月23日(日)に子ども落語教室、決勝大会を開催します。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

決勝大会進出者・その6

決勝大会も残り3名、お客さまもちょっと疲れてくる頃かなと思って、舞台袖から会場を覗きましたが、まったくそんな気配が感じられません。次はどんな子が出てくるんやろ?と期待するお客さまの表情が見られました。
そこへ登場したのが、みたらし亭だんごさん。京都府から参加の中学2年生。小学生のときからいろいろな落語コンテストで高い評価をもらっている実力者です。よく「落語では間が大事」なんてわかったようなわからんようなことを聞きますが、だんごさんの上手さはまさに間。言い換えると、お客さまとの無言のコミュニケーションが絶妙です。笑いが起こったときの次の言葉がコンマ何秒か遅いか早いかで、笑いが抑制されたり増幅されたりします。それを確実に身につけて、自然にお客さまの笑いを導き出しているだんごさん。来年はどんな噺を聴かせてくれるか。いまからとっても楽しみにしています。

イメージ 1

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事