社長の独り言

仕事以外の日々の出来事をボチボチ綴っています。お付き合いを。

独り言

すべて表示

さぁ!気持ちを入れ替えて!

10月12日(木)。

今日は私たち夫婦のご媒酌人夫人、21回目(20年)の祥月命日。
本当に頼りになる方だった。
時に色々な相談事を持ちかけ、常に適切なジャッジをして下さった。

毎年の事ながら、その祥月命日にはお家にお伺いして、お線香をあげさせていただいている。
 

ところでこの10月。
今日までのわずか12日間で、私にとって5人もの大切な方の祥月命日が。

1日は父方の祖母、28回目(27年)。
私どもの会社の創業者夫人でもあるその祖母、
私の3代目社長就任を見届け、その翌月に。
おばあちゃん子だった私、同居していた事もあり、
ショックだった。

6日は元力士「熊翁」、21回目(20年)。
私にとても慕ってくれたかわいい弟分だった。
 
そう、つまりこの年1997年10月は、お仲人夫人と熊翁が
亡くなった年・月で、更にお仲人夫人のお亡くなりになった12日は、
千葉マリンスタジアムで親友「西村徳文引退試合」が行われた日。
その試合観戦、二次会、とニシ(西村氏)から招待を受け、
既に集中治療室に入っていた奥様の様子を家内と連絡を取りあいながら…。
結局、ニシの二次会を中座、病院に駆けつけたっけ。
 
熊翁の命日には、彼が大好物だった「カレーライス」を、
毎年食べて彼を偲んでいる。

あれから20年か…。
忘れられない1997年10月である。

そして8日。
母、25回目(24年)の祥月命日。
1993年。

本当に躾に厳しい母ではあったが、様々な教えを請うて私のこんにちがある。
とても感謝している。

倒れる前日の晩、久々に私の家族と両親と母屋で一緒に食事、
そして翌日から私は出張へ。
その晩の夜中、宿泊先の京都のホテルに連絡が入り、母が「クモ膜下出血」で倒れたと…。
そして帰らぬ人に。
全く信じられなかった…。

11日は、叔父(父の弟)5回目(4年)の祥月命日。
2013年。
小さな頃から本当にかわいがってもらった。
ゴルフもこの叔父に教わって始めた。
 
後に同じ会社で働くようになり、そのとても良好な関係は崩れた…。
遊んで楽しい叔父だったが、仕事はその大雑把な性格が災いしてたなぁ(苦笑)

とても残念なことであった。
 
そして今日の12日と。
 
毎年10月上旬、「私の気持ちはブル−」になる。
その大切な人達との関係を、
いつも思い出しながら偲んでいる。

(合 掌)

さぁ!週替わり。
気持ちを入れ替えて、張り切っていこう!

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


みんなの更新記事