全体表示

[ リスト ]

15日に島田議員と赤川議員が行った「エアコン」と市教委の「事務事業に関する点検評価報告書」の一般質問をネット傍聴しました。

 

そこで分ったのは、この「報告書」には学識経験者3人の意見として所沢市の小中学校教室へのエアコン設置計画を推進する必要があるとの記載、また赤川議員の調査で県内他自治体のエアコン設置率が随分高くなっていることです。

 

埼玉県内小中学校エアコン設置率等(赤川議員調査)

(走り書きでメモしました、若干誤りがあるかもしれません)

・今年度内に設置率100%になる見込み〜 さいたま市、川口市、越谷市ほか、計42自治体

・ほかに今年度内に 95%になる見込み〜 計7自治体

・県内全体での設置率は84%に達することが見込まれる

・耐震工事先行と回答している自治体もあるが、エアコン を設置しないとしている自治体はない。

 

近隣では

入間市 今年度内に100

川越市 平成31年度までに(分けて)設置を進め100%へ

 

入間市はリース方式、越谷市はPFI方式など各市で工夫をしている

 

両議員はそれぞれ市内小中学校へのエアコン設置を検討するよう教育長に求めましが、教育長の答弁は再々第一種騒音地域で進めていることを強調し取り付きようもなく、「学識経験者の意見」は教育委員の間でどのように議論されたのかは明らかになりませんでした。

 

赤川議員は(予算要求をするにも、すぐに準備が出来るものではなく)設置の検討を始める場を設けるべきではないか、とただしましたが、教育長はこれにも応えませんでした。

 

しかし当市の設置率は(小中学校47校で、出来上がり見込みが3校の)6.4%です。このままで良いのでしょうか。市と市教委は自ら子育て世代に「住みたい町として選ばれる芽」を摘んでいるのではないでしょうか。

 

以下は教育委員会公表の報告書の一部です。(報告は法律に基づいて行われ、客観性・透明性の確保の観点から外部学識経験者3名の意見を聴いています。)

 

平成29年度所沢市教育委員会の事務事業に関する点検評価報告書(平成28年度事業対象)

 目次

1 趣 旨

2 点検評価の対象及び実施方法

3 この報告書の見方

4 点検評価結果

学識経験者の意見

(1)点検評価報告書全般について

(2)各施策に対する評価について

6 資料・教育委員会の活動状況

7 むすび

 

5 学識経験者の意見

点検評価にあたり、客観性・透明性の確保という観点から、外部評価者として学識経験者 3名から意見を聴取いたしました。概要については、次のとおりです。

(1)点検評価報告書全般について

 「所沢市教育振興基本計画」に則り施策が実施され、所沢市の教育行政が着実に進められ順調に成果を上げていることが理解できた。

 毎年度、各事業の成果を確認しながら課題を見つけ出し、次年度に繋げており、各施策が計画的に進められている。

(2)各施策に対する評価について

1-5 学校環境の整備

 1-5-(1)「学校施設・備品等の整備」

 (注:1-5-(1)は全文です。下線は分かりやすく示したものです。)

無線LANについては、授業の充実や業務の効率化を考慮し、校内のどこでも無線LANが使える施設整備をより一層推進する必要があると思う。

学校施設は、児童生徒の安全確保や、住民の避難場所としての機能も必要であり、その対応を考慮したものでなければならないが、予算との兼ね合いもあると思うので、計画的に改修事業を進めてほしい。

確かな学力育成のためには、教師の「学び」が必要であるが、教員の働き過ぎが言われている中で、校務支援システムの活用により、どれくらい実務の負担軽減ができているのか、継続的な実態調査をしていく必要がある。

近隣自治体の学校が冷房システムを整備してきている。近年の猛暑の多さから児童生徒・教職員の健康保持を考えた時、教室へのエアコン設置計画を推進する必要があると思う。

 

1-5-(2)以下割愛

淑徳大学教授         盒 

社会福祉法人常務理事   平川聖一

秋草学園短期大学教授   及川 道之

 

918日 記:さかぐち

 

追記:報告書は「所沢市教育委員会の事務事業に関する点検評価報告書」で検索できます。また一般質問の録画はおよそ一週間後からネット中継されます。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

學校へのエアコン設置は何を基準にしているのでしょうか、行政として教育委員会としての所沢市としての基準を明確にして欲しい、教育委員会として現状の教室の最高室内温度は生徒が学業に支障のない温度なので設置の必要が無いとか❔生徒にも市民にも納得できる話を、ただ検討していないとの回答では無い、議会も真剣に検討し追及して欲しい。 削除

2017/9/19(火) 午後 7:24 [ タカガキ ] 返信する

顔アイコン

藤本市長の議会答弁では、エアコンは年間20日間しか運転しない。投資効果が低いので我慢すべきとのこと。20日間は本当に少ない日数なのでしょうか?? 文科省の小中学校の授業日数指針は、概ね200日間となっている。20日間は、1割(10%)である。市長は、20/365=5.5%と思い込んでいないだろうか?子供達の人生の1割を犠牲にする市長に子供達を語る資格があるのかしら?

2017/9/21(木) 午後 6:31 [ kennh ] 返信する

顔アイコン

市のハザードマップでは、大地震や風水害といった非常時に、学校は地域住民の避難場所に指定されています。
季節にもよりますがエアコンが無ければ、避難者にとって厳しい環境になるでしょう。とくに高齢者や体力的に弱い人たちは避難で命を縮めることになりかねません。
投資効果の話より、所沢の学校にこどもたちを守ると共に住民の避難場所としての機能をちゃんと持たせるべきだと思います。 削除

2017/9/22(金) 午後 4:09 [ さかぐち ] 返信する

顔アイコン

教育委員会の8月定例会を傍聴しました。そこでの議題の一つが、「所沢市教育委員会の事務事業に関する点検評価報告書」でしたが、エアコン設置に関しては委員のどなたからも発言、質問がありませんでした。9月議会での市長の答弁中に、住民投票での防音校舎へのエアコン設置を議会が決めたのだから、全校に設置を言うのはこの議会はどう考えているのか、といった内容がありました。暑さ対策ではなく、騒音対策としてのエアコン設置に議会として賛成したのではないか、との事。 削除

2017/9/27(水) 午後 10:25 [ 教育環境を考える会 ] 返信する

顔アイコン

29日(金)広聴広報委員会にて
次回開催の政策討論会のテーマ決めが議題の1つにあり
学校のエアコン(仮)に決定しました。
2月10日頃 こどもと福祉の未来館で行われる予定です。 削除

2017/10/1(日) 午後 11:29 [ Oさん ] 返信する

顔アイコン

Oさん、貴重な情報をありがとう!
来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、早くも来年の政策討論会が楽しみです。
市民の夢を機敏に実現する市政に期待します。 削除

2017/10/3(火) 午後 0:25 [ いしどう ] 返信する

顔アイコン

> Oさん 今まで政策討論会の傍聴をしたことがなかったのですが、どのようになるのか、見守りたいと思います。 削除

2017/10/5(木) 午後 7:48 [ 教育環境を考える会 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事