ここから本文です
昨夜帰宅しました。今年の三隈川、お天気も良かったためか、快調でした。決定戦の優勝が14匹。2位13匹。3位12匹。以下、11,10,9匹で、6選手がブロック大会に出場です。

取りあえず23年目、36万キロ超えのプラドで800㌔と少し走行して、1ラウンドめ無事終了です。
イメージ 4
          恒例集合写真。なぜか背景にサッポロB?
イメージ 1
       勝負とは思えないまったりとした空間です。
イメージ 2
         6選手が幸運を掴みました。
イメージ 3
マスターズ恒例。選手に寄付をしていただいたアユを、地元高齢者施設に寄贈します。

次の日曜日は関西地区大会です。今度は少し近いかな。

この記事に

鮎マスターズ開幕

後、5時間と少しで出発します。27日、鮎マスターズ九州地区大会です。今年は地区3会場、ブロック一会場参加です。選手の皆さんが、楽しく過ごせるよう頑張ります。

これから、荷物のパッキング、忘れ物無いように気を付けます。なんと言っても天才ですから。忘れ物の。

それでは、風呂に入って早めに寝ます。

この記事に

テンカラ

今日は今シーズン最終(予定)のテンカラです。5時起床。準備完了後、愛犬クロエの散歩。で出発しますが、氷を購入後忘れ物で一時帰宅。どちらにせよわが家の前を通ります。で、西に向け峠を越えてゆきます。

8時30分。1ラウンド目は標高1000mを超えています。過去2回ほどやったコースですが、人気の釣り場です。予想通り大都会のおねえちゃんです。一筋縄では行けません。

それでも、竿抜けや流れの良い場所では簡単に釣れてきます。で、13時までポカリ一本で頑張ります。苦労は報われず20匹。良型が混じったのが救いです。
イメージ 1
          こんな子が結構揃いました
少し移動して一人寂しく昼食です。おにぎり2個とカップヌードル。食後はコーヒーです。インスタントですが。

2ラウンド目は短いコースです。釣り始めると、黒い飛翔体を視界の端で確認します。なんと!鵜です。釣り始めているし、仕方がないので、鵜が入れないような浅い場所や狭い場所を選び30分ほどで4匹。

少し移動して3ラウンド目。1時間ほどで7匹。

再度移動で4ラウンド目。時刻は17時。手早くいきます。暗くなれば車まで帰るのが怖いのです。

まずまず順調で14匹。合計45匹でした。道路に上がった時点で19時。全く節操のない高齢者です。

で、帰宅したのは20時59分。圏外表示が消えた時点で21時帰宅とメールをしたのでぴったりでした。
流れの音がうるさいのでボリュームを絞って視聴してください。

イメージ 2
             珍しい?蝶。ミヤマカラスアゲハ
イメージ 3
                ウツギ
イメージ 4
少し前にタニウツギと書きましたが、ヤブウツギです。谷ウツギは四国には自生していないようです。

この記事に

教室

今日は随分前から頼まれていたテンカラ教室です。いい加減な性格なので3シーズンも引っ張ってしまいました。

で、朝6時にお迎えに来てくれます。そのまま西に向けて峠を越えてゆきます。何時もの坂州木頭川川です。

ます最初は僕の釣りを見てもらいます。偉そうに言っていますがそう簡単には釣れません。このコース、昨日も組員二人がテンカラとエサ釣りで暴れています。それでも解説を入れながら何とか結果を出します。

次は僕が見学です。問題は全体に力が入りすぎています。エキスパートテンカラLLはレベルライン専用です。優しく振ってやると、きれいに飛びます。
イメージ 2

肩に力が入っています。

イメージ 3
釣り場は新緑真っ盛りです。
小谷をメインにやっていたので、立ち位置や流水の見分けが微妙です。しかし、一人で数年苦労していたので、少し修正すればよくなります。

昼食後、2時間ほど一人で釣ってもらいます。僕も軽くやります。となめていたら8回出て6匹掛けて、取り込みで4匹バラしました。どうゆうことでしょう。

Yさんの奥様のお弁当が美味しすぎ、食べ過ぎたせいでしょうか。今日は僕の釣りはどうでもいいのです。Yさんは一人3匹やっつけてきました。上出来です。

後は今日のことを忘れないように、釣行すれば名手の道は近いでしょう。

で、釣り場周辺でこんな花を発見します。
イメージ 1
野生のシャクヤクの花でしょうか。

実釣の釣り教室は随時受け付けますが、現在数年待ちです。嘘です。僕の都合が付かないだけです。

この記事に

一息

一昨日紫蘇の植え付けが終了しました。春の大仕事が片付きました。これからは圃場管理の作業となってゆきます。

ということで、今日は早めに定植した紫蘇圃場の中耕をします。この作業は土中に酸素を供給するためと、防草に効果があります。ある程度成長するまでに、数回実施します。

次に、ししとうの芽かぎです。一番花付いたら余分な枝や葉っぱを取り、樹形の基本を作ります。あまり楽しくない作業ですが、収量を考えるとやらなければなりません。

そんなことで一日が終わりますが、大庭園で珍しい花を発見します。いずれも雑草かもしれませんが、魅力的な花です。

イメージ 2
ヒメヒオウギです。たぶん親父が植えたのでしょう。毎年同じ場所で咲きます。色っぽいと思うのは僕だけ?

イメージ 1

珍しい三片の花です。5ミリほどしかありません。調べたらトキワツユクサのようです。

明日はテンカラです。僕の都合で、釣行のお誘いを受けて丸々3年待たせてしまいました。明日はみっちりやる予定です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事