全体表示

[ リスト ]

ウツウツたる夏





気温が下がって秋の気配の三浦半島からこんにちは。


かなり浮上してきたmituzoです。



夏ウツなのよ奥さん!






ひょんなことから、夏ウツたるものの存在を知った。




ありゃまURL長いけど夏ウツだから許しておくれ。







冷房のとこ以外はほとんど適応しとりますがな!

炎天下でずーっとはいつくばって草取りしてたしさ

おまけにクルマも家もエアコンなしだしさ

あの超猛暑をエアコンなしで過ごしたんですわよ!

そりゃあずーっと体温高いまんまよね




オットは20年以上エアコンなしの本州生活者なので

汗すらかかないこともあり

(さすがに今年はシャツが絞れるほど汗かいてたが)

暑さにはめっぽう強い。

でもさー北国仕様でヘタレの体力なしmituzo、

そりゃあストレス過剰になろうってもんだ。

円形脱毛症もできたのよ。トホホ。

(現在産毛が生えて、回復中)

コーネンキショーガイも相まって、寝込んでしまったのは致し方なかったことよと

あらためて頑張り屋さん過ぎた自分をヨシヨシしている。

他にもいろんな問題があったのだが、一段落したあとの、

脱力感やら解放感やらも、重なってたと思うのだ。






どうもオットは私の体力やらメンタルやらを、

多少はおもんばかってくれてたものの、

自分の基準で考えていたらしい。




まあヒトというものはそんなもんだ。

そういうわけでmituzoが寝込んでからというもの

とおぉぉぉぉぉっても優しくて、このままずっと寝込んでようかな、と思うほどだった(ウソ)




で、夏ウツだが。

mituzoは気持ちのアップダウンはあるものの、

それほどウツ症状というものは強くなかった。

これは、オットの理解がかなり大きかったと思う。

職人気質のアーティステックな我が道をゆくタイプのオットだが、

オットにとっては理解不能のmituzoの状態を、

否定せず受け止めてくれたのはほんとうに助かった。

オットのホーヨーリョクがなければ、悪化はまぬがれなかったろう。







あと、チロチロの存在。





どんなに気持ちが沈んでいても、チロチロがにゃーんと甘えてくると、

笑顔が出る。

ゴハンをあげねば、と這いずってでも動く。

チロチロは、mituzoのことをわかっているのかいないのか、

寝込んでいる間ほぼ外に出ず、ずーっとそばにいてくれた。

こんなことは初めてである。





身体をくっつけて、ゴロゴロのどを鳴らしたり。

頭からすりすりして、まとわりついてきたり。



こちらが勝手に解釈していると思うけれど、

mituzoのためにいてくれているように思えた。

これは、ペットを飼う人間の、よくある心理状態のひとつにしか

過ぎないのかもしれないけれど。






しょせん畜生なので、チロにとっては暑い外からの避難であったり、

エサをくれるヒトだと思われてるだけだろうし、

かゆいところを掻いてくれる存在程度の認識だったのかもしれないが

ただひたすら愛玩するだけの癒しは、夏ウツには非常に効果的だったと思われる。





どうもチロチロは、ドジだが頭はよいらしい。

mituzoの言うことを、理解しているような気もする。

こやつは、ただの猫ではなく、

猫又なのかもしれんなあ。




それにしても・・・

ペットを擬人化して猫っかわいがりする人を、

非難することなんぞできないなあ。

支配欲のひとつだとしても、なんか理解できるしなあ、

と、あらためてかつての見識の狭さにため息をつくmituzoであった。








おしまい
















閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事