全体表示

[ リスト ]

アメブロで表示してくんなかった記事

NEW!2016-04-24
テーマ:
 
信仰
「わたし教の日々」なるタイトルでさっき、アメブロの方で記事をアップし、30分後ぐらいかな、開いてみたら運営側から削除されとった。
大したこと書いてないんだけど、出だしの
「エホバの証人って神を否定してるかも」ってあたりが引っかかったのかい?
それとも引用したサイトからなんか言われたのかなあ・・・
理由がわからんから気持ち悪い。
念のため証拠にこっちにコピペしとこうと思います。

以下関連記事コピペ




「わたし教の日々」



たまに覗いてみるサイトを久々に見てみたら・・・
 
やっぱりエホバの証人って神を否定してるかも
と思ったりしたのだよ奥さん。
 
 
 
 
このサイトの中でこんなん見つけた。
以下引用。
 
●聖書では
http://1-az.com/mt/sexual/d37.gif聖書(出エジプト記 3-14)で、モーセが、あるとき、神に聞きました。「イスラエルの人々に、あなたのことを何というべきでしょうか?」... 神はモーセにいわれました、「わたしは、有って有る者・I am that I am.」と...
「有って有る者」とは、「自存者・自分自身で生きているもの」という意味です。つまり、わたしは、「永遠に自存している者という意味」ですね。
キリスト教では、「神」のことを「創造主」ともいいます。万物の創造は、sexualセクシャル以外からは発生しませんので、生命の根本もセクシャルということになります。
セクシャルといえば、なにか,、いかがわしいことのように想いますが、生命の源は、アダルトでも、いかがわしいことでもなく、性そのものなのです。
 

したがって、性そのものを否定することは、「神」を否定することと同じです。もし、あなたのココロの中に、性を否定する気持ちがあれば、どこか反省すべきかもしれません。もちろん、社会の秩序を破壊していい、といっているわけではありません。
 
単に拒否反応を持つだけでなく、性を、上手にヒトの社会に取り入れよう、といっているのです。少しづつ、性のあたたかさが持つ、本来の癒しや、医療的必要性が考えられるようになってきているのです。
性は、きっと、いい意味で、ヒトの社会を、根本的に変革する力をもっています。おカネや支配以上の本質的な力が。資本主義社会の、次の社会のヒントが隠されています。
 
 
引用終わり
 
 
ここに書かれてるすべてに賛同するってわけでもないけど
的を得てるなあと思う
エホバの証人の教理では、婚姻関係以外での性を忌むべきもの清らかでないものとして
必要以上に罪悪感を持たせるように繰り返し繰り返し言ってるよね
ヤーウェを英語読みではジェホバと発音させたり(日本語のエホバって音もなんかいまいち良くない響きのようにも思う)
なんだかねえって思う
小さい頃から否定的な環境にさらされてたら本当の意味で誰かを愛するということができない人間に育つんでないかい(北海道弁)
それはエホバの証人だからそうだとか他の宗教ならそうじゃないのかとか
断定するのは早計だけど
人を愛するということは自分(我)をなくすることにつながるように思う
相手と溶け合って自分ではなくなるような感覚
それが人類に許された最高の快感じゃなかろうかと思っている
そういう快感に背をむけるということは
ある意味神から背を向けるってことじゃないかね
だから性愛に否定的な宗教ってのは実は神から遠い存在なんでないのかねえ
恋愛は相手があってこそできること
相手は自分を映す鏡
鏡から我がなくなれば
 
カミ
 
になる
 
 
 
 
どこかで使い古されたような表現だけど
私は最も愛する人との対峙の中で
自分が研ぎ澄まされてカミになっていくんじゃないかと思っている
だから私は
恋愛性愛礼賛主義エピキュリアン賛成派楽観思考系わたし教、の一人教祖一人信者であるとここに宣言してちょっと照れながらフェイドアウトしようと思う
 
 
 
 
 
 
 
 
 コピペ終了。


とまあこれが全容なんだけどねえ。
何が悪かったんだろうなあ。





閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事