過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

クリスマスパーチー


イメージ 1




メリークリスマース!(遅い!?)







生きてました。






いやー苦節ウン年、ようやくクリスマスを祝うことができました・・・

って、別にキリストの誕生日を祝う意図はほとんどないっす

おいしいものを、ゆっくり食べて、

愛する人と一緒に過ごす、

まあそんなイベントですわな、私にとって。

子どものころは、誕生日以外にホールのケーキを食べられる日、

というイベントだったっけなあ。

その誕生日も、小学校に上がるまでは、やったことなかったなあ。

盆と正月が一大イベントな、田舎でしたからねぇ・・・

だから、mituzoにとっては、

誕生日とクリスマスはけっこう大事な嬉しいイベントだったんで、

こうして大手を振って祝うことができて、

大変うれしいのである。

そもそも、異教の習慣だの神が是認しない行事だの、って、

目くじらたてる方がよっぽどガキくさくないだろうか。

そんでもって目くじら立てれば立てるほど、

異教を意識しすぎちゃって、悲しいんでないかなあ・・・



ケーキ食べたいんだけど、とか。

プレゼントうらやましいなー、とか。

楽しそうだなー、とか。





それこそサタンの誘惑ですぞ!

だはは。





実はそういうイベントごとに合わせて用意することの方が

自由人なオットにはめんどくさかったらしい。

そうやって言い訳にしてたらしい。

でも、人にプレゼントを選んだり、サプライズは大好きで、

こうやって嬉々として飾り付けをしたりする。

自分がやりたいとやる、というスタンスだ。

オットという人は。





でも、

誕生日を覚えていてくれたり、

クリスマスなどイベントごとに間に合うように、

いろいろ用意してくれたりすることが、嬉しい人もいるんだよ、

とくに女性は、そういう記念日が大好きだからね、


もちろんアタシもね。



という強迫懇願を繰り返していた結果、ようやく理解したらしい。




で、初めて異教の習慣というやつを、

きちんと意識してやってみた結果、

それなりに良かったらしく、

毎年やろう!ってことになった。(笑)




めでたしめでたし。










それはさておき、クリスマスである。




カミングアウトするが、

実はオットは某組織に属していたことがあって、
(正確には今でも属してるんだが)

クリスマスや誕生日は祝わない人だったんだな。

更新してない間、いろいろあって、

そんなメンドクサイ縛りはもうどーでもいいじゃないか、

ということになって、

今年は初クリスマスをやることにしたんだよ。

でも、当日は諸事情によりやれず、

だいぶ過ぎてしまってからだったけど。




和室を飾り付けて、ローソクなんか灯して、

どうにも断れないモードでもらってしまったシクラメンも飾って、
(ふたりともシクラメンはあまり好きでない。)

ありものでおつまみを作って、

チーズとワイン。

やっぱケーキははずせないでしょ、ってことで、

王道のイチゴショートをつくったよ。

これがまた、ちょっと自慢できる出来だった。




おだやかな、大人のクリスマスでしたよ・・・・

プレゼントはなし。

もっとも大事な顧客の、でっかい庭の仕事が前日にようやく終わり、

けっこうへろへろだったので、

プレゼントなんて考えてる余裕がなかった。

実はおつきあいのある業者さんから、忘年会も誘われてたんだが、

そっちはお断りするほど疲れてたんだよ。

でもこのぐらいの方が、うかれポンチな私らには良いのかもな。




開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事