東京外装メンテナンス協同組合

外装のトータルメンテナンスはTECにお任せください

全体表示

[ リスト ]

RESTORATION
〜ラスタータイル編その1〜
 
皆さま、お久しぶりです!“アルミパネル(複合被膜)の汚損修復 その3”から2か月が経過して、また私の順番が回ってきました。
 
今回からはタイトルも一新し“RESTORATIONいい響きですなぁ〜!
ということで、新タイトルになって第一弾のネタは洗浄業者泣かせの「ラスタータイル」
(*_*)についてお話を進めていきたいと思います。
 
 
ラスタータイルとは
みんな知っていることだけど、ちょっとおさらい。
 
タイルの分類
タイルは大きく分けて次の3種類に分類されます。
・陶器タイル(粘土質)
・せっ器タイル(石質と粘土質の混合)
・磁器タイル(石質)
 
この中で外装材として多く使用されるのが磁器タイルです。
磁器タイルには表面に釉薬が施されている施釉タイルと施されていない無釉タイルがあり
ラスタータイルは施釉タイルに分類されます。
 
施釉タイルの釉薬を大別すると
・ガラス釉(ガラス系)
・結晶釉(ガラス系)
・ラスター釉(金属系)
となり、この金属系のラスター釉を施されたものがラスタータイルです。
 
ラスタータイルは金属系の施釉により平滑で光沢があり
そのメタリックな反射率が近未来建築を彷彿させることから、一時は非常に人気があり、様々な建築物に使用されました。
しかし、その一方、通常のガラス系施釉に比べ、虹彩汚染が顕著に発生することや、金属系施釉の劣化進行が激しいこと、さらには美観の維持が難しいことから、近年は外装材として使用されることが少なくなりつつあるようです。
メンテナンスサイクルも通常の磁器タイルに比べて比較的早いサイクルで行わなければ美観の維持はできません。
 
 
メンテナンス(洗浄)における問題点
ラスタータイルは通常の磁器質施釉タイルや無釉タイルと比べ、表面が非常にデリケートであることから、メンテナンス時の洗浄法については洗浄剤の選定はもとより、より良いプロセスの洗浄法で行わなければならない外壁部材といえます。
一歩間違えれば、取り返しのつかないことになってしまうので、通常の外壁洗浄のなかでも特に注意が必要なのです。


イメージ 1

 で、いきなり衝撃的な画像です!
斑状に劣化を引き起こしているようです。いったいどうしたというのでしょうか??
 タオルで拭いたような拭き斑状の劣化?です。


イメージ 2

   こ、これは!!!
俗に「タイルを焼いてしまった!」と表現される状態ですね。
洗浄剤の選定ミスと推測され、ラスタータイル釉の表面を損傷させてしまっています。
このような状態を呈すると、もう修復は不可能です。
十分な知識と経験から、しっかりとした洗浄計画を立てなければ、建築物の資産価値は一瞬にして損なわれてしまう事例といえます。
  
メンテナンス(表面保護処理)における問題点

イメージ 3
                           
 左右で明暗が変化し、斑状にみえます。
これは表面保護処理剤(コーティング剤)を変更したもののようですね。
洗浄や表面保護処理においては均一性が要求されます。そのためにも施工途中で表面保護処理剤の種類を変更してはいけないいのです。施工計画の甘さが仇になってしまった例と言えます。
表面保護剤は一度塗ってしまうと除去することが困難なため、このままの状態で放置するしかないのでしょうか?建物が可哀そうですね。
外壁洗浄施工は高い品質と高度な技術、そして適正な価格で作業の計画を立てることが肝要となります。
建物を延命するためには、対象物件おいて最良の処方と予算の確定を「建物オーナー」、「建物管理会社」、「施工業者」が協議をおこない、相互連携のなかで計画を立てなければならないのです。
 
  
エイジングにおける問題点
イメージ 4
 
 
これは経年により劣化が進行したラスタータイルのようです。
表面の金属釉は劣化が顕著で、すでに光沢を消失し、ラスタータイル特有の金属発色をみることはできません!
ラスタータイルではなく、単なる白色施釉タイルのようにみえます。
古い建物のラスタータイルはこのような症状が多いですね。
金属釉は他の釉に比べ、デリケートなので、じゅうぶんなエイジングケアが必要ですよね。
 
 
漏水による問題点
 
イメージ 5

こ、これは!!いったいどうしたことでしょう!!!
虹彩汚染がバリバリに出ています。あわせてエフロやシーリング油分による汚染も顕著です。
何故??こうなるまで放置されたのでしょうか??
痛々しいですね、建物が辛そうに見えるのは僕だけでしょうか?
こうなる前にTECに診断依頼を頂ければと悔やむばかりです。


ラスタータイルも漏水もTECにおまかせ!!なのです。
 
 
さて、今回は事例のみに留まってしまいましたが、次回はラスタータイルについてさらに深く掘り下げていきたいと思っております。
 
Don'tmiss it
投稿者(M.H)



東京外装メンテナンス協同組合


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事