東京外装メンテナンス協同組合

外装のトータルメンテナンスはTECにお任せください

全体表示

[ リスト ]


                               【外装トラブルバスターズ続編】

 前回に引き続き、私が寄稿させて頂いている【外装トラブルバスターズ続編】についてご紹介させて頂きます。


 


今回は、“外壁修繕工事の応用編! 鳥害対策”がテーマです。


駅や建物屋上、庇などに、鳥除け用の剣山やワイヤー、ネットなどが設置されているのをご覧になったことがあるかと思います。近年、鳥がビルとビルの隙間などに巣をつくってしまったり、建物の外壁やベランダに糞が飛散したりといった被害が発生しております。


被害を防ぐため、当組合では無足場工法により鳥害防止対策を行なっております。


なぜ当組合が鳥害対策を行なうようになったかというと、次の要因が挙げられます。
  1. 鳥が生息するのは高所であること。
  2. ビルとビルの隙間に巣を作ること。
  3. 生活圏内に生息し、少し手が届かないところにいること。


以上のことから、仮設足場・ゴンドラ・高所作業車のいずれも使用せずに迅速に対応できる無足場工法での作業が適しているのです。



本件に関する詳しい内容は、月刊『ビルクリーニング』8月号でご確認ください。




換気扇ダクトに棲みついてしまった鳩

イメージ 1


換気扇ダクト内の鳩の巣を撤去し、再侵入防止対策済

イメージ 2


ベランダの室外機周辺の糞害

イメージ 3


無足場工法で糞の撤去
イメージ 4


㈱クリーンシステム科学研究所発行の

月刊『ビルクリーニング』にて、ガラス外装トラブルバスターズ 外装工事編を毎月寄稿させて頂いております。
機会がございましたら、是非、ご一読宜しくお願い致します!!





                                                   (投稿者K.M)
イメージ 7


 東京外装メンテナンス協同組合





















この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事