東京外装メンテナンス協同組合

外装のトータルメンテナンスはTECにお任せください

全体表示

[ リスト ]

フルハーネス型安全帯使用の義務化!

 
以下は、35日発刊の建設工業新聞記事の抜粋です。
 
厚生労働省は、高所作業で着用する現行構造規格の安全帯の着用と販売を2022年1月から全面的に禁止する。新たに高さ6・75メートル以上の場所で身体の複数箇所を支持するフルハーネス型の着用を例外なく義務付け、建設現場では5メートル以上の場所での着用を求める。これらの新ルールを定める政令と省令、告示を19年2月1日に施行・適用開始するが、一定の準備期間を設けることにした。 
〜中略〜
告示では、フルハーネス型の着用に当たって事業所に安全衛生特別教育(学科教育・実技教育)の実施も義務付ける。
 
 
 
弊組合の共同(JV)作業では数年前から、イメージ 1
高所作業においてはすべて、フルハーネス型安全帯を使用して、業務を実施しています。

 さらに、安全帯の告示では、フルハーネスの着用(使用)においては、特別教育修了を義務付けています。特別教育の講師の要件は、十分な経験知識を有する者。この特別教育講習会開催も必要に応じ、   弊組合での開催になるかもしれませんね。             フルハーネスの使用
                                          

イメージ 2イメージ 3
                 








  
構造鉄骨の移動                         ロープの登攀    




  東京外装メンテナンス協同組合 
   http://garakuri.com/index.php                           (投稿者H.O)
                                                                                                              
イメージ 3
                

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事